薄毛対策におすすめの食事について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛対策というと育毛剤やシャンプーなど外的要因で改善しがちですが、正しい食事を摂ることで内側からしっかりと改善することも重要です。

ここでは薄毛対策におすすめの食事についてまとめています。

薄毛対策に有効な食事とは

薄毛対策のためにはさまざまなヘアケア用品などが販売されていますが、それよりも重要なのが普段の食事の改善です。

人の体はその人が普段食べるものから作られているのですから、どれだけ髪の毛が生えやすい環境をつくっても、その髪を作る栄養素が無いのであれば意味はありません。

では薄毛対策として有効な食事には何があるかというと、まずチェックしたいのが良質なタンパク質を取ることです。タンパク質はアミノ酸から作られており、そしてそのアミノ酸のひとつとなるのがメチオニンです。

このメチオニンは人の髪の毛を作る主成分となっていますから、良質なタンパク質を取らなくては丈夫な髪を作ることはできません。

タンパク質は肉にも含まれていますが、脂質が多い食事は皮脂の過剰分泌に繋がりますから、なるべく大豆製品を取ってカバーするようにしたいものです。

次にチェックしたい栄養素となるのがビタミンB群です。特にビタミンB2とB6には過剰な皮脂分泌を抑えて新陳代謝を促進する効果がありますから、頭をさわって脂っぽいと感じるようであれば是非摂取するべきです。

どちらも豊富に含まれている栄養素にはレバーがありますが、これは毎日食べるのは少し難しい食材です。ですがこのどちらの栄養素も大豆に多く含まれていますから、大豆加工食品を食べることがベストでしょう。

この他にも重要な栄養素としてはビタミンAやビタミンC、ビタミンEといったような抗酸化作用を持つビタミンたちです。

それぞれ緑黄色野菜、柑橘類、魚介類に多く含まれていますから、薄毛対策を行う際には普段よりも多く食べるべきでしょう。薄毛対策はまず日々の栄養素から見直すのが基本なのです。

薄毛対策にわかめは効果があるのか

薄毛は年齢に関係なく深刻な悩みです。生まれつき髪の毛の量が少ない人もいれば、年を重ねるごとにどんどん薄くなってしまうという人もいます。

後者の場合は、ストレスや病気さらには遺伝といったことが関係しています。しかし、ある程度努力することによって薄毛を予防することが出来ます。どのようにでしょうか。それは食べ物によって予防することです。

よく、わかめや昆布さらには、のりなどの海藻類を多く取り入れるなら髪の毛がふさふさになって薄毛対策に効果がある。と言われます。もちろんわかめなどの海藻類は身体にいいものですので積極的に取り入れる必要があります。

しかしわかめばかり食べているからといって、髪の毛がふさふさになるわけではありません。なぜなら、髪の毛の成分は主にたんぱく質ですので、海藻類を食べても髪の毛が増えることはありません。

それで、魚などの動物性たんぱく質や豆類などの植物性たんぱく質を積極的に取り入れる方が良いでしょう。また、ファーストフードやジャンクフードばかり食べることも避けましょう。

食生活の乱れや、暴飲暴食は髪の毛に悪い影響を与えます。ぜひ、髪の毛に良い食事を積極的に取り入れて薄毛対策をしましょう。

薄毛対策にお酒は大敵である

男性だけでなく女性にも増加傾向にある薄毛は、遺伝やストレス、生活習慣など、様々な要素が原因で起こります。不規則な食生活や不衛生な環境での生活、髪の毛にダメージを与えるヘアカラーやパーマなど、髪が薄くなる要素は実に様々なです。

そもそも、髪の毛は人間の血液から生成される身体の一部分であり、薄毛や脱毛症はいわば髪の毛の「病気」であると言えます。たかが薄毛とあなどることなく、しっかりと対策を講じていく必要があります。

ところで、お酒を良く飲む人に薄毛が多いのはご存知でしょうか。お酒に含まれるアルコールは、人の体内で分解されて無害な物質に変わりますが、中には分解しきれないこともあります。

一般的によく知られているのは、「急性アルコール中毒」や「二日酔い」などの症状ですが、実は体内に残ったアルコールは髪の毛にも悪影響をおよぼすのです。

体内で分解されずに残ってしまったアルコールは、毒性のある「アセトアルデヒド」という物質に変化してしまいます。このアセトアルデヒドは、体内に存在する「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンと合体し、薄毛を促進してしまいます。

特に、この物質は前頭葉の髪の毛を薄くする作用があり、いわゆる「M字ハゲ」の原因となります。髪の毛が薄くなってきたと感じている人は、まずお酒を控えることが一番の対策と言えます。

運動が薄毛対策になるのはなぜ?

薄毛対策の方法のひとつとして良く紹介されるのが運動です。毎日のジョギングやウォーキングといったようなスポーツは特に取り上げられやすいのですが、身体を動かすことと薄毛には密接な関係があります。その関係として特に大きいのが血圧の関係です。

高血圧の人は血管が細くなっているケースが多く、それによって全身にいきわたる酸素や栄養素の量が減少してしまっています。しかしそうした状況は、発毛や育毛にとって非常に問題のある状況です。

いくら髪の毛を生やそうと思っても生えるだけの栄養素がなく、維持しようとしても維持できるだけの栄養素が回ってこないのです。

このことから高血圧の人ほど薄毛になりやすいと言えますから、運動で身体と血液中の中性脂肪を減らし、血液の流れを促進するということは非常に効果的なことなのです。加えて、ストレスの解消ということでも大きな意味があります。

人はストレスを感じると交感神経を活発に活動させるようになり、それによって血管の収縮が発生します。そうなると普段から高血圧なわけではないというような人でも血流が悪くなり、高血圧の人と同じ状況になってしまうのです。

中性脂肪の量が多い人が運動をするべきというのはもちろんですが、健康な人であっても定期的に身体を動かすことで薄毛対策をしていくことが出来るのです。

気になる薄毛隠しの対策

薄毛の症状に悩んでいる人は、男性女性問わず少なくないはずです。原因はその人によって異なりますが、一般的には遺伝やホルモンの影響、生活習慣の乱れ、ストレスなどが要因となっているようです。

人によっては20代の若いうちから薄毛の症状が現れることもあります。そのため、周りの視線が気になってしまうことで、尚更ストレスが溜まるのを助長してしまう可能性もあります。

薄毛対策のためにヘアケアを始めても、簡単に生えてくるわけではありません。ストレスの原因とならないためにも、普段からできる薄毛隠しの対策をしていきましょう。

薄毛隠しのアイテムはいろいろありますので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。専用のパウダーを薄くなった頭皮に振り掛けるタイプや、スプレーになっているタイプ、被せて留めるだけのウィッグなどが定番です。

最近の商品は以前と比べて格段に進化しており、そのどれもが安心して使用できるものとなっています。もっと簡単な対策として、帽子をかぶるだけのお手軽な隠し方もあります。

毎日続けて使うためには、より簡単で負担の少ない方法を見つけることがポイントです。自然で周りの目が気にならないような方法を、いろいろ試してみると良いでしょう。

毛が細いことが原因の薄毛対策とは

毛が細いことが原因で、薄毛に悩んでいる人も多いかと思います。髪の毛が細くなってしまう原因はどこにあるのでしょうか?

若い間は、髪の毛も太くコシもあってしっかりしていたのに、年齢を重ねるごとにだんだんハリやコシがなくなり、毛が細くなったと感じることがあります。それは、ホルモンバランスの影響によるものです。男性女性に関係なく、年をとるとホルモンの分泌量は減り、髪の毛は細くなります。

髪の毛が細い場合の薄毛対策は、まず食生活を見直す必要があります。脂っこい食事は頭皮にもよくありません。脂分をたくさん摂ると、頭皮の脂分も増えます。増えすぎた頭皮の脂は、毛穴に詰まるようになります。

毛穴がつまった状態では、正常な太さの髪の毛は生えてこなくなります。脂っこい食事をできるだけ控えるようにしましょう。また3食きちんと摂り、バランスの良い食事を心がけることも大切です。

食生活以外の面では、ストレスが溜まったり、お酒の飲み過ぎ、タバコも頭皮には良い影響を与えません。それは、ヘアサイクルが乱れるからです。正常なヘアサイクルを保つためには、頭皮環境を整えることが大切です。

このように、毛が細くなる薄毛を防ぐ対策は、日頃からの生活習慣の見直しが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加