シャンプーで出来る薄毛予防について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛予防は毎日の積み重ねによる部分が多く、直接頭皮に触れるシャンプーの予防効果は非常に大きいです。

ここではシャンプーで出来る薄毛予防やメカニズムについて詳しくまとめています。

薄毛予防に最適なシャンプーの選び方

多くの人にとって髪の毛は大切なものであり、出来るのであれば老いた後であっても自分の髪の毛を多く保ちたいと思うものです。しかし実際にそのようにするには、早い段階から薄毛予防を行うことが大切です。

そしてここで大切になってくるのが、薄毛予防のために使用するシャンプーの選び方です。ではどういったことをチェックするべきかというところで最も重視したいのが、皮脂を落とし過ぎないこと、そして頭皮に刺激を与えないことです。

頭皮に刺激を与えないというのは発毛や育毛を阻害しないということなのですが、多くの人が疑問に思うのが皮脂を落とし過ぎないということです。皮脂が毛穴に詰まることで薄毛が発生するというのは珍しい話ではありません。

そのため多くの人が「皮脂は全て落とした方が良い」と考えるのですが、実はそれはあまり良くないことです。そもそも皮脂というのは、人の皮膚を保湿して外部からの刺激に耐えられるようにするという役割があります。

それであるにもかかわらず薄毛予防のことを考えるあまり、皮脂を落とし過ぎたということになってしまうと、その人の頭皮は常に乾燥状態に陥ってしまいます。

頭皮で乾燥状態が続くと外部からの刺激に耐えることが出来なくなり、結果として弱い頭皮になってしまうのです。そのため、薄毛予防用のシャンプーを選ぶのであれば、こうした条件を満たした天然素材のものを選ぶことが重要になります。

薄毛の予防には増毛が効果的?

増毛とは今生えている髪の毛に、人工毛を結びつけていく薄毛対策です。すぐに髪が増えてくれるのがメリットですが、自分の髪の毛ではありません。

植え込むわけでもなく、ただ決着させて増えたように見せるだけです。かつらに近いとも言えますが、メンテナンスをしないと自毛でないとバレてしまうのは一緒です。

薄毛を予防する効果はなく、ただ隠すだけのものです。かつらは外れることがありますが、増毛に関してはその心配はいりません。月に1回のメンテナンスを受けて、浮いた部分の結び目を下に戻していきます。

増毛を受けるときは、薄毛の解消も同時に行っていくのが基本です。抜け毛を予防するだけで、髪のボリュームが復活することは多いのです。かなり髪が薄くなっている場合は、育毛剤も使用していくのが好ましいです。隠すだけのケアは建設的ではないので、必ず育毛と並行しましょう。

自毛が増えていくことは、メンタル的にも多大なメリットがあります。気持ちが明るくなりますし、薄毛に対する悩みも軽減していきます。

ストレス性の薄毛を解消するためには、ストレスの予防と解消が何よりも大切なのです。職業により髪のボリュームが変わると言われるほど、仕事は髪に影響を及ぼすのです。

薄毛のメカニズムとそれを予防するための方法

薄毛の原因として最も大きいのは、抜け毛の進行です。頭皮が健康な状態にある人、また育毛が正常に行われている人であれば、抜け毛は一時的なものですし、毛が抜けてもまた新たな髪が生えてきます。

ですから薄毛になることはまずありません。しかし、頭皮が不健康な状態にある人、また何らかの原因で育毛が正しく行われていない人は、毛が抜けても新しい毛が生えてこないわけですから、薄毛になってしまうと言うわけです。

このようなメカニズムをとらえた上で、予防としては、抜け毛を薄毛に進行させないことが最も効果的だと言えます。まず頭皮の健康状態ですが、これは季節やその人の生活状態などに大きく左右されます。

特に暑さが厳しい夏や、寒さ、それによる乾燥が厳しい冬は、その季節に応じた対策が必要です。日常の中では、シャンプーをする際に指の腹を使って頭皮をマッサージする、軟らかめのブラシを使用して、頭皮に適度な刺激を与えることなどによって、頭皮の血行を促進することができます。

育毛が正常に行われていないことも、頭皮の環境を整えることで、ある程度は改善される場合もあります。しかしそれ以外にも、女性であれば女性ホルモンバランスの乱れや、男性であれば男性ホルモンの乱れや体質遺伝、そして男女問わず全身の血行状態、睡眠時間の短さなど、様々な要因をあげることができます。

また毛は生えてきているけれど、その成長が不完全である場合もあります。細い毛、短い毛しか生えてこないと言うケースです。こうしたことをふまえた上で、適切な予防策をとるためには、まずは原因を正しく突き止めることが重要です。ですから専門家に相談することと良いです。

予防のために薄毛外来を利用しよう

ハゲになってしまうと大変ですから、予防のために薄毛外来を利用するとよいです。シャンプーを変えたり、マッサージをしたり、育毛剤や育毛サプリメントを使ったり、カツラなどを被ったりしても、問題の解決にはなりません。

薄毛が深刻になった状態から何かを始めるのでは遅いですし、お金や期間もかかりますので、早めに対策することが必要です。髪の毛が抜けていくときには、皮膚炎や円形脱毛症、ほかの病気などが原因になっていることもありますので、早めに病院で診察をして貰うとよいです。

最初の一歩は普通の皮膚科でもよいですから、まずは医師の診断を受けておきましょう。保険適用で診てもらうことができますし、血液検査などで原因をはっきりさせておけば、その後の対策が講じやすくなります。

深刻な病気が隠れていたりすると大変ですから、キチンと診察して貰ったほうが安心です。皮膚炎などが原因だった場合には、育毛剤や発毛剤を使ったケアによって悪化させてしまう恐れもありますので、頭皮の状態を見て何かおかしいと感じたときには病院へ行きましょう。

agaなどによる薄毛の治療が必要になったときには、薄毛外来での治療のほうがよいです。頭髪専門のクリニックで結果の出る治療を受けることでトータルでの出費が抑えられます。

薄毛を予防する生活習慣の改善

薄毛を予防するためには育毛剤や育毛シャンプーの利用も効果的ですが、日々の暮らしの中で生活習慣の改善を行うことが効果的に働く場合があります。

例えば薄毛にとって厳禁なのは喫煙です。タバコを吸うと血管収縮作用があるため血流が阻害されます。すると頭皮の血行が悪くなり髪の毛の成長に必要な栄養素が運ばれにくくなります。

更に食事から摂取したビタミンなどを消費してしまうため、体から栄養素が失われてしまいます。そのため喫煙は薄毛の大敵だと言え、すぐにでも止めたい悪癖です。

更に薄毛予防をするならば食生活の改善がおすすめです。髪の毛や頭皮のことを第一に考えるならば良質なたんぱく質やビタミン、ミネラルなどを沢山摂取するのがおすすめです。

例えばたんぱく質ならば魚や鶏肉などのヘルシーな食材を、ビタミンやミネラルは緑黄色野菜からたっぷりと摂取しましょう。外食や惣菜ばかりで栄養バランスが悪い食事ばかりしている人は、頭皮のことを考えて少しでも栄養が取れる食事にするのがおすすめです。

忙しい現代人にとって喫煙も偏った食生活も改善するのは楽ではありません。しかし真剣に薄毛について悩んでいるならば、予防だと思って努力を重ねていくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加