リアップの発毛効果や使い方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアップは日本で唯一発毛効果が認められている育毛剤で、テレビCMなどでも大々的にこのキャッチコピーで宣伝されています。

ここではリアップの発毛効果や使い方について詳しくまとめています。

発毛促進でリアップを使う時の注意点

地毛をもっと元気にしたいという時や、最近毛が細くなってきているような気がするというときに、育毛剤を使用するというのはすぐに思いつくもの。しかし、実際に使用するならできればちゃんと発毛の効果があるのがわかりやすいものを使用したいと考えませんか。

リアップは発毛を望む多くの人のために開発されている商品です。しかし使用上の注意もありますので、リアップを使用して大丈夫かどうかというのは、自分自身で確かめておきましょう。

たとえば、リアップは壮年性脱毛症の方に適した薬剤です。そのため、自分は円形脱毛症だから、発毛に期待したいということで使用するのは効果が得られない可能性があるということになります。

また、女性においては女性専用の商品もラインナップされていますのでそちらを使用するようにしましょう。

また高血圧であったり、腎臓病や、心臓病など治療を受けているという状態の人ならば、使用する前に、医師に相談するなどが必要です。

適切に使用するからこそ、効果がよりあらわれやすくなるということが言えますので、リアップをつかってみたいと思ったら、自分自身の頭皮の状態や、健康状態というものをきちんと把握したうえで利用するということが、条件となります。

リアップやサクセスにある違いと併用の余地

リアップは医学的効果が確認された商品で、サクセスのトニックなどとは異なる作用があります。目的はどちらも血行の改善ですが、リアップの作用は薄毛改善が認められていますし、最も有効な手法の一つとして、治療目的に医療の現場でも成分が活用されています。

一方のサクセスは、気軽さを念頭に置いた商品で、血行促進効果は一時的ですし、育毛より気持ち良さが優れる製品です。

まだ若く生活の見直しで抜け毛が防げる状態なら、サクセスのケアで十分対処可能ですから、リアップの選択は焦らず行う事が出来ます。

今までサクセスなどを使用しても、薄毛の進行が食い止められていない場合は、リアップを含めた医薬品を検討する事が必要です。

リアップだから頭皮に合うのではなく、使い心地には個人差があるので、先入観を持たず試す事が大切です。また、それぞれ作用は異なる物の、外用する使用法としては一致しますから、お互いを打ち消さない事が重要といえます。

相乗効果を期待して同時に使用しても、どちらが優れているかを見極めるのは困難なので、一つずつ試した上で併用を考え、使い方に工夫を加える事が必要です。気分で変えたり、朝昼で使い分ける事も出来ますが、基本的には同じ物を一定間隔で連続して使用します。

発毛剤として名高いリアップとアデノバイタルとの違い

発毛剤のランキングサイトなどにも必ず登場するのは、大正製薬から発売されているリアップと資生堂から発売されているアデノバイタルです。共に発毛剤として知名度がありますが、その違いは幾つか存在します。

まずリアップとアデノバイタルに使用されている成分の違いがあり、リアップは血管拡張作用があるミノキシジルという成分を配合しています。一方、アデノバイタルでは、薬用成分であるアデノシン、ホップエキス、サンショウエキスなどの多彩な成分を配合しています。

そして、その成分がもたらす効果については、前者が遺伝を原因とする男性型円形脱毛症に効果があり、脱毛の原因となる男性ホルモンの抑制をもたらし発毛を促します。後者については、毛髪成長促進遺伝子を活性化させ、頭皮環境を整えることで発毛を促すことに主眼を置いています。

使用の仕方についても前者は朝と夜の1日2回使用を行い、臭いもそれほどしないので塗っても爽快感があります。後者も朝と夜の1日2回使用を行ないますが、臭いについては若干、刺激臭があるとのことです。ただ直ぐに揮発されるため、使用後には気にならない程度です。

またリアップの容器よりもアデノバイタルの容器の方が、化粧品メーカーから発売されている関係からかスタイリッシュなデザインになっています。

リアップの効果的な使い方

リアップの最も効果的と思われる使い方を説明します。リアップは1日2回、朝と夜使用するのが望ましいと思います。

夜はまず、洗髪を念入りに、特に頭皮の油、汚れを落とします。これによって薬用成分が効率よく浸透します。洗髪後に1回1ml使います。この量はキャップをひねれば計量してくれます。

これを何回かに分けて頭皮をマッサージしながら、特に抜け毛が気になるところ中心につけていきます。全体につける必要はなく、気になるところ中心にやります。

つけ終わった後、5分程度、さらに頭皮のマッサージをすると効果がさらにあがります。マッサージは手でもよいですが、マッサージ用の櫛みたいなものの方が頭皮に刺激を与えますし、マッサージも楽で長続きすると思います。

朝も髪を整える前に夜と同じ事が出来れば望ましいですが、なかなか時間も取れないという場合はマッサージしながら1分程度頭皮に馴染ませる程度でも構いません。

人によって差異がありますが、2~3週間程度で少し効果(うぶ毛、抜け毛減少)を感じることがあります。ですが、やはり説明書にもある通り、本当の効果を期待するには数か月の使用は必要です。

最後に注意すべき点は、リアップは第一類医薬品です。いくら抜け毛が気になっても1回の使用量は守りましょう。

AGAに効果のあるリアップ

リアップは発毛効果が確認されている市販の治療薬として、CMでも有名です。配合されている成分はミノキシジルと呼ばれるもので、もともとは血圧が高いことで悩んでいる人のための降圧剤として使用されていた成分です。

降圧剤として使用していた人に発毛効果や、髪が濃くなってきた人が出たため、その成分を有効利用して発毛剤として開発されました。液状のリアップを気になる部分に塗布することで、徐々に効果がでてくるとされています。

ミノキシジルは世界でもAGA治療薬として有名であり、毛母細胞を活性化させて発毛に必要な栄養が十分に届くよう促したり、髪の成長を促すたんぱく質の分泌を促す効果があります。

髪の毛のサイクルは3年から5年とされており、抜け落ちて新しく生えてくるサイクルを繰り返しています。このサイクルを助ける成分でもあります。

皮膚に塗布するタイプのものは効果が、経口薬に比べると弱いとされていますが、経口タイプの物には副作用もあるため、安全性はリアップのほうが高く、安心して使用できます。

リアップは市販薬ですが、OTC医薬品に指定されているため、薬剤師のいる薬局で購入することが可能となっています。継続して使用し続けることが大切です。

第一類医薬品としてのリアップ

リアップの発毛剤としての成分はミノキシジルです。ミノキシジルは、血管拡張剤として開発されましたが、脱毛症を回復させる効果がみつかり、脱毛症の薬として販売されるようになりました。

内服薬としては副作用が出たため、外用薬として使われています。毛の成長の原因は、血液の流れがよくなることによる毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化といわれていますが、詳しい事は分かっていません。

最初開発は、アメリカの製薬会社で行われ、日本ではOTC医薬品として薬剤師が常駐する薬局やドラッグストアで第1類医薬品(医薬品としての効果はありますが、副作用も出る可能性が高いので、薬剤師が文書を使用して説明販売するもの)として発売されています。

現在、AGA治療薬として男性ホルモンが原因で起きる(男性ホルモンテストステロンが5αリダクターゼというこうそでジヒドロテストシテロンにかわり、この成分が、ヘアサイクルを狂わせ、成長しない髪を作り、薄毛となる)タイプのものに医療用医薬品として、フェナステリドが病院で処方されるようになっていますが、リアップの主成分ミノキシジルと発毛の機序が違うので併用されることがあります。

リアップは、1%液、5%液、女性用のジェンヌが、現在発売されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加