抜け毛が激しく止まらない場合どうしたらいいか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛を洗っていると髪の毛がごっそり抜けてしまうなど、激しい抜け毛は精神的にもかなりの苦痛となり、不安な気持ちに押しつぶされそうになってしまいます。

ここでは抜け毛が激しく止まらない場合どうするべきなのかについてまとめています。

抜け毛が止まらないと憂鬱な気分になります

普段から抜け毛が多いという悩みを抱えている人にとって、自宅等で一生懸命掃き掃除をしている瞬間というのは一日の中でも最も悲しくて切ない瞬間であると言われています。

毎日毎日抜け毛が発生するのが止まらないでいると、人というのは憂鬱な気分になってくるものです。自宅の中を掃いても掃いても次から次に髪の毛が抜けてしまったり、掃いているそばから髪の毛が抜けると、もうどうしようもないような気分になってくるものなのです。

そのような悩みを解決する為に様々な工夫をしている人達というのも多いものです。例えば一日の中で何度も頻繁に掃除をして抜け毛を取り除かなければ気が済まないという性格の人であれば、一度に大量にゴミを吸収することのできる掃除機を購入するようにすればいいのです。

毎回チリトリとほうきで掃除をするよりも、掃除機を使った方が早く綺麗になりますし、労力も少なくなるのでお勧めであると言えるのです。それから例えば女の人であればなるべく自宅にいる時は髪の毛を下すのではなく結んだ状態にしている人も多いです。

髪の毛を束ねてまとめることで、多少は抜け毛の量を減らすことが出来ると考えている人が多いからです。このように工夫次第で抜け毛の悩みから解消されるようになってきます。

抜け毛が激しい場合は病院へ

加齢により、男女ともに血行が悪くなるので、少しずつ抜け毛が増えていくようになりますが、その量があまりにも激しい場合は、自力でのケアが困難な場合があります。

頭皮が透けて見えるような状態になってから、慌てて市販の育毛剤を使っても、なかなか効果があらわれないので、抜け毛の量が多すぎる場合は、自力で何とかするのは諦め、病院へ行って、医師の治療を受けるようにしましょう。

初めて病院を訪れると、最初はカウンセリングから始まりますが、その後に頭皮や健康の状態をチェックしたり、頭部写真撮影や血液検査などを行ってから、治療法が決定されます。

AGAに高い効果のある、プロペシアやミノキシジルなどの薬を使えば、大抵の方に発毛の兆候が見られるようになり、徐々に若い頃のような、豊かな髪の毛を取り戻せるようになります。

今はヒト由来の成長因子を頭皮にダイレクトに注入する、HARG療法のような最先端医療も存在するので、どれだけ薄い方でも、効果に期待が出来ます。

ただしAGA治療は費用がかかるのを覚悟しなければならないので、出来るだけ口コミの評判が良く、低料金で治療が受けられる病院を探して行くことが大切です。激しい抜け毛は治るので、早めに治療を開始するようにしましょう。

抜け毛がひどいのを放置していいのか

髪の悩みというのは、どんなに隠しておきたくても他人に見えてしまうので悩みは深刻になってしまいます。

ただ、男性でも50代くらいになれば、若い頃と比べて薄くなるのは当然のことですから、さほど深刻には悩まないものですが、これが20代くらいだと、悩みの質は違ってきます。

20代は髪のボリュームが多いのが一般的ですからその年代で、抜け毛がひどいとなればこれは悩みが相当のものになってしまいます。人によっては外出するのも、ためらわれるくらいになる人もいます。

ただ、あまりに抜け毛がひどいというときは、自分で放置しないほうがいいのです。というのも体調に問題があるとか、頭皮に炎症があってそのために、抜け毛がひどくなっている可能性があるのです。

自分の頭皮の状態というのは、自分ではみることができません。ですから、皮膚科にいったり内科にいって、医師に相談してみることが必要です。そのうえで、体には大きな問題がないということがわかれば、育毛剤などを利用していくのも1つの方法です。

炎症があるのに、育毛剤を自己判断で使用するのは絶対にやめたほうがいいです。育毛剤にはアルコールが含まれていることがおおく、炎症部分にそれをつけるとさらに抜け毛が悪化することがあるので、必ず医師の診察を受けたほうがいいのです。

抜け毛がやばい場合の対処法

朝起きた時の枕元に髪の毛が落ちていたり、シャンプーをした後の排水溝に髪の毛が詰まっていて、不安になることがあると思います。ですが、これらは普通のことであり、それほど心配することではありません。

実際、人間の髪の毛は1日に100本近く抜けると言われています。ではどうなったら抜け毛がやばいと言えるのかについてですが、まずは抜け毛の長さと太さです。

抜けた毛が短くて細い場合は薄毛になっている可能性があるため注意が必要です。また、髪の毛を軽く掴んで引っ張った際に、毎回1、2本は必ず抜ける場合も注意が必要です。

次に、抜け毛が気になってきた場合の対処法ですが、まずは食生活を改善することが大切です。肉や脂っこいものはなるべく避けて、髪の毛に良い栄養素を多く含んだ大豆や魚、野菜、鶏肉などを積極的に摂っていくことで、抜け毛を予防することができます。

また塩分を摂りすぎると動脈硬化を引き起こし、血行が悪くなり、せっかく摂取した栄養素が頭皮に行き渡らなくなるので、控えた方が良いです。同じような理由で、頭皮マッサージや運動をすることも大切です。

特に運動をすることでストレスも解消することができ、予防につながります。抜け毛がやばいと感じている方は、食生活の改善と適度な運動を心がけてみてください。

若者には辛い抜け毛を予防する

薄毛は多くの人にとって辛いものですが、特に若者の抜け毛に関しては事態が深刻です。早い人だと10代から抜け毛が目立つようになります。

10代のほとんどが学校生活を送っており、悩みが増える年頃でもあります。若いうちから薄毛だと、彼女を作るのが困難です。外見のせいで良好な恋愛関係を築けなくなります。

また席替えで前の席になると後ろの席から髪の薄さが見えるので、席替えも楽しくありません。抜け毛が多いことをからかわれることもあります。このように辛い若ハゲを改善するには、髪の毛が育ちやすい環境を整えることが大切です。

肉類や加工食品をできるだけ食べないようにします。内蔵に負担をかける活性酸素や老廃物が蓄積し、生命に直接関係しない髪の毛を後回しにして栄養を供給するので、頭皮が栄養不足になります。

緑黄色野菜や大豆製品、発酵食品を中心に、魚や豆類の良質なタンパク質を摂取します。また部活などで定期的に運動を行います。運動不足は全身の新陳代謝に悪い影響を与えます。

運動が苦手であれば、30分程度のウォーキングなども有効です。さらに、しっかりと睡眠時間を確保します。成長ホルモンがたくさん分泌されるのは、眠りについてからで傷ついた頭皮も回復します。

抜け毛の不安とその解消法

加齢やストレス、頭皮や髪への過度の負担によって抜け毛の症状を引き起こしているという人は少なくありません。というのも、頭皮や髪というものは体の不調の影響をダイレクトに受けることになるので、当人の体調、精神的な状態によってはその症状がどんどん進行してしまうなんてケースもあるのです。

そんな抜け毛の症状に不安を抱いている場合、できることならその原因となる体の不調等々を解決できればベストなのですが、中にはそれができないという人もいるでしょう。

そこで今回おすすめしていきたいのが、抜け毛の予防のために行う頭皮の血行促進、毛穴の状態改善の方法です。まず頭皮の血行を促進する方法としてはシャンプーや頭皮用の化粧品を使う際、できるだけ頭皮表面を刺激するようにマッサージしながら行っていきます。

そうすることで毛穴の奥の汚れや皮脂も綺麗に取り除くことができますし、頭皮表面の血行も良くなります。これによって自然と頭皮環境、毛穴の環境も良くなり、結果的に健康で抜けにくい髪を育てていくことができるのです。

もちろん、これらの方法ですぐに劇的な効果が現れるというわけではありませんが、継続的に続けることで着実にその効果は現れるはずです。

抜け毛の要因で考えられることとは

年齢を重ねると、抜け毛や薄毛に悩んでしまうという人が多くなってきます。抜け毛の悩みと言うと、男性特有のものと考えがちですが、最近では女性でも悩んでしまうという人がとても多くなってきているのです。

抜け毛の要因として考えられるのは、ストレスや睡眠不足、バランスの偏った食生活などが挙げられます。体にストレスがかかってしまうと、体の代謝のバランスが崩れてしまい、髪の毛まで栄養素が運ばれず、抜け毛や薄毛の原因になってしまうのです。

睡眠不足も続いてしまうことによって、成長ホルモンが分泌されなくなってしまいますので、髪の毛が抜けやすくなってしまったり、髪の毛に受けているダメージが修復されなくなってしまうということがありますので、睡眠はしっかりととっておくことがおすすめなのです。

栄養バランスの整った食事をするということもとても重要で、偏った食生活をしていると、髪の毛に必要な栄養素が摂取されなくなってしまうので結果的に髪の毛が抜けてしまったり、薄毛になってしまうということがあるのです。

帽子やヘルメットをよくかぶるという人は、汗をかきやすく、蒸れやすいので、風通しを良くするという工夫をすることも必要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加