薄毛の予防と言えばやはり育毛剤です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は薄毛大国とも言われており、日本人の成人男性5人に1人は薄毛に悩んでいるとも言われています。ここでは薄毛予防に効果的と言われる育毛剤についてまとめています。

薄毛の予防には育毛剤が一番です

最近は女性の間でも薄毛に悩む人が増えてきました。日々のストレスや生活習慣の乱れが原因となっている場合が多いのです。それによって、頭皮に十分な栄養が行き渡らなくなり、抜け毛や薄毛の原因となるのです。

女性の薄毛は、びまん性脱毛とよばれるもので男性とはタイプが違います。髪の分け目やつむじ周りが薄くなるので、年齢よりも老けて見られることが多いのです。

びまん性脱毛の特徴は、髪が抜けた後、普通は新しい髪が生えてきます。しかし、薄毛に悩んでいる人の場合は、髪がなかなか生えてこなかったり、成長途中で抜け落ちてしまったりするので全体的に薄くなってしまうのです。

もし、「髪の毛が薄くなったかな。」と思ったら早めに予防することが大切です。一番効果的なのが育毛剤です。育毛剤は女性専用のものを選ぶようにしましょう。

育毛剤は、入浴後の頭皮が柔らかくなっているときに使用するのが効果的です。なぜなら、液が十分浸透し、栄養が髪の毛一本一本まで行き渡るからです。

頭皮のマッサージをしながらすり込むようにすると、さらに効果が高まるでしょう。薄毛の予防は早めの対策が必要です。進行してしまってからでは取り返しがつかなくなることもあるのです。

薄毛は予防だけで治るのか?

薄毛は治療ではなく、予防だけで治ることが多いのです。なぜ髪の毛が薄くなるかというと、生えてくる本数に対して抜ける本数が勝ってしまうからです。

毎日100本生えてきても、150本抜ければ髪は薄くなっていくのです。人間の髪は新陳代謝を繰り返しており、成長を終えると抜けてしまいます。

成長期間が極端に短くなると、生えてきてもすぐに抜けるので髪が長くならないのです。発毛治療では薄くなった髪の毛を復活させることができますが、自宅での頭皮ケアで治ることも少なくありません。

育毛剤は薄毛を治療するよりも、予防する意味合いのほうが強いものです。頭皮に塗布することで血行を促進し、毛母細胞を元気にしてくれるのです。

育毛剤を使用して最初に感じられる変化は、抜け毛の減少なのです。育毛スピードは以前と変わりがなくても、抜け毛が減るだけでヘアサイクルが正常となって、少しずつ髪の毛が増えてきます。

髪が増えると気持ちも前向きになり、さらによい結果へとつながっていきます。薄毛になるとコンプレックスを感じるようになり、常に頭のことばかり考えるようになります。

この状態はストレスとなり、さらに薄毛を促進してしまうのです。抜け毛を予防することは、薄毛を治すために一番大切なことなのです。

薄毛の予防とごまかし方について

自宅で外出前に身支度を行う際、鏡を見る度に薄毛が目立つようになり憂鬱になるという方は多いものです。

髪の毛が薄く見えるのは、毛根の数は変化が無いのに髪の毛自体が細くなっている場合と、毛根の数が少なくなっているものの髪の太さが変わらないという場合、そしてその両方の場合があります。

薄毛の原因は、主に4つあるとされ、これらを意識することで予防できます。まず、遺伝です。遺伝と言っても両親からの遺伝ではなく、薄毛の場合祖父からの隔世遺伝が大きく影響します。

次に、男性ホルモンです。頭は、男性ホルモンが多く分泌されている部分と女性ホルモンが多く分泌されている部分に分かれています。前頭部と頭頂部に男性ホルモンが多く分泌されているために、前頭部と頭頂部が薄いことに悩まれている方が多いのです。

そして、食生活と生活習慣です。近年、急速に欧米化する食事によって高カロリーな料理を口にする機会が増えてきており、栄養素が偏ることで薄毛の症状が現れます。

さらに、精神的なストレスです。悩み事や心配事は髪と頭皮に多大なる悪影響を及ぼしますので、早いうちに解消することが求められます。

薄毛は、スポーツ刈りのように短く整えるか、整髪料とドライヤーを上手に使用し、ふんわりとさせる事で綺麗なごまかし方が行えます。

細い毛が増加したら薄毛予防を

薄毛になる時には、少し前からその兆候が表れます。急に抜け落ちるわけではなく、髪の毛がやせ細ったり毛根部分の球が小さくなります。

根元の膨らみが足りない場合には明らかに栄養が不足しているのですが、抜け毛が増えていなければ多くの人は対策を行おうとは思いません。

しかし、兆候が表れているケースでは本格的な薄毛に発展する可能性が高いので、早いうちに予防するための策を講じなければなりません。

細い毛が増加する要因として、髪の毛の成長に必要な栄養素が足りていないことが考えられます。栄養素が足りなくなるのは、摂取する栄養自体が不足していたり、きちんと摂取していても毛母細胞まで届けられていないからです。

食事制限をしている人や偏りがある人は、日頃の食生活を見直してバランスを考える必要があります。食事面では問題がないという場合には、頭皮の血流を改善してきちんと毛母細胞まで栄養が運ばれるようにします。

頭皮の血流が悪くなっている時には、触ってみると冷たく感じますのですぐに分かります。マッサージをして凝りをほぐすことで一時的に改善できますが、血液がドロドロの状態ではすぐにまた戻ってしまいますので、本格的な体質改善が必要になることも多いようです。

薄毛予防のためにノンシリコンに変えよう

薄毛になってしまう原因はいろいろ考えられますが、有名なのは男性型脱毛症ですね。AGAとも呼ばれ、男性ホルモンの分泌過多によって引き起こされる薄毛です。

この場合は男性ホルモンを抑制する薬を飲むのが有効な治療法なのですが、AGAの場合もそうでない場合も大事なのは頭皮の環境を毛髪にとって良い状態に整えておくことです。

要は頭皮環境を良くしておけば抜け毛の予防になるし、薄毛の改善にもなるのですね。その中で一番やりやすいのが、シャンプーをノンシリコンに変えるということです。

シリコンは髪の滑りを良くし、手触りを良くするために配合されていますが、毛穴に詰まって発毛を妨げる原因にもなります。発毛が妨げられるだけでなく、栄養状態が悪くなって生えている毛が細くなって抜けやすくなるのですね。

ですから、ノンシリコンに変えると毛穴に余計なものが詰まるのを防げますし、詰まっている汚れやシリコンなどが取り除かれて頭皮環境が良くなります。

これだけでも結構発毛や育毛には良い状態になりますが、同時に頭皮マッサージを行ったり育毛剤を併用するなどすれば、かなり薄毛が改善するでしょう。ただしAGAならホルモンの影響を抑える必要があるので、薬の服用と並行して行うことになります。

俳優たちが実践している薄毛予防

薄毛の詳細をしっかり見ていけば、何らかの原因が自分自身と大きく関与しているということにも容易に気が付くことが可能です。

髪が細くなった場合や抜け落ちたりすることなど正常な時とは違った症状が出ていく傾向もすでにわかっているため、日頃からその変化を見過ごさないようにしていくことが大事です。

薄毛になる原因は様々ですが、主に遺伝が考えられるという結果が専門家のあいだでも生まれています。乱れがちな食生活や男性ホルモンの影響も関与していくので、精神的ストレスと併せて慎重に確認していくことが大事なのです。

さらに生活環境自体が複雑に絡みあえば、自然と髪が抜けたりするので、どの人も薄毛になる可能性があるということが言えるわけです。

有名な俳優がすでに実践している方法などを徹底的にリサーチして、清潔な頭皮環境を目指していくようにすることが賢明な判断にもなっていきます。

マッサージなどは誰もが気軽に行うことができる手法でもあるため、血行の促進を含めて慎重に捉えていくことが重要です。地肌をいかに清潔に保てるのかが、今後の薄毛予防には重大な側面となるのです。いつまでも男らしい若々しさを守っていくことも大事になってくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加