薄毛の男性はどんな髪型にするべきなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成人男性で薄毛に悩まされている人は非常に多いですが、最近では薄毛でもモテるお笑い芸人などもいますし、それ程悲観する事ではないと思います。

ここでは薄毛の男性はどんな髪型にするべきなのかについてまとめています。

薄毛の男性におすすめの髪型

男性の方は、髪型によって印象は大きく左右されます。似合っている髪型をしていれば、周りからの印象も良くなることは間違いありません。薄毛に悩まされていることで、うまく髪型がきまらないことがあります。

そういった時は、薄毛でも似合う髪型にするのが一番です。薄毛はどうしても髪の毛のボリュームが少なくなってしまいます。ボリュームが少なくなると、全体の印象が貧相なものになってしまう可能性があります。

ボリュームがでるように、ヘアーワックスを使用するなどして対策を施すのがおすすめです。ドラッグストアなどで安価なものもありますし、そんなに費用はかかりません。

髪の量を増やしたいという方は、育毛剤を使用するのがいいでしょう。インターネットなどを利用して、レビューの評価が高いものを購入するのが良いでしょう。実際に使用したことのある人の意見ですので、為になります。

実際の店舗で購入するのは気が引けるという方は、ネットショッピングで購入するとそういった心配もありません。サイトによってはポイントがついたり、セールを実施しているところもありますので、お得に買い物をすることが可能です。髪をふさふさにしていつまでも若くいましょう。

2ブロックの内容と薄毛を目立ちにくくする髪型

毎日のように減っていく抜け毛を前向きに考えていくためには、ヘアスタイルを工夫していくような方向を取っていくのが最終的には望ましい結論になってきます。

ボリューム感を持って髪の毛を生やすことが見込めれば、具体的な対策を講じていくこともでき、第一印象をこれまで以上によくすることにもつながるのです。

同時に目に見える効果を得ていくには、それなりのテクニックが必要にもなるので、ゆっくりと時間をかけてピッタリ合う方向を見つけることが先決なのです。

さらに薄毛を目立ちにくくすることで、日々のライフスタイルにおけるモチベーションの維持にもつなげていくことができるのです。

マイナス要因が増えそうな中、2ブロックのノウハウを上手く用いることにより、ひと目を気にすることなく街中を堂々と歩くことも見込めます。ヘアスタイルで上手に「ごまかす」といったテクニックがこういった場面では特に必要となるのです。

具体的な例を見ていきますが、薄毛が目立つ髪型であれば、基本は短髪になっていくわけです。カッコいいと思わせることに成功できれば、男のレベルを上げる方向にもつながっていくので、薄毛に悩む人は試してみることが重要になっています。

薄毛でもおしゃれな髪型は坊主でキマリ!

AGAで前頭部が徐々に後退してくると、いままでしていた髪型が似合わなくなってくるものです。

かといって薄毛を隠すために髪の毛を伸ばして地肌にかぶせるような不自然な髪型にしていると、女性からは「未練がましくて男らしくない」という辛辣な意見も聞かれるので、どんなヘアスタイルにするか悩む男性も多いようです。

最近は、頭髪が薄くても似合う坊主(ボウズ)のスタイリングが提唱されるようになり、AGAによる若ハゲに悩む若者世代を中心に人気が高まっています。

前頭部の髪の毛が後退してくると額が広くなりますが、ボウズヘアにすると男らしさが演出できるので、ハゲていても爽やかな印象になります。

また、男性の薄毛は頭頂部からボリュームが失われてカッパのようになりがちですが、頭頂部を長めにしてヘアトニックなどで立たせることでボリュームアップすることができ、ただ地肌を隠すだけでないオシャレな髪型をつくることができます。

その他にも襟足を長めにしてウルフスタイルにしたり、左右を短く刈り上げつつも中央部分にボリュームをつけてモヒカンスタイルにするなど、同じボウズヘアでも様々なアレンジを加えることでスタイリッシュなヘアスタイルにすることも可能です。

このように、薄毛でも女性に好感が持たれるヘアスタイルにするには、坊主(ボウズ)にするのも一つの選択肢といえます。

現在では、スタイリッシュなボウズヘアにしてくれる美容院も増えており、顔や頭の形、職種などに合わせたオシャレなヘアスタイルを提案してくれるので、こうしたお店に足を運んでみることをおすすめします。

薄毛と髪型と前髪について

薄毛を目立たなくしたいと考えた時に、髪を伸ばし、薄い事を誤魔化していきたいと考える人は少なくありません。

生え際が後退してきているのであれば、伸ばして、額を隠すようにする事で、目立たない状態を作る事が出来ると考えるかもしれませんが、前髪の状態によっては、髪の毛自体が少なくなってきている事が余計に目立つようになってしまう事も少なくありません。

ですから、無理に隠そうとするのではなく、薄毛や生え際の後退が目立たない、ベリーショートや坊主等、短い髪型を選ぶようにする事がお勧めです。

隠そうとすると、上手く隠れているか、周りの人から見て不自然になっていないか、気になり続け、大きなストレスが生まれる可能性もあれば、その不安が、仕事等の集中力に影響してしまう可能性もあります。

上手く隠せる場合は、隠すというのも有効な手段ですが、上手く隠せない、隠す事によってストレスが発生するのであれば、隠さず、短髪にしてしまう事がお勧めです。

髪の毛が薄くても、かっこ良く見えるヘアスタイルというのも存在します。似合う髪型がわからない場合、まずは美容師に相談をしてみて、その上で、髪の毛の状態に合ったヘアスタイルを選んでいくと良いでしょう。

頭頂部が薄毛に似合う髪型とは

薄毛で悩んでる人は、髪型にも悩んでいる人が多いようです。気になる部分を目立たなくしようと、隠そうとする気持ちはよくわかります。しかし、隠そうとして逆に目立ってしまう場合もあります。

薄毛の部分によって髪型も似合うものと、似合わないものがあります。まず大切なことは、薄毛を隠そうとしないことです。薄くない部分の髪の毛を伸ばして薄い部分を隠したり、薄い部分を伸ばしてみたりするのは、逆効果だったりします。何よりも清潔感が大切で、薄毛も個性として捉え生かすのが良いでしょう。

頭頂部が薄い場合は、短髪にするかオールバックにするのが、一番目立ちにくい髪型です。特に短髪は清潔感があり、爽やかな印象も与えてくれます。

今まで長めだった人が短髪にするのは、少し勇気がいるかもしれませんが、隠したりかつらを被るより、好印象になります。頭頂部だけが薄い場合は、髪の毛を後ろに流すオールバックもおすすめです。

これは、前髪が薄い人は逆におでこの部分が目立ってしまうので、おすすめはできません。オールバックは後ろに流すだけなので、スタイリングも簡単にできます。

また髪の毛の色は、地肌に近い茶色や金髪など明るい色に染めると、目立ちにくくなります。薄毛になっている場所によって、似合う髪型は異なりますが、なにより大切なのは清潔感があるかどうかです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加