薄毛と筋トレの関係性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛や抜け毛で悩んでいる人は男性が多いと言われていますが、それは男性ホルモンの関係性にあります。

男性ホルモンは筋トレによって変化すると言われていますが、ここでは薄毛と筋トレの関係性についてまとめています。

筋トレと薄毛の関係性について

一般的に「男性型脱毛症」と呼ばれる薄毛は、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン」の増加が原因で起こるものです。

男性ホルモンは筋トレを行った時も増加するため、筋トレをたくさん行うと薄毛になりやすくなる、という説がよく取り上げられます。しかし、筋トレをたくさん行ったからといって、必ずしも薄毛になるわけではありません。

現に、スポーツジムのインストラクターが全員禿げていたり、プロの世界で活躍する男性スポーツ選手全員が禿げているわけではないため、筋トレと薄毛の関連性は薄いと言えます。

しかし、遺伝的に薄毛になりやすい人はこの限りではありません。遺伝的に禿げやすい人の場合、身体を鍛えて筋肉をつけることで禿げやすくなってしまいます。

これは、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン」によるもので、トレーニングを行った時に増加する男性ホルモンとは異なります。

男性型脱毛症の原因は、このジヒドロテストステロンの作用によるものであり、トレーニングをたくさん行うことで禿げる可能性があるのは、このジヒドロテストステロンの量が多い人に限られるのです。特に、自分の親類に禿げている人がいる場合、その可能性がより一層高くなります。

薄毛になったらあえてスキンヘッドにしてみる

わが国では薄毛に悩んでいる男性の数がとても多くなっていて、その悩みを解消するための色々な商品やサービス、治療法などが開発されてきています。

もちろんその中には改善効果を発揮してくれるものもありますが、自分の体質に合わないなどの理由から、残念ながら効果が表れなかったり、場合によっては元々あった髪の毛に負担をかけてしまい、薄毛の症状をさらに悪化させてしまう心配のあることもあり得ます。

またそれらの方法を実践するには多額の費用と長い時間、そして多くの労力を必要とすることが多いという問題もあります。そもそも薄毛になったことを気にして髪の毛を増やしたり、実際よりも多く見せようとする必要は、必ずしもないと言って良いのです。

そこでたくさんの人が実践している方法として挙げられるのが、あえてスキンヘッドにしてみるという対処法です。スキンヘッドと言うと他の人、特に女性に対して怖いイメージを与えてしまうのではないかと心配する人もいるでしょうが、すっきりとした清潔感を与える髪形として好印象を持ってもらえることが多いのです。

むしろ薄毛のことを思い悩んで色々と対策を講じるよりも、男らしくて好感が持てるという女性も少なくありません。またスキンヘッドにすると、お金や時間が節約できるというメリットもあります。

自宅でできる薄毛のケア

薄毛のケアは自宅でも行うことができます。対策としてもっとも手軽で人気があるのは、育毛シャンプーや育毛剤です。育毛シャンプーは肌に優しく、頭皮のトラブルを改善することができます。

使用していくうちに剥けた皮膚や赤みなどが治まってきますので、健康な髪が育ちやすくなります。一般的なシャンプーは洗浄力が強いので洗い上がりはさっぱりするのですが、刺激が強すぎて頭皮に負担をかけることもあります。

育毛剤も人気のある育毛グッズです。育毛剤には色々な種類がありますので、まずは自分がどのタイプの薄毛なのかをきちんと考える必要があります。

皮脂分泌過多、頭皮の血行不良、栄養不足、男性ホルモンの影響など様々な原因が考えられますが、一つとは限りませんので、様々な可能性を考慮します。

複数の要因が思い当たる場合には、異なる効能を持つ育毛剤を一緒に使用しても構いません。有効成分が異なれば、その分幅広い効果を得ることができます。

塗布する時にはよく馴染ませるためにマッサージをしておくことも大切です。有効成分が隅々まできちんと運ばれれば、効果を高めることができます。結果を急がず、ケアを始めてから数カ月程度は様子を見ながら継続していきます。

急激な薄毛の理由とは

髪の毛の悩みを抱える人は多くいます。中でも、急激に薄毛になってしまった場合には戸惑いも大きいことでしょう。この急激な薄毛の理由とは一体何でしょうか。まず考えられる理由としては、AGAの発症が考えられます。

男性の薄毛原因のトップはこの男性型脱毛症です。抜けた髪の毛の長さが極端に短かかったり極端に細い場合は、男性型脱毛症がすでに発症している可能性が極めて高いといえます。この原因の対策は、専門的な治療方法である発毛剤を積極的に活用するのが最善です。

しかし、AGAの発症以外にも薄毛の原因はあります。それは、季節による脱毛が起こっている可能性です。犬や猫などが季節の変わり目に毛が生え変わるのと同様に、人間も9月の後半から10月にかけてあたりで毛が抜けやすくなるのです。

それに加えて、夏の間に紫外線を頭皮に大量に浴びてしまった場合なども、頭皮の状態が悪くなって抜け毛が増えやすいので、紫外線対策は重要です。この他にも、食生活や栄養が原因になっている可能性もあります。

例えば、急激なダイエットや偏った食生活によって髪の毛の生成に必要な栄養素が不足してしまい、髪の毛の成長が止まって脱毛してしまうケースも少なくありません。

この場合は、食生活の見直しや食事バランスの改善を心がける必要があります。このように、薄毛の原因によって対応策は変わってくるので、原因を突き止めることが大切といえるのではないでしょうか。

季節でひどくなる薄毛

季節によって髪の毛の状態は変化します。特に秋冬は薄毛が進行すると言われ、それにはいくつかの理由が挙げられます。頭髪は正常な人で1日に100本ほど抜けますが、秋になると3倍に増えます。

秋は毛母細胞が入れ替わる時期であり、また夏の間紫外線のダメージにさらされるので、髪が抜けやすくなります。また動物が夏と冬で毛が生え変わるように、人間もその名残が影響しているとも言われます。

秋冬は湿度が低いので、頭皮が乾燥しやすいです。乾燥によって地肌が荒れて炎症が生じます。炎症はかゆみやフケの原因で、薄毛を促進します。また乾燥すると髪の毛自体が傷み、タンパク質の密度がスカスカになるので切れ毛になります。

人間の体は気温が低いと、汗腺の機能が低下して汗をかかなくなります。汗をかく代わりに脂汗が増加し、頭皮の毛穴に詰まってしまいます。冬になると頭の臭いがきつくなる人がおり、その中には常在菌のマラセチアの増殖により湿疹が起きている場合もあります。

冬は皮脂を増加させる肉類を食べ過ぎないように気を付けます。さらに、気温の低下は毛細血管を収縮させ、血行不良を引き起こします。頭皮に十分な栄養が届かなくなり髪が抜けやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加