リアップを使用する際のかゆみについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアップは薄毛や抜け毛を改善したい人にとって頼りになる存在ではありますが、使用している内にかゆみやかぶれが起きる事があります。

ここではリアップ使用時に起こるかゆみやかぶれの原因についてまとめています。

リアップ使用時のかゆみについて。

リアップは、発毛や育毛の為の医薬品です。男性、女性、どちらでも使うことができ、発毛成分のミノキシジルが配合されており、日本で生産されています。発毛や育毛だけではなく、抜け毛の進行予防にも役に立ちます。

リアップは、アルコール用剤なので、アルコールに弱い方は、使用後、一時的に頭皮に赤みやかゆみなどの症状が出る場合があります。一過性の反応となる為、毛根に対しても大きな影響はありません。

ただし、長期間使い続けていて、赤みや発疹、かゆみ、フケなどの症状があらわれた場合、リアップの成分が肌に合わなくなってしまったと判断しましょう。

また、頭皮がしみたり、かぶれてしまうこともあります。そういった症状があらわれた場合は、すぐに中止しましょう。かぶれなどが原因となって、強い炎症となり、脱毛を引き起こす場合もあります。

リアップ使用の際は、必ず用法・用量を守りましょう。必ず、皮膚と髪が乾いた状態で使用し、地肌にしっかりとつけましょう。頭皮マッサージは行わないでください。

マッサージを行うと、髪や指についてしまい、せっかく塗布した量が減ってしまいます。効果を最大限に発揮させるためにも、頭皮や髪の環境をしっかりと整えてあげることも大切です。

リアップによるかぶれの症状

リアップは壮年性脱毛症、そのなかでも特に頭頂部付近を中心とした脱毛にすぐれた効果を発揮する製品で、発毛・育毛促進や抜け毛予防の効能をもつミノキシジルとよばれる化学的に合成された物質が有効成分として含まれています。

また、こうした有効成分は、防腐効果や保湿効果のある基剤のなかに溶け込んでいますが、この基剤の成分についても化学的に合成されたものです。

メーカーでは臨床試験などによって安全性を確認していますが、もともと肌が弱い人については、リアップを継続的に塗布することによって、有効成分や基剤の成分の影響により、まれに塗布した部分に発疹、かぶれ、かゆみなどの副作用を生じてしまう場合があります。

リアップのような外用薬の場合には、カプセルやタブレットなどの直接口から飲み下すタイプの内用薬とは違って、いったん製品の使用を中止して、皮膚科などの専門の医師に相談することで、深刻なダメージを防ぐことができる場合が多いといえます。

もし肌が弱いことがあらかじめわかっており、過去に類似の製品でかぶれなどの症状が出たために不安を感じているのであれば、リアップを使用する前に、パッチテストのような方法で刺激性の有無を確認しておくことも効果的です。

リアップには頭皮のかぶれや炎症のリスクがある?

血行を促進して発毛を促す作用が医学的に認められたミノキシジルを配合した育毛剤であるリアップは、高い育毛効果が期待できますが、アルコール溶剤を使用していて肌への刺激が強いため、皮膚トラブルのリスクもあります。

たとえば、よく報告されているのが頭皮のかぶれや炎症、発疹・湿疹、フケなどの症状です。

これらの症状はリアップの成分による刺激の影響で頭皮に皮膚トラブルが生じているシグナルなので、そのまま無理に使い続けると、かぶれや炎症の症状が悪化して薄毛が悪化してしまうので、速やかに使用を止めることが大切です。

頭皮に生じた皮膚トラブルは自分では見えにくいので自覚しにくいですが、頭に異常なかゆみが生じたり、フケの量が増えたりするなどの自覚症状が生じることがほとんどなので、こうした症状を見逃さないようにしましょう。

また、リアップをつけていて頭にしみる感じがするときには、頭皮に炎症が生じている可能性が高いので、こうした症状があった場合には使用を中止し、症状が緩和されない場合には皮膚科のある医療機関を受診することをお勧めします。

このように、リアップには使用によって皮膚トラブルが生じるリスクがありますが、薄毛を悪化させるような深刻なトラブルが生じるのはごくまれで軽症で済む場合がほとんどなので、それほど心配する必要はありません。

ただし、アルコールにアレルギーのある方はかぶれや炎症が生じる可能性が高いので、リアップの使用は控えたほうが無難です。

リアップ使用で赤い頭皮になる理由

ミノキシジルを配合した発毛剤として、人気を得ている「リアップ」ですが、使用に際して頭皮が赤くなる場合があります。この赤い頭皮になってしまう原因とは一体何なのでしょうか。

まず、第一に考えられるのは「リアップ」に含まれているアルコールに反応している場合です。これは肌の弱い人や敏感肌の人などは反応起こしやすく、ひとまず様子見する必要があります。

ちなみに、アルコール成分が原因ならば一過性である場合が多いので、皮膚が赤くなっても毛根にダメージを与える事などは無いとされています。

また、ミノキシジルによる血管拡張作用によって血行が改善されて、一時的に赤みが発生している可能性もあります。この場合も、しばらく様子を見ておけばひとまず大丈夫でしょう。

ただ、赤みが酷くなったり湿疹や炎症にまで進行してしまった場合には、別の理由が考えられます。

それは副作用が出ている可能性です。頭皮の赤みや痒みといった副作用を起こしやすいのは、「リアップ」の基材成分として配合されているプロピレングリコールという成分です。

この副作用の可能性のある場合は、直ちに使用をやめて専門の医師に相談するなどの対処を取る必要があります。このように、頭皮の赤みには様々な原因が考えられるのです。

乾燥した肌でも脱毛進行予防にもリアップ

リアップはミノキシジルという壮年性脱毛症に効果的な成分が入っていることで知られていますがシリーズが出ていて、ミノキシジルが5%も配合されているものから、爽快な使い心地を感じることができるタイプ、そして女性のための製品です。

ヘアサイクルの主要部分で適切に髪の成長をサポートする成分が入っているので、休止期の毛包を活性化させることで初期成長期毛包へのスムーズな移行が行われること、さらに後期成長毛包への移行も促進され維持していくので小さくなってしまっていた毛包が大きく成長し、太い髪の毛に成長しやすくなります。

乾燥した肌で頭皮にかゆみを感じている人はリアップの爽快系を利用することで、清涼感を感じるだけでなくかゆみを抑えてくれる成分も含まれるため、徐々に気にならなくなります。

発毛や育毛そして脱毛の進行予防効果も期待できますから、改善して来たら使用をやめるのではなく予防として使い続けていくことが効果的な使い方です。

頭皮の潤いを保たせるにはある程度皮脂が残っている必要があり、リアップを使う前に清潔にしておくことは大切ですが頭を洗いすぎないようにすることも肝心です。適度な皮脂が有効成分の蒸発なども防いでくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加