薄毛に悩む女性がやるべきことについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛で悩んでいる人は男性だけではなく、女性の割合も多く、ここ数十年で増加傾向にあります。

女性が薄毛になってしまうと内向的になりがちですが、ここでは薄毛に悩む女性がやるべきことについてまとめています。

薄毛の悩みを抱えている女性が増えている理由

薄毛というと、一定の年齢に達した男性が悩む症状として認知されることが多いですが、今日20代から30代の若い女性が薄毛の悩みを抱えている場合が多くなっています。

これまでも女性といえども、年齢を重ねていくうちに体内の女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが占める割合が増えてくることにより、若い頃よりも薄毛になるということはありました。

ところが、20代から30代という本来薄毛とは無縁の年齢層の方々が薄毛の悩みを抱えているのは、若年性脱毛症と呼ばれる症状に要因があります。通常、頭皮または毛根の細胞が血行の悪さなどの要因が重なり合うことにより抜け毛という症状が起こります。

しかし、20代から30代で抜け毛に悩まれている方々は、こうした症状が要因ではありません。若い方が抜け毛に悩みを抱えている場合の多くが、若年性脱毛症によるものでヘアサイクルに問題が生じていることに要因があります。

髪は、ヘアサイクルによって絶えず発毛と脱毛を繰り返しています。このようなヘアサイクルに乱れが生じると、本来抜けるはずではない髪の毛が抜け落ちてしまったり、毛が細くなってしまいます。健康的で規則正しい生活と食生活を心がけることで改善が見込まれます。

薄毛は女性ホルモンに関係している

出産後、薄毛に悩んでしまう女性がとても多くなってきています。出産することによって、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、産後から抜け毛がひどくなり、薄毛になってしまうという人がとても多いのです。

しかし、この抜け毛は一時的なものなので、産後半年~8ヶ月の間には抜け毛もなくなり、毛量も戻ってくるという人が多いのですが、ホルモンバランスが不安定な時期なので、髪の毛がごっそりと抜けてしまうことがとても気になってしまったり、気にしすぎてしまうことでそれがストレスとなってしまい、母乳がストップしてしまうということもあるのです。

特にお風呂でシャンプーをしている際に、自分でも驚くほど髪の毛が抜けてしまうということもあり、驚いて病院に駆け込むという女性も少なくないのです。

髪の毛が抜けてしまうことを気にしすぎてストレスがかかってしまい、母乳がストップしてしまうことのないように、ごっそりと髪の毛が抜けてしまったとしても、気にしすぎないということがとても大切になるのです。

この時期の抜け毛は多かれ少なかれ、誰しもが経験することでもありますので、全てホルモンバランスのせいにしてしまうことでストレスなくこの時期を乗り切るということも必要なのです。

薄毛と女性専門の病院と

抜け毛や薄毛の悩みというのは、男性のものと考える人は少なくありませんが、髪の毛のボリュームが減ってきた事に悩む女性も多く、その為、専門の病院も増えてきています。

男性の場合、全体的に薄くなるだけでなく生え際の後退や、地肌が目立つようになる状態に悩まされるという事が多い事が特徴ですが、女性の場合、加齢により髪の毛が細く弱い状態に変わる事で、髪の毛全体のボリュームが少なくなり、髪型が上手くきまらなくなる事に悩む事が多くなります。

この状態を改善させる為には、薄毛治療に効果のある育毛剤等と同時に、髪の毛が薄くなってしまっている原因を取り除いていく事が重要になってきます。

原因となりやすいのは、過度なストレスやダイエット、ヘアケア等をはじめ、日常生活の乱れ等も髪の毛に影響しやすい事になります。

ですから、ストレスが多い生活をやめる、過度なダイエットをしない、正しいヘアケアを心がける、そして規則正しい生活を意識するという事等が有効となってきます。

日常生活は、髪の毛を作る為に必要なタンパク質など、栄養素バランスがとれた食事や、しっかりとした睡眠時間を意識する事等が有効となります。それにより、丈夫な髪の毛が生えやすくなります。

産後の女性は薄毛になりやすい

産後の女性が薄毛に悩んでしまうということがよくあります。この出産後の薄毛はホルモンバランスが深く関係しているのです。

出産後はホルモンバランスがとても不安定になりますので、この影響で抜け毛がとても多くなってしまうということがあるのです。

しかし、出産から半年くらいまでの間は髪の毛がごっそりと抜けてしまうということがあるのですが、半年~1年くらいすると抜け毛もなくなり、元に戻るという女性がとても多いのです。この時期の薄毛は全てホルモンバランスが原因となっていますので、自分ではどうすることもできないのです。

髪の毛が抜けてしまうことを気にしすぎてしまうことによって、体にストレスがかかってしまい、逆に円形脱毛症などを引き起こしてしまう可能性もありますし、イライラや体調不良の原因になってしまうということもあるのです。

この時期にストレスを溜めてしまうと、母乳が出なくなってしまうということもありますので、なるべく気にしすぎず気楽に考えておくことが大切なのです。

突然髪の毛が抜けるようになってしまったからと言って、薄毛治療をしなければならないということはありませんし、育毛剤などを使用する必要も全くないのです。

女性の薄毛を改善できるシャンプー

薄毛の女性は、シャンプーに気を付けてみることで薄毛の状態を改善しやすくなります。女性の場合については、頭皮が乾燥することで健康的な毛が生えにくい状態になってしまいます。

乾燥肌が進んでおりフケが出やすくなっていたり、刺激に弱くなっており、痛みを感じやすい時には、乾燥肌を解消できるシャンプーを選んでみるとよいでしょう。

とくに、成分の中に血行促進効果のある成分を含んでいる場合には、毎日使うことにより頭皮に栄養分を与えられるようになってきます。

血行が促進されることにより、毛根にも十分な栄養分が行き渡るようになってくるため、頭皮に関する悩みを解消することが出来るでしょう。

また、シャンプーを使う時にホルモンに働きかけることが出来る成分を含んでいるものについても、使っていくことで健康的な髪の毛に改善できるようになってきます。

ホルモンバランスが悪くなってしまった方も、ホルモンの働きを改善できる成分を含んでいるものを使ってみることにより、毛の成長を促せるようになってくるのです。

毎日毛の健康が気になっている方も、ホルモンのバランスに注目してみることにより、毛の悩みを解消することが可能になってくるでしょう。

薄毛の女性外来がある皮膚科探し

薄毛はもう、男性だけの問題ではなくなってきています。女性も、ストレスや、過度な髪の傷みなど、さまざまな要因から、抜け毛、薄毛に真剣に悩んでいる、という人も少なくありません。

病院で診察をしてもらいたくても、何科を受診すればよいのか分からない、そして、男性ばかりかもしれない病院に行くのは恥ずかしい、などといった理由から、病院に行くのを躊躇している方もいらっしゃるかもしれません。

髪の悩みは、一人で抱え込んでいても解決しません。専門家である医師に診察をしてもらい、それぞれに合った治療法を提示してもらうことはとても大切なことです。髪の毛の悩みは、皮膚科がある病院がもっとも適しています。

髪の毛を支えているのは頭皮ですので、皮膚科に通えば、頭皮の栄養状態なども、しっかりと診てもらうことができます。皮膚科でも、髪の毛に関する治療を専門にしている病院に行くのがお勧めです。

髪の毛の治療が専門かどうか、というのは病院のホームページなどでも確認ができます。また、病院の口コミなどを掲載している病院の情報サイトなどを利用すると、薄毛治療を専門にしているかどうか、ですとか、女性専用の外来があるか、といった条件で検索をすることも可能です。

40代からの女性の薄毛について

薄毛の悩みは男性にも女性にもあります。男性の場合は若い年齢から髪の毛が抜け始めてしまうことがあります。

女性の場合は40代を過ぎたあたりから徐々に髪のハリがなくなってきたり、ボリュームがなくなりヘアセットが決まらないなどの症状があらわれて、薄毛になってしまうことがあります。

これらはホルモンが影響しています。女性ホルモンは体をしなやかにしたり、髪の毛を成長させる働きがありますが、このホルモンバランスが乱れてしまい、髪のヘアサイクルを乱してしまうのです。

髪のヘアサイクルというのは通常4年から6年という長い期間をかけて成長を続けます。この期間を成長期と言いますが、この期間が長ければ強く、コシのある髪の毛を作り出します。

しかしいつまでも伸びるわけではなく、やがて成長がとまります。成長が止まるとすぐに抜けるわけではありません。毛根から次の髪の毛が生えてくることで抜け替わるのです。

これをヘアサイクルといいます。ホルモンバランスが乱れて成長期が短くなり、十分に成長せず早く抜けてしまうようになってしまい薄毛となるのです。

40代から女性の場合はヘアケアを行い、ヘアサイクルを維持できるようにして抜け毛をできるだけ少なくすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加