抜け毛は男性ホルモンが原因となることがあるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に抜け毛や薄毛で悩むのは男性の方が多いですが、それは男性ホルモンの大小によるものなのでしょうか。

ここでは抜け毛の原因として男性ホルモンである可能性はどれくらいなのかについてまとめています.

抜け毛の主な原因は男性ホルモン?

一般に、男性ホルモンの分泌が多いと体毛やひげは濃くなります。それと同時に、抜け毛や脱毛が促進されやすいと考えられています。実際、男性ホルモンの影響によって、発毛の働きが抑制されると言われています。

たとえば、テストステロンと呼ばれるホルモンは、脱毛の働きがあることで知られています。一般に、抜け毛の原因として頭皮の皮脂が多いということが挙げられます。

実は、このテストステロンというホルモンが皮脂を過剰に分泌する働きをしているのです。さらに、髪の毛は主にタンパク質からできていますが、テストステロンには、その大事なタンパク質を作り出すのを抑える働きがあります。

つまり、健康な髪の毛を作りにくくしてしまうというわけです。そのためこのホルモンが原因となって、多くの男性に、比較的速いスピードで生え際が後退する、また薄毛や抜け毛、さらには脱毛といった症状が現れるようになっているのです。

もちろん、このホルモンの分泌は男性だけにあるのではありません。女性であっても年齢とともに女性ホルモンの分泌が減り、男性ホルモンの分泌が活発になってくることがあります。そのため、多くの女性が抜け毛の悩みを抱えるようになっているのです。

抜け毛の原因を知る:太い毛なら大丈夫

抜け毛が増えたとお悩みの方、実際に抜けた毛の種類を見ることでそのおおよその原因がわかるのをご存知でしたか。

結論から言うと太い毛の抜け毛の場合、それほど心配することはないのです。問題が細い毛の方なのです。というのは毛にはヘアサイクルと言って生えてから抜け落ちるまでのサイクルがあります。

毛が生えて長く太く成長しきってから抜け落ちるのが正常なヘアサイクルですが、成長しきる前の短くて弱い状態で抜け落ちた場合、ヘアサイクルが乱れている可能性があるので要注意なのです。

つまりシャンプーの際に太い毛がたくさん抜けるようになったというのはまず問題なく、細い毛や短い毛がたくさん抜け落ちるようになったら問題なのです。

今まで気にしていなかったのに、いきなり頭髪について気になるようになると、まず目に付くのがシャンプー後の抜け毛なのです。通常、人間は1日で100から200本は毛が抜け落ちるとも言われているので、太い毛の抜け毛はそれほど気にしなくていいのです。

もちろんすべての場合で100%問題ないとはいえませんし、間違ったシャンプーや不規則な生活を続けていたら今は大丈夫でも将来的に抜け毛や薄毛のリスクを高める結果となる可能性が高いので、気になった時から対策を始めるといいでしょう。

抜け毛の根元が細くなる原因

抜け毛の根元が細くなる原因には様々なことが考えられます。良い状態ではありませんので注意が必要です。毛先から毛根に向かって細くなってしまっている場合には、ストレス性の円形脱毛症や甲状腺の異常、自己免疫の機能が弱っているなど病気の前兆の可能性もあります。

毛根も針のようにとがっているなど健康状態の悪い髪の毛が、あまりに頻繁に抜けてしまう場合には、早めに内科を受診しておくと安心です。髪の毛全体が細いときには発毛から間もない若い髪が抜けてしまっていることが考えられます。

その原因のひとつとして考えられるのがシャンプーの仕方です。ゴシゴシと力を入れすぎてシャンプーしてしまうと、若い髪の毛が抜けてしまうことがあります。必要以上に抜け毛を作らないためには、優しく洗うことも大切です。

また、根元の状態を確認しておくことも大切です。正常な状態で抜けている場合、抜け毛は丸みがあって白い色をしています。それが丸みがなかったり、色が黒かったりする場合には異常な状態です。

根元にふくらみが全く無くて先細りなどといった場合には、服薬も含めて積極的な治療が必要な状態と思われます。早めに病院を受診するなどして効果的な抜け毛対策をすることが必要です。

抜け毛の原因の一つは皮脂汚れです

一度気になりだしたら不安で仕方がない抜け毛。原因は加齢や遺伝的要因などが考えられますが、ストレスや皮膚トラブルなど複数が組み合わせっている可能性もあります。

抜け毛の心配がでてきたら、毎日の生活を見直して予防をすることが大切です。まず最も大切なのがヘアケアです。頭皮に皮脂汚れが残らないようにするためには、毎日の洗髪が重要です。

シャンプーは刺激の少ないものを使い、爪を立てずに優しくマッサージするように洗いましょう。血行促進のために育毛シャンプーやシャンプー後に育毛剤を使うのもおすすめです。

髪と頭皮に負担がかからないように、カラーリングやパーマも控えるようにしましょう。どうしてもしたい場合は、刺激の少ない薬剤を選ぶようにして下さい。そしてストレスを溜めない生活をすることも重要です。

毎日の生活の中でどうしてもストレスを抱えがちですが、ストレスは髪にも影響を与えます。自分なりにストレスを発散する方法を見つけることも大切です。疲れをためないように十分な睡眠時間も確保して下さい。

外食や油っこい食事が多い方は食生活も改善しましょう。髪の毛に良いと言われる海藻や黒ゴマはもちろん、たんぱく質も積極的に摂るようにしましょう。

抜け毛の原因はタンパク質不足にある

薄毛や抜け毛は、男性だけでなく女性でも悩む人が多いです。主な抜け毛の原因には、遺伝やストレスだったり、不規則な生活や悪い食生活、睡眠不足や過度の喫煙と飲酒などが挙げられます。

特に気を付けたいのが食生活で、せっかく効果のある育毛剤を使用していても偏った食生活をしていたら意味がありません。抜け毛に悪影響な食べ物には、炭酸飲料や珈琲、インスタント食品やスナック菓子もそうですし、動物性タンパク質が多い肉類や卵などが挙げられ、過剰摂取してしまうと頭皮の皮脂が増えて毛根が弱くなってしまうそうです。

健康的な髪の毛の為には、ビタミンやミネラル、良質なタンパク質が必要になります。タンパク質は摂りすぎにも注意したいので、1日の摂取量は女性なら55gで男性なら70gが目安です。

肉や乳製品、納豆などにも含まれているので、毎食バランス良く食べられるように心掛けましょう。特に女性は、ダイエット中だとかで食事制限をしているなら注意が必要です。

男性は、肉料理の食べ過ぎや大量に食べるなら、気を付けていきましょう。他にも亜鉛を摂取することで、抜け毛予防になります。食品では鰻や納豆、牡蠣などにも含まれていますが、サプリメントなどでの摂取もオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加