抜け毛と季節はどの程度関連性があるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛の抜け毛による薄毛に悩んでいる人は、一度気になってしまうとずっと気になってしまうものですが、実は抜け毛が多い季節というものが存在するんです。

ここでは抜け毛と季節の関係性についてまとめています。

季節によって皮脂が多くなることによる抜け毛

季節によって抜け毛が多くなってしまう方は、皮脂の分泌を改善するためのケアを行うとよいでしょう。まず、暑い季節になると抜け毛が多くなってしまうという方の場合、分泌された皮脂が毛穴の中に溜まることにより毛が抜けやすくなってきます。

皮脂をしっかりと取り除いておかないと、毛穴をどんどん圧迫してしまい抜けやすくなってしまいますので、汚れを取り除くためのケアを行ってみるとよいでしょう。ケアするときには、毛穴の奥に詰まってしまった汚れもしっかりと取り除けるシャンプーを使ってみるとよいでしょう。

炭や泥を使っているシャンプーの場合、毛穴に詰まってしまった汚れを吸着する効果が高くなっているため、毛穴に負担をかけることなく、汚れを取り除けるようになってきます。

脂が過剰に分泌している時期でも、汚れを取り除くことによって、毛穴をクリアにすることが出来、太い毛を育てやすくなるのです。また、定期的にシャンプーを使ってケアを行っておくことにより、脂性も改善しやすくなってきます。

吸着効果の高いシャンプーをスペシャルケアに使うことにより、脂の分泌を抑えることが出来、季節に問うことなく、頭皮の環境を保てるようになるのです。

毛穴から抜け毛が起こってしまう季節

人間の身体は毎日少しずつ、新しく変化しています。抜け毛についても同様のことが言えるので、健康な状態でも寿命の終わった髪の毛が抜け落ちているのですが、その分新しい髪の毛が生えるようになっています。

ですから、髪の毛が抜けていっても、全体のボリューム自体に変化がある様には見えません。生える量よりも、抜ける量が多くなってしまい、その差が大きければ多いほど頭皮の外見にも影響を与えてしまいます。

抜け毛は年中起こっていますが、一年間の中でももっとも起こりやすい季節があります。秋に髪の毛が抜けやすくなってしまう原因はいくつかあるのですが、まず理由としてあるのは遺伝子の情報がそう書き込まれているからです。

動物の体毛は大体秋に生え変わりますが、人間にもその名残が遺伝子レベルで残っているというものです。これは個人の努力ではどうしようもないので仕方はありませんが、空きが抜毛の多い理由はもう一つあり、こちらは個人でも改善が可能です。

もう一つの理由は、夏に頭皮や毛穴に負担を与えるような生活をしていたことのツケが、秋に一気に表に出てくるというものです。こちらは、夏の過ごし方について改めるようにしていけばすぐに効果が表れるようになります。

抜け毛の季節はいつも以上に対策をする

季節によって肌が乾燥する、べたつくといったことがあるように、頭皮も季節によってべたつきを感じたり乾燥を感じたりすることがあります。

ですから、そういった頭皮状態の異変を感じたような時は、いつも以上に抜け毛対策をする必要があります。頭皮状態が悪いと健康な髪が生えてきませんし、また生えてきた髪もうまく根づかずにすぐに抜けてしまうことがあります。

ですからいつもよりも抜けていると感じたらいつも以上に抜け毛対策をしていくといいでしょう。頭皮マッサージをすることも大事ですし、髪が傷まないように頭皮に優しいヘアアクセなどを使うことも大事です。

ヘアピンやカチューシャなどが頭皮をしめつけてしまうことがありますから、できるだけ頭皮に優しくフィットするものを使うようにするといいでしょう。また、夏は汗だけでなく日光の紫外線で頭皮が傷んでしまうようなこともあります。

ですから頭皮がひんやりするような育毛シャンプーなどを使っていくと気持ちいいでしょう。頭皮も顔や体の肌と同じく日焼けをしますから、炎症を起こさないように丁寧にケアしていくことが大切です。また、乾燥して剥がれた頭皮の皮膚がフケのようにもなってしまうので注意です。

季節性と遺伝性が原因の抜け毛

抜け毛が増える原因の1つに、季節性のものがあります。特に新学期が始まり環境が新しくなることでストレスを受けやすい春や、夏の疲れが出る秋に髪の毛が抜けていくことが多いです。

また、毛にはヘアサイクルというものがあり、成長を終えたあとの髪の毛は自然と抜け落ちていくのが普通です。

このサイクルにて次は新しい毛が生えてくるのですが、春と秋はこの周期に合わせた抜け毛が増える時期だと言われていますので、この時期が過ぎて毛の抜け方が気にならなくなれば問題はありません。

それに対し両親など親族の中に薄毛の人がいる場合は、遺伝性が原因の可能性が出てきます。

そうなる理由は男性ホルモンの分泌が大きく関係してくるため、父親が髪のことで悩んだ過去があるケースでは、息子も同じように悩むことになるかもしれないわけです。

この場合はホルモンの影響による抜け毛ですから、食生活を変えたりストレスを発散させたりするだけでは簡単に解決できないかもしれません。

しかし昨今では、同じように悩む人たちのために画期的な治療法が開発されてきており、それを利用すれば満足できるくらいの効果を得られるようになっていますので、季節に関係なく抜け毛が増加してきて心配というときは、専門家に相談するようにしたいです。

抜け毛が多い季節の脱毛症治療薬について

もしも春や秋ごろに、はじめて抜け毛を経験した場合には、このままでは禿げてしまうのではと不安になってしまうかもしれませんが早とちりは禁物です。

春と秋は普通より毛が抜けるのが多い季節とされているからです。野生動物が春や秋になると毛色が変わるのと同じように、ヒトの体も自律神経の影響で春と秋は毛が抜けるのが多くなるのです。

このような時期性の抜け毛の増加は誰にでも起こる自然なことなのであまり心配はいりません。しかし禿になってしまうと早とちりして自己判断で抜け毛対策をとってしまうと後になって薄毛リスクを増大させるリスクもあります。

その最たるものが脱毛症治療薬の使用です。安易に治療薬を使用すると頭痛や倦怠感といった副作用が出てしまったり、さらに抜け毛が増えてしまうこともあるとされています。

毛が抜けるのが多い季節に抜け毛を経験した場合には、積極的な育毛対策ではなく、まず髪や頭皮にダメージになるものはなるべくさけて季節が過ぎ去るのをじっと待つことです。

そのためには過剰なストレスとなるようなことを避けたり、頭皮を傷めないようにシャンプーをしたり、洗う回数を多すぎないようにしたり、不摂生を自粛し食生活にも気をつけたり、睡眠時間がとれていない場合はきちんととるように心掛けるようにしましょう。

抜け毛の危険性が増す季節とは

抜け毛の危険性が増す季節とは一年の中で最も紫外線量が多い夏です。太陽から降り注ぐ紫外線を浴びると頭皮や毛髪に悪影響を及ぼし、抜け毛へとつながります。

更に気温が高くて大量の汗が出る夏は毛穴が皮脂や汚れで詰まりやすく、きちんとシャンプーをしないと抜け毛が増えやすい季節なので注意が必要です。

危険を避けるためには紫外線防止策として日傘の利用が一番おすすめです。人混みで日傘の利用が難しい場合は帽子でも構いませんが、頭皮が蒸れないように通気性の良い素材で作られた帽子がおすすめです。

また、春先も花粉や大気汚染物質が多く空気中を浮遊しているため毛穴に詰まって抜け毛が増えやすい季節です。夏と違って汗も少ないため、あまり頭皮が汚れている自覚が無い人が多いですが、帰宅後にできるだけ早くシャンプーをして頭皮を清潔にすると良いでしょう。

また、冬も寒さのあまり血行が悪くなり適当にシャンプーを終わらせてしまう人が多いため、季節に注意するのはもちろん、年間を通して抜け毛が増えないように丁寧なお手入れを心がけることが重要でしょう。

紫外線や血行不良、シャンプーの手抜きなど、様々な原因はありますが自分の努力でいくらでも改善していくことが可能です。

子供は季節によって抜け毛の量が変わる

子供の抜け毛の量は季節によって異なります。抜け毛が少ない季節には個人差がありますが、多いのは9月です。少ない時に抜ける本数の2.5倍以上の量が抜けるとされます。

7月~9月は紫外線が強い時期で、髪の毛に与えるダメージが大きいです。大人にも同様のことが生じ、傷ついた頭皮から髪が抜けやすくなり、薄毛になります。しまた夏は気温が高いので、たくさん汗をかきます。

頭皮は体の中でも汗腺が多い場所です。汗をたくさんかくと毛穴に皮脂が詰まって、抜け毛を促進します。しかし子供は再生力が高いのでそれほど気にする必要はありません。

紫外線のダメージを過度に受けることは、髪だけでなく全身にも悪影響を及ぼすので、帽子などを被って紫外線対策を行います。1日に50~200本抜けても問題ありません。

夏場だと300本に増えることもありますが、神経質になる必要はないです。またアトピーを持っていると季節に関係なく抜け毛がひどくなります。頭皮に炎症が起きている可能性があるので、刺激の少ないシャンプーを使います。

界面活性剤が使われているシャンプーは、その洗浄力で頭皮に強いダメージを与えるので、天然成分のみで作られたシャンプーを選びます。

抜け毛の季節とコーヒーについて

男性だけでなく、女性にも薄毛の人が増えており、年齢よりも老けてみえるので悩んでいる人が多いです。コーヒーが好きで、毎日飲んでいる人が多いですが、飲みすぎると抜け毛が増える原因になってしまいます。

コーヒーには、カフェインが含まれているため、日中に飲むと気分をすっきりさせる働きがあるため、仕事や勉強に集中しやすくなります。夜遅く飲んでしまうと、寝つきが悪くなってしまうため、中途覚醒をしたり、眠りが浅くなってしまうので、睡眠の質が悪くなってしまいます。

髪の毛は夜眠っている間に作られているので、夜遅く飲むのは控えるようにして下さい。コーヒーには、タンニンが含まれていますが、髪の毛の成長に欠かせない亜鉛不足の原因になってしまいます。

一日に一杯か2杯程度にしておくようにしましょう。季節によっても、抜け毛が増えてしまうことがあります。

寒い時期は、体の血流が悪くなってしまうのが原因ですが、春先は気温の急激な変化から自律神経の乱れが起こりやすく、進学や就職、転勤などで強いストレスを受けやすい時期になっています。

春先は栄養価の高い食事を摂るようにしたり、充分な睡眠を取るようにして、体の疲労を取っておく必要があります。

正常なヘアサイクルを乱す季節と抜け毛の関係

髪の毛は一定の周期を保ちながら生まれ、成長し、抜け落ちていきます。髪の毛が抜けるという現象は自然なことで1日に50本から100本程度の抜け毛であれば正常なヘアサイクルです。これよりも量が多くなってしまう場合は男性型脱毛症の可能性もあります。

また季節毎の要因も見逃せません。その季節特有の理由で抜け毛が増えたのであればその要因を取り除くことで髪が抜けるのを防ぐ対策をとることもできます。

春になると急に髪の毛が抜けやすくなるケースがありますが、その多くはストレスに起因します。新年度を迎え生活環境が変わることでストレスがたまりホルモンバランスが乱れがちです。

ホルモンバランスの乱れが血行を悪くして髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなります。夏は暑さで食欲が減退して十分な栄養をとれず新陳代謝も悪くなりヘアサイクルの乱れの原因になります。

秋は夏の間の紫外線のダメージの蓄積や身体の疲れが一気にでやすく髪の毛が抜けやすくなります。ただこの季節は動物の体毛が冬毛に生え変わるのと同じで異常がなくても髪の毛が抜け落ちる量が多くなる季節でもあります。

冬は寒さと乾燥が頭皮にダメージを与え髪の毛が抜けやすくなります。抜け毛が増える原因はさまざまです。急に抜け毛の量が増えても慌てないことが大切です。まずは抜け毛の原因を考え、 解決策をたてましょう。育毛対策はその後です。

大量の抜け毛が起こる季節とは

抜け毛を引き起こす原因には幾つかありますが、季節や時期も大きく関係しています。一般に、季節の変わり目や夏の終わりの秋口に大量の抜け毛を経験することがあると言われています。

夏の終わりに抜け毛が増える理由としては、紫外線が関係しています。夏に浴びた強い紫外線の影響で、頭皮の細胞がかなりのダメージを受け、老化してしまいます。

そのため、人によっては通常の二倍ほどの毛髪が抜けることがあると言われています。この時期の大量の抜け毛を予防するためには、夏の強い紫外線を受けないよう、帽子をかぶったり日傘をさしたりすることができます。

また暑い夏には汗をかきやすく、頭皮が不衛生になりがちです。さらに夏の湿気が加わって、雑菌などが繁殖し、それによって毛髪が抜けやすくなる場合があります。

さらに季節によって抜け毛が増える別の要因として、自律神経が関係しています。簡単に言うと、寒かった冬が終わりだんだん暖かくなってくると、髪の毛を含め余分の毛を落として体温を下げようとする作用が働きます。

自律神経はこのような命令を発し、各細胞に伝達していくわけです。そのため気温が上がってくる春の時期には大量の毛が抜けてしまうことがあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加