薄毛の原因はどこにあるのかを特定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛の原因を特定するのは非常に難しく、やはり特定するためにはクリニックや皮膚科で医者に診てもらった方が良いでしょう。

ここでは薄毛の原因として考えられるものについてを詳しくまとめています。

薄毛の原因に生活習慣が関係している

薄毛の原因の一つは、生活習慣にあります。例えば肉類を多く食べると、脂肪が体内に蓄積されます。蓄積した脂肪は汗と一緒に体外に排出されます。

頭皮は汗を分泌する汗腺が最も多い場所の一つなので、汗をかくたびに皮脂を大量に分泌します。その皮脂が毛穴を詰まらせて髪が抜けやすくなります。

また過度なアルコールや喫煙の習慣も薄毛を引き起こします。適度な飲酒は血管を拡張して頭皮の血流が良くなるので、発毛に良い影響を与えます。

しかし、飲みすぎは肝臓に負担がかかり、発毛に必要な細胞を作る機能を低下させます。またタバコに含まれるニコチンなどの有害物質は、血管を収縮させます。

血流が悪くなり、頭皮に必要な栄養が届かなくなるので、薄毛を促進します。また運動不足も血流が滞る原因です。髪の毛は生命維持に直結する部位ではないので、栄養を取り込む優先順位が低いです。

さらに睡眠を十分にとっていないと髪の毛の栄養が不足します。髪の毛は日中ホコリや紫外線など様々なストレスがかかっています。

睡眠は臓器の免疫力を高めて体力を回復させる働きがあり、髪の毛が受けたダメージも寝ている間に回復しています。成長ホルモンが分泌される夜10時~深夜2時までに眠りにつくことが大切です。

薄毛が加齢によって起こるときの原因解消

加齢による薄毛については、生活習慣を変えることで改善することも可能になってきます。加齢が進むと、頭皮や毛根の細胞の働きに衰えがみられるようになり、細胞の再生がうまくいかなくなってしまいます。

毛自体はどんどん抜けていくのに、新しい毛が生えてこなくなるため薄毛が酷くなってしまうのです。毛の抜け方が酷いと感じるときには、その原因を取り除くケアを行ってみるとよいでしょう。

毎日運動を行って体を若々しく保つことにより、頭皮や毛根の細胞の再生を行いやすくなるため、薄毛を改善しやすい状態になるのです。運動する習慣がない方は、年齢よりも体が酸化し老化しやすい状態になっていますので、時間が空いたときにこまめに運動を行うようにしましょう。

また、運動とともに煙草を吸わないようにするなどの対策も必要となってきます。煙草を吸うことにより、体の酸化が進んでしまい、頭皮の健康状態にも影響を及ぼす結果となるのです。

毎日多くの煙草を吸っている方については、体や頭皮のことを考えたうえで禁煙するようにしてみるとよいでしょう。生活自体を変えてみることで、体の中から状態を変えていくことが出来、毛の成長を促せるようになってきます。

薄毛の原因別の対策とその効果

薄毛には原因別の対策が必要です。たとえば、男性ホルモンの影響を受けやすい人は比較的若い世代でも薄毛の症状が表れるのですが、その場合には男性ホルモンを抑制する育毛剤が有効です。

ホルモンバランスは生活習慣の乱れからも崩れますので、生活習慣を整えることも忘れてはいけません。皮脂分泌が多いタイプには、皮脂の分泌を抑えてくれる育毛剤が必要です。

それに加え、分泌されてしまった皮脂を取り除くために、毎日のシャンプーでしっかりと洗い流さなければなりません。皮脂の分泌量は食べ物の嗜好にも左右されますので、肉や脂ものなどを好んで食べる人は野菜食に切り替えなければなりません。

脂症の人は頭皮だけでなく顔などからも皮脂が多量に分泌されますので、すぐに判断できます。頭皮を触ってみて冷たく感じる場合には、血行不良が疑われます。その場合は毛細血管を拡張してくれる成分の含まれた育毛剤を使用します。

頭皮マッサージを行えば一時的に血流が改善されますが、血液がドロドロの状態ではすぐに流れが悪くなりますので、食事バランスを整えて体の内側から変えていくことも必要です。原因別の対策を行えば、少ない労力であっても効果は高くなります。

薄毛や抜け毛の原因について

薄毛や抜け毛の原因には様々な要素が絡んでいますが、主に4つの要素が関係していると言われています。1つ目は男性ホルモンです。男性ホルモンはテストステロンと呼ばれているもので、髭や体毛の成長を促す働きがあります。

しかし毛母細胞を委縮させて、毛髪の成長を妨げる働きもしています。2つ目は遺伝的要素です。家系に薄毛の人がいると薄毛になる確率が高くなります。

3つ目はストレスです。ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱して、血流を悪化させる要素となっています。血流が悪化すると毛根に十分な栄養が届きませんので、薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。

4つ目は食事や生活習慣です。毛髪の生成には多くのビタミンやミネラルが必要です。日常の食事で十分な栄養が摂取できていなければ、毛髪が健康的に成長できません。また喫煙や睡眠不足など不規則な生活を続けていると、毛根に脂が蓄積されたり臭いが強くなったりします。

このような状態が血流を悪化させ、抜け毛を促進させていることもあります。薄毛の予防や改善のためには4つの要素を考慮する必要があります。そしてなるべく早く専門病院へ相談したり、育毛剤による効果的なケアが重要です。

薄毛の原因と皮膚科での治療

薄毛の原因の1つに男性ホルモンの働きの影響があります。このような機序により起こる薄毛を男性型脱毛症(AGA)といいます。

現在は様々な薄毛対策の市販薬が販売され、簡単に手に入るようになりましたが、この男性型脱毛症のメカニズムに直接的に作用する薬は皮膚科を受診しなければ手に入りません。

その治療薬はプロペシアという薬です。また、前立腺肥大症の治療薬であるアボルブも、プロペシアと類似の作用機序を有するため、プロペシア同様男性型脱毛症の治療薬として病院から処方されることがあります。

プロペシアとアボルブは、毛根組織中の5αレダクターゼの働きを阻害することによりジヒドロテストステロンの産生を抑制し、男性ホルモンの働きによる薄毛を抑制し、予防する薬です。

ただ、このプロペシアとアボルブのお薬代に関しては保険適用外となるため、全額自己負担となります。また、プロペシアは厚生労働省により薬価が定められていない薬であるため、お薬代はお薬をもらう病院、または薬局によって変わってきますので注意が必要です。

1ヶ月あたり、病院の受診料、お薬代を合わせると約1万円程の負担が必要です。またリアップなどの市販薬とは作用機序が全く異なるため併用することが可能で、併用により相乗効果も期待されます。

薄毛の原因は医者に診断して貰おう

薄毛の原因は遺伝などの可能性がありますが、実際のところは医者に診断して貰わないと分かりません。遺伝だから、加齢の問題だから、と、諦めてしまうのではなく、医者に相談して正確な原因を見つけましょう。

どのようなことが原因となって薄毛になっているのか分かれば、どのような治療をすればよいのかがわかって来ます。男性だけでなく女性も薄毛や抜け毛で悩む時代ですから、放置しておくのはよくありません。

頭髪に悩みがあるのなら、頭髪専門の病院で治療を受けるという選択肢もあります。なかには病気が原因となって髪の毛が抜けてしまっている場合もあります。

内蔵など身体の内側からきている場合もあれば、頭皮そのものにトラブルがある場合もありますので、正確なところを診断して貰って適切な治療を受けたほうが安心です。

薄くなってきているのがわかっているのに、まだ若いからと放置しておくのもよくありません。agaのように進行性の脱毛症もあるからです。

男性ホルモンが多い時期に適切な治療を受けることで薄毛の進行を止めたり、回復させたりすることが出来る時代ですので、最初から諦めてしまう必要はありません。医者に診断して貰って、適切な薄毛治療を受けるとよいです。

薄毛対策を始める基準と原因の追究

薄毛対策を始める基準として、以前よりも髪の毛がやせ細ってきたと感じたり、全体的なボリュームがダウンしていると感じる時には、すぐに対策を始めても早すぎるということはありません。

また、抜けた髪の毛の毛根部分を観察してみて、丸い球部分が全くなかったり、あっても細長くて小さかったりすれば、それは栄養不足などにより成長が鈍っている証拠ですので、適切なケアが必要です。

実際にケアを始めるきっかけは人それぞれであり、自分でお手入れをしていて気付いたり、人から指摘されてはじめて気付く人もいます。薄毛は対処が早ければ早いほどケアの効果が出やすいものですので、気付いた時点ですぐに始めるのが理想的です。

ケアを考える際、最初に行いたいのが原因の追究です。症状が表れるということは原因が潜んでいますので、それを明らかにして対処することで予防にもなります。

原因を特定しないままケアを行っても一般的な効果しか出ず、効率の良い対策を行うことができません。原因となることを改善していけば、ごく短期間の間にかなりの成果が望めます。

どうしても要因を特定できない場合には、現状を正しく把握するという意味も込めて専門医を受診することも大切です。

薄毛の原因と坊主について

薄毛の原因は人によって様々で、その為、その状態を改善する為に効果的な対策も人によって異なる事になります。そんな中で、意識しておいて損がないのが、頭皮を清潔に保つ事が出来る状態です。

髪の毛が薄くなってくると、伸ばした髪の毛で、髪の毛が少ない部分を補いたいと考える人は少なくありません。ただ、髪の毛が長くなると、それだけ頭皮までしっかりと洗いにくい状態になる他、すすいだ時に、シャンプーなどが頭皮に残ったままになりやすい状態になってしまいます。

それよりも、坊主等、短い髪型にする方が、常に頭皮まで綺麗に洗いやすく、清潔な頭皮を維持しやすい状態を作る事が出来ます。薄毛が気になり始めると、頭皮が見えるような短い髪型は避けておきたいと考える人は少なくありません。

確かに、最初はその髪型に抵抗を感じてしまうという事は少なくありませんが、一度、その髪型にすれば、その後は、薄い状態を隠さなければいけない、髪型が不自然になっていないか心配しなければいけない状態から解放され、薄毛のストレスを軽減させる事にも繋がります。

薄毛で悩むのであれば、無理に隠すのではなく、坊主のような髪型を選び、頭皮を清潔に保つ事もお勧めです。

薄毛の原因となる髪型とは

薄毛になる原因といえば、頭皮の皮脂が過剰だったり、男性ホルモンが要因となるAGAを思い浮かべる方も、多いのではないでしょうか。これらも髪が抜けやすくなる要因となりますが、実は薄毛になりやすい髪型というのも存在しています。

ロングヘアの女性はポニーテールなど、髪をギュッと結ぶヘアスタイルをする事もあると思います。この髪を引っ張るようなヘアスタイルが、薄毛の原因となるのです。

長い時間、髪を引っ張り続けるヘアスタイルをしていると、毛根に大きなダメージが加わります。すると、毛根が痛み髪も抜けやすくなってしまうのです。

このような、髪を引っ張り続けた事で起こる抜け毛は、「牽引性脱毛症」と言われています。ポニーテールなどのヘアスタイルをしている方は、髪を下すなどして毛根に負荷が長い間、かからないよう注意しましょう。

また、最近は髪にエクステをする女性も増えています。このエクステも髪を引っ張ってしまうので、抜け毛が増えやすいようです。

エクステは頭皮を十分に洗う事が難しい為、より頭皮環境が悪くなり、抜け毛が増えやすいと言われています。このように、女性がしがちなヘアスタイルは、薄毛の原因となりうる事もあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加