薄毛の人でも似合う髪型はどんなものがあるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性でも女性でも薄毛に悩まされている人は一定の割合で存在しますが、薄毛は髪型次第で隠すことも出来ますし、それ程悩むことではありません。

ここでは薄毛の人でも似合う髪型はどんなものがあるのかについてまとめています。

薄毛の人が似合う髪型について

三十代を過ぎた年齢から、男性の中には、抜け毛が増えて頭髪が薄くなるという薄毛に悩む人が増えて行きます。そうなるとまずは薬局に行き、育毛剤を購入する等して失った髪の毛を何とか取り戻そうと頑張る人がほとんどです。

ですがそういった育毛剤は、効果の出方には個人差が強くあり、残念ながら効果が出ない人もいたりします。そしてそんな風に改善効果が出ない場合は、薄毛の自分を受け入れる事になるのです。

ですがそんな風に薄毛になってしまった人は、何とか薄い部分を隠そうと努力する人が少なくありません。そのため髪型もある程度伸ばして、その伸ばした髪で薄い部分を覆い隠そうとしたりするのです。

ですが残念ながら、そういった髪型は無理に薄い部分を隠そうとしているだけあって、見た目が不自然で似合わない形になる事が多かったりします。

ならば薄毛が似合う髪型とはどんなものかと言うと、下手に隠そうとせずさっぱりとした短髪にする事がおすすめです。というのも髪を伸ばして隠そうとするよりも、丸坊主にして髪を短くした方が、薄い部分が目立たなかったりします。

というのも薄毛が目立つ部分でも、実の所完全に髪の毛がなくなっている訳ではなく、育ち切れない短い髪の毛が生えていたりするのです。なので坊主にする事で、その弱った髪の毛も活きる様になり、薄い箇所が目立たなくなります。

薄毛の改善と髪型について

薄毛を改善したいと考えた場合、髪型もしっかりと意識しておく事が大切です。

髪の毛が薄い状態というのは、大きなコンプレックスになる人も多く、その為、薄い事を周りに気づかれたくない、少しでも隠すようにしたいと考えてしまう人は少なくありません。

ただ、髪を伸ばすようにするというのは、頭皮を清潔に保ちにくくしてしまう事にも繋がります。シャンプーをした際、頭皮まで綺麗に洗うのが難しいだけでなく、すすぎ残しがあると、頭皮に悪影響を与えてしまう可能性があります。

それよりも、まずはベリーショートや坊主等、短い髪型にして、頭皮を常に清潔に保てる状況を整え、そこから髪の毛を育てていく事を考える事がお勧めです。

育毛剤を使う場合、頭皮が清潔な方が、毛穴の奥までしっかりと浸透しやすく、より高い効果を期待する事が出来ます。

ですから、隠そうとして、頭皮の状態に悪影響を与えるよりも、すっきりとした短髪にし、そこからまずは髪の毛をしっかりと育てていく事がお勧めです。

薄毛というのは、改善をする為の対策をしなければ、どんどんと進行していく可能性が高まります。ですから、隠すよりも、まずはしっかりと髪の毛を育て、薄毛を改善していく事がお勧めです。

髪型で薄毛を目立たないようにする

抜け毛などが多くなると、髪型もどうしたらいいのか考えてしまうことも少なくありません。少しでも薄毛を隠したい、軽減させたいと思うものの、上手にヘアアレンジが出来なくて余計にストレスに感じてしまう人たちは男女ともに多いのが現状です。

男性と女性とでは薄毛になる場所が多少違ってきますが、なるべく目立たないようにしたいと思うのであれば、ふんわりとつむじを隠すようにしていくといいでしょう。いつもと違うわけ目にしていくのも効果的です。

最初は同じ場所に戻ってしまうことも多いのですが、いろんな場所に分け目を変えていけば、それだけでも薄毛の改善になっていきます。短髪の男性であれば、髪は立て気味にしておいた方が目立ちにくいです。

女性の場合だとロングヘアの人も多いのでなかなか難しいですが、髪をきつく縛らないようにしながらトップでまとめていくのもいいでしょう。カチューシャやターバンなども上手に使えば楽にヘアアレンジが出来るので、髪型もいろいろと楽しめるようになってきます。

薄毛の場合はなるべく頭皮に刺激を与えたくありませんので、髪形を考える時も刺激を与えないようにしたり、ワックスなども極力使わずに出来る髪型を探して工夫しながらお洒落も楽しんでみて下さい。

薄毛の髪型でぺったんこになってしまう

薄毛で悩まれている方はいると思いますが、その多くは外出する時ではないかと思います。友達や同級生や彼氏または彼女などに会う時は余計に気になってしまうものです。

薄毛だと、どうしても髪がぺったんこになってしまいベタついて見えてしまったりもします。女性は特に髪を大切にします。そこで、今ひそかに人気があるものが部分ウィッグやかつらです。

ぺったんこの髪の毛上から装着するもので、ふんわりした髪型になるのです。年配の女性でもお洒落な方が思いので利用している方が多くおられます。

今では、若い人達の間でも部分ウィッグをつけている方はいるほど抵抗はなくお洒落の一つとして利用されています。頭頂部や前髪など本当に便利につけることができるのも人気の理由かもしれません。

今まで、ぺったんこな髪型に悩んでいた方も一度だけで装着してみると雰囲気が変わり勇気が湧いてくるかもしれません。薄毛だからといって気を落とす事はないのです。

このような対策もできるので勇気を出して外出してみるのも良い事だと思います。自分の好きな髪型になれるのです。薄毛だって怖くありません。薄毛であっても、あなたの大切な髪なのです。一目を気にせず外に出たいものです。

髪型の分け目を変えて薄毛を予防

誰にでもお気に入りの髪型があるものですが、いつも同じ分け目にしていると薄毛になる可能性があります。

これは髪の長さ、いわゆるショートかロングかによっても違ってきますが、髪が長い人の方がその重さで下に引っ張られている状態にあるせいで、頭皮に近い部分はその刺激によって血液の流れが悪くなるからです。

血流が悪くなれば当然栄養も流れにくくなりますから、分け目のところの毛だけ栄養不足となり抜け落ちやすくなってしまうのです。このようなことが原因で薄毛が進行してしまうケースでは、早期に髪型を変えてイメージチェンジすることが必要です。

また、同じ分け目を長く続けていると、その部分の頭皮があらわになり、そこに紫外線が直接当たることになります。顔や体の皮膚と同様、頭皮も日焼けをすればダメージを受けますし、そのことが重なれば頭皮の健康を保つことが難しくなっていきます。

その結果、抜け毛が増えれば薄毛のリスクも高まってきますので、これを避けるためにも紫外線予防を目的とした髪型の変更が求められるわけです。

ヘアスタイルと顔のバランスや好みなどは人それぞれ違うものですし、あまり髪型を変えたくないという人も多いでしょうが、薄毛予防の点から考えると、薄くなっていない部分から髪を分けるようにすることが大切だと言えます。

薄毛をごまかす髪型とプールについて

前髪を伸ばして生え際を隠すようにする、髪の毛全体を伸ばして薄い部分を隠すようにしている場合、海やプールに行った際に、困る事になってしまいます。

水に入らないという選択肢を選ぶ事が出来れば、その場を切り抜ける事も可能となりますが、状況によっては水に入らなければいけないという人も少なくないでしょう。

そんな時、髪型を気にする状態というのは、とても大きなストレスとなり、抜け毛を増やし、薄毛を進行させてしまう原因になってしまう可能性もあります。

こうした事を考えれば、髪型によって薄毛を無理に隠そうとするよりも、坊主やベリーショートにしておく等、普段から無理に隠そうとしない状態を維持しておく方が、ストレスが少ない状態を作る事が出来ます。

髪を極端に短くして、薄毛が目立つ状態というのが、ストレスになると考える人も少なくありませんが、髪の毛が薄くても似合う短髪も多くあります。ですから、まずは似合う髪型を探してみる事がお勧めです。

それにより、不自然に隠し、プールや海等、水に入る状況を避ける等、行動に制限をつける必要がなくなる事になります。薄毛で悩むのであれば、隠すよりも、まずは似合う髪型を探すようにする事がお勧めです。

薄毛がばれない髪型について

薄毛になってきたと感じた時、薄くなってきた部分を髪の毛で隠せば周りの人に髪の毛が薄くなってきている事を気づかれないで済むと考える人は珍しくありません。

上手く隠せば、ばれないと考える人は少なくありませんが、本人が自然に隠せたと満足出来る状態であっても、周りから見れば、その髪型は不自然に見えている事があります。

ただ、本人が満足している場合、不自然に見えても、周りの人は指摘をする事が出来ない状態となってしまいます。ですから、本人だけがばれていないと考えてしまっている状態になる可能性が出てきます。

薄毛が気になる場合、髪の毛を使って無理に隠そうとするよりも、多少薄さが目立っても、短く切るようにする事がお勧めです。

ベリーショートや坊主に近い髪型は、髪の毛が薄い状態が目立ち、余計にコンプレックスを感じるようになると考えてしまう人は少なくありませんが、カットの仕方、セットの仕方によっては、とてもおしゃれに仕上がる事も珍しくありません。

そして、髪が短い事により、清潔感のある見た目になるだけでなく、実際に頭皮自体を清潔に保つ事が出来るというメリットも発生します。ばれないようにしたいなら、短髪にする事がお勧めです。

薄毛を気にしない人たちとその髪型

薄毛を気にしないためには、まずは自分自身の置かれている状況というものをしっかりと把握する段階から始まっていくのです。

これに関与するストレスは想像以上の結果をもたらし、かえって薄毛の増進を引き起こす原因にもつながっていくため、細心の注意を払っていくことも大事です。いくつか薄毛と上手に付き合っていく方法をここで見ていきます。

まず第一に現状を受け止めて、「あきらめる」ということなのです。最後の最後の手段と思われる方もいるようですが、日々のストレスから解消されるのみならず、髪に対しての固執の度合いにも違いが生じていくのです。

周囲にどのように見られているのかという見た目の部分が気になっていくものですが、徐々に坊主にしていく行動を取ることで、自然な髪型に近づけていくことが見込めます。

第二に「残された髪の毛で隠す」という方法があります。ある程度残っているなら、髪型を思い切って変えてみれば、目立ちにくい状況を演出することが可能です。

分け方一つで頭頂部をボリューム感のある髪型にできるので、信頼のおける理容師や美容師に一度相談して見るのが賢明なのです。気にしないという判断を下すことで、気分的に楽になっていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加