抜け毛の原因を特定して改善する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抜け毛の原因となるものはたくさんありますが、抜け毛を改善するためには原因を特定して改善する必要があります。

ここでは抜け毛の原因を特定して改善する方法について詳しくまとめています。

抜け毛の原因は遺伝的要因なのか

抜け毛の原因のひとつが男性型脱毛症(AGA)で、男性の約半分、女性でも10〜20パーセントの人がいずれ発症するといわれています。

男性型脱毛症は男性ホルモンのジヒドロテストステロンが増えることや遺伝的要因によって引き起こされることが多いようです。

抜け毛が遺伝するということについては、解明されていない部分も多いですが、大きく影響しているということは言えるようです。親族に抜け毛に悩んでいる人がいるようなら、毛髪のケアなど気をつけるに越したことはありません。

ただ、抜け毛はどの年代にもみられるもので、若いうちにブリーチなどで頭皮を傷めて原因を作ってしまうこともあります。日々の紫外線の影響も無視できません。

また食生活や睡眠、喫煙習慣なども原因となる可能性があります。女性であれば過度のダイエットやストレスが引き起こしていることもあり、要因は人によって様々であるといえます。

あまりに抜け毛がひどくて真剣に悩んでいる人は、遺伝だからと諦めてしまわずに頭髪治療の専門医院などで相談してみると良いでしょう。

カウンセリングを受ける中で、自分の日常生活の中にひそむ意外な原因がわかり、治療計画をたてることができるかもしれません。

父の抜け毛が多い原因についての考察

父親というのはある程度の年齢になってきますと抜け毛に悩まされるようになるものです。特に中年以降になりますとその傾向は段々と強いものになっていきます。

どうして父親というのは抜け毛が多いものなのでしょうか、その原因について考察してみますと、やはりストレスが原因であるということが多いです。確かに物理的に考えてみますと、母親の方が髪の毛が長い場合がほとんどですから、母親の方が抜け毛が多くたって不思議ではありません。

しかしやはり男性である父親の方が抜け毛が多いのは何故でしょう。その一番大きな原因は毎日毎日会社に行って肉体を酷使して働かなければいけないという点にあります。

特に最近の日本はとても不景気ですから、男性である以上毎日ある程度は残業をしたり、時には休日出勤等をする必要だって出てくるでしょう。その過労によるストレスが積み重なって抜け毛というのは増えていくのです。

それからストレスが溜まりますと人間というのは日常生活で行う様々な動作が乱暴になるものです。なので櫛で髪の毛をとかす場合も乱暴に頭皮を傷つけるような強さでとかす場合も多くなってくるのです。

乱暴な櫛の使い方をすることによってますます抜毛が増えるという悪循環になっているのです。

ダイエットも抜け毛の原因になります

女性は特にダイエットをしている人も多いですが、それも抜け毛の原因になると言われたらどうでしょうか。

運動メニューを中心にして食事はそれほど以前と変わらないというのであればむしろ健康的でいいのですが、良くありがちな食事量を減らして行う場合ですと、栄養不良で頭皮まで栄養が行き渡らずに毛が抜けてしまう事があるのです。

基本的に食事の栄養素は生命維持に使われる心臓や内蔵などを優先して使われていくので、爪や髪などは後回しになります。ダイエットをすると食事内容が例えば野菜だけや果物だけと偏ってしまいがちです。

たんぱく質が不足すると髪を作る事ができなくなりますし、ミネラル分も補給しないとそもそもたんぱく質も作っていけないという事になります。ビタミンも髪を作っていくのに必要な栄養素ですから、体重を減らして綺麗なボディラインにしていくのも重要ですが、しっかりと栄養も補っていかないといけません。

食事量を減らして体重が一時的に減ったとしても、リバウンドに悩む人も多いです。そうなると、抜け毛が増えて体重も増えたという悲惨な結果になりかねません。もしもダイエットをしたいなら、体に負担をかけないように内容もしっかりと考えて行いましょう。

抜け毛の原因と改善効果のあるツボ

健康な髪の毛をつくるためには地肌が清潔で、その下にある血管から栄養が毛母細胞にきちんと栄養が届けられていることが必要です。

加齢やホルモンの影響の他、ストレスや栄養の偏りは血行を妨げるため抜け毛の原因になります。睡眠不足や刺激の強いヘアケア製品も誘発原因の可能性があります。

このような生活習慣の他、季節の影響もあり、とくに夏場は皮脂の分泌が激しくなるため、毛穴をふさぐことで抜け毛を増やしてしまいがちです。頭のてっぺんにある百会は抜け毛を減らすために効果があるツボです。

指の腹で数秒、強めにリズムをつけて押すことで血行が促進され、新陳代謝のサイクルを改善します。また首の後ろ側の左右にある天柱も筋肉をほぐし、頭全体をやわらかくして気の流れを良くする作用があります。

胃腸の調子が弱かったり、ホルモンの乱れを感じる場合は足裏のくぼみにある湧泉も有効です。体内環境を管理するのに重要な副腎に働きかけ、間接的に抜け毛軽減をサポートします。

ツボは気持ちいいと感じる程度まで少し強めに押します。お灸で温めると周囲の血行が促進されるので更に効果が高まります。1度限りでは目に見えての改善効果は得られないので、継続することが大切です。

抜け毛の原因を知ってサプリメントを補おう

最近抜け毛が増えたと思ったら、慌てずに早めに予防対策をすることが重要です。頭皮の環境を整えるためには毎日の洗髪がかかせません。

シャンプーをする時はマッサージをするように丁寧に洗い、皮脂汚れをしっかりと落としましょう。特にすすぎはシャンプー剤が残らないように十分に洗い流す必要があります。

抜け毛の原因として洗髪と同じぐらいに重要になるのが食生活です。外食や脂っこい食事は極力控え、飲酒や喫煙も控えるようにして下さい。食事は3食バランス良く食べることが基本です。

育毛のためにはたんぱく質、亜鉛、ミネラルが必要になります。大豆製品や白身魚、鉄分を多く含む食べ物(ひじき、レバー、まぐろなど)を積極的に食べるようにしましょう。

アボカド、オリーブオイル、アーモンドなどビタミンEも過酸化脂質の精製を抑制する栄養素になります。毎日忙しい方は自炊を続けるのが難しいと思います。そんな時はサプリメントを飲むこともおすすめです。

髪の育成に必要な成分の入ったサプリメントを常に持ち歩けば食生活が乱れた時に重宝します。ただし、サプリメントはあくまで補助食品ですので、なるべくバランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。

抜け毛の原因にもなる洗髪

皮脂など頭皮の汚れや生活の中で髪についた汚れやほこりを取るためにも洗髪は欠かせないことであり、それがひいては抜け毛を防ぐことに繋がると考えている方もいるはずです。

確かに頭皮や髪を清潔に保つことは抜け毛対策には重要です。しかし、その洗髪が抜け毛の原因にもなることがあるので注意しなければいけません。

どういうことかというと、髪を洗う時にはほとんどの方がシャンプーやコンディショナー、リンスなどを用いるはずです。

この時、きちんとこれらをすすぎ落としていれば問題はないのですが、もしも、すすぎ残しがあった場合、それが毛穴を詰まらせてしまったり、細菌を繁殖させるエサになってしまいます。

またシャンプーには汚れや皮脂を落とす成分が入っていますので、毎日使うと頭皮に必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮の乾燥によって抜け毛を増やすことにもなります。

髪を洗い終わった後のタオルドライもごしごしと乱暴に行うと頭皮や髪にダメージを与えてしまうので注意が必要です。

頭皮や髪の毛を清潔に保つことは重要ですが、上記のような理由から過度な洗髪は逆に抜け毛の原因となることもあるのです。

ですので、シャンプーを使うのは2、3日に1回程度、すすぎ残しがないように丁寧に洗うことを心掛け、タオルドライでは優しくマッサージをするように水分を拭き取るように気を付けましょう。

抜け毛の原因をチェックしていきましょう

何となくでも抜け毛が気になると思ったら、まずは頭皮の状態などもチェックしていきましょう。様々な原因が挙げられますが、よく言われているのは食生活が不規則で栄養バランスが取れていないという事や、仕事などが多忙で睡眠不足になりがちなどの生活習慣の乱れです。

どちらとも頭髪を始め自分自身の体を作っていくには大切な要素ですから、これまでの生活を一度見直していく必要があるでしょう。美しい髪を作るにはたんぱく質とミネラルが必要です。

もちろんそれ以外の栄養素もたっぷり取りたいですから、外食が多くなりがちの人などは、何を食べてきているのか良く考え直しましょう。近年はストレスも溜まりやすいと言われているので、心身に影響を与えて抜け毛が増えてしまうという事もよくあります。

ホルモンバランスの乱れも抜け毛の原因になります。あまりにも忙しい生活を送っていると自覚があるなら、リフレッシュする時間を作ったり、一時間でも早めに眠るようにしてみるといいでしょう。

実際に抜けた毛があるならそれの状態を見て大まかな原因を考えていくのもいいでしょう。毛根に汚れが付いていたり、毛が細くなっていたりすると栄養が届いていない場合もありますので、原因をよく確認して対策を行いましょう。

ヘアケアの目安と抜け毛の原因について

抜け毛が進行すると髪に力がなくなる・髪が細くなる・生え際や頭頂部に地肌が見えてくるなどの症状が現れます。そのような症状が出てきたら、何らかのヘアケアを行う目安です。

もちろん髪や頭皮に異常がない時から予防することも効果的です。抜け毛には様々な原因が絡んでいます。バランスの悪い食生活・遺伝的な男性ホルモン・ストレス・不適切なヘアケア、紫外線・冷え性・喫煙・過度の飲酒・不規則な生活・睡眠不足などが主な原因です。

髪の主成分はタンパク質です。髪を健康に保つためには、タンパク質・ビタミン・ミネラルをバランスよく摂取することが必要です。また細胞分裂や再生に欠かせない栄養が亜鉛です。亜鉛が不足すると髪の成長が遅くなり、抜け毛が増えてくるのです。

遺伝的な男性ホルモンやストレスも抜け毛に大きく関わっています。髪を洗わずに放置したり、髪を洗い過ぎてもいけません。キューティクルは紫外線でもダメージを受けますし、喫煙や冷え性による血行障害が原因の場合もあります。

過度の飲酒は肝臓に負担がかかりますので、髪に十分な栄養が届かなくなります。髪は夜に成長するので昼間は成長しません。従って不規則な生活や睡眠不足は抜け毛の原因となるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加