白髪に育毛剤を使用しても問題はないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛の薄毛や抜け毛に悩んでいる人は30代から40代の人が多いような気もしますが、60代以上の人でも悩んでいる人は多く、その場合は白髪が生えていて気になる人も多いです。

ここでは白髪に育毛剤を使用しても問題ないのかどうかについてまとめています。

育毛剤で白髪もケアできる

現在、育毛剤は男性用だけでなく、女性のための育毛剤も数多く販売されています。薄毛や抜け毛のケアができるだけでなく白髪ケアができるなど、歳を重ねてもいつまでも若々しくいたいと願う女性の救世主ともなるアイテムです。

また、手ごろな価格で購入できるものも多く、お金をかけずに効果をきちんと実感したいという女性にもおすすめです。今、薄毛や抜け毛で悩む多くの女性から圧倒的な支持を得ている育毛剤は、スキンケア発想で頭皮ケアができるなど様々なメリットがあります。

抜け毛や薄毛を改善できるのはもちろんのこと、白髪までもケアしてハリやコシを与えてくれます。30歳を過ぎた頃から多くの女性が、自分の髪にボリュームが無くなってしまったとの悩みを抱える方も少なくありません。

しかし、効果の高い育毛剤を使用することで、短期間で髪にハリやコシを取り戻し美しい髪へと導くことが可能です。また、カラーリングやパーマで髪が傷んでしまったという方でもスキンケア効果のある育毛剤であれば、髪をいたわりながらケアすることができるので安心です。

女性特有の年齢による髪の悩みだけでなく、ストレスやダメージによる抜け毛や薄毛にも対応することができる点も魅力です。

発毛剤と白髪について

髪の毛は年齢とともに変化があらわれます。髪の毛が薄くなる人や白髪になる人がいますが、白髪になる原因と薄毛になる原因には違いがあります。

薄毛には男性ホルモンの影響があります。髪の毛が薄くなるのはこの男性ホルモンが毛根に影響して血行不良を起こしてしまうことが原因です。髪の毛にはヘアサイクルがあり、成長期間が長ければそれだけ太く強い髪の毛が育ちます。

これは正常なヘアサイクルなのですが、血行不良が起こることで髪に十分な栄養がいきわたらずにヘアサイクルが乱れてしまうのです。その結果髪は十分に成長する前に抜けてしまったり、細く弱い髪の毛になってしまい薄毛になります。

白髪の場合は髪の毛の色素をつくるメラニン色素が影響しているのです、そのメラニン色素をつくりだすメラノサイトの数が徐々に減少していくことで発生するのです。これらは髪の毛の栄養を送る頭皮の血行に大きく影響していますが、やはり髪が育つには栄養が必要なのです。

薄毛になってしまった場合など、この血行不良を発毛剤でなおすことでヘアサイクルを正常に戻すことができるのです。なにもしなければ戻りません。きちんと発毛剤ヘアケアを行うことと、継続的に使い続けることです。

50代から始める発毛剤

一般的に人は加齢で老化を引き起こし、体の様々な部分で変化を感じたり、頭皮は白髪や薄毛が目立つ様になります。

50代になれば毛が薄くなるのは当然ですから、何も対処しない人も珍しくはありませんが、一方にはボリュームを求めて努力する人もいるので、この条件に対応した発毛剤が販売される状況です。

飲む種類の発毛剤は、血流に成分が乗って全身に働きかけますが、内臓に負担をかける欠点があるので、50代ではリスクが伴う方法です。また、長く薄毛を放置してしまうと、毛根の休止期間が長くなるので、成長力に異常が発生する場合があります。

僅かでも毛根に希望があれば、体に合った発毛剤の使用で、50代からでも回復を目指す事は可能です。大切なのは発毛剤の選択と使用で、医学的に認められる製品は限られますから、選択肢は必然的に絞り込めるといえます。

問題は使用方法ですから、リスクを無視せず考えるのであれば、発毛剤に詳しい医師を訪れる事が前提になります。若い頃は多少の無理が出来ても、50代は病気のリスクを抱える年齢です。

薬は何らかの作用で働きかけますし、サプリメントとは異なりますから、治療薬を選ぶ時は医師の存在が不可欠です。症例と対処の経験が豊富な医療関係者なら、薬選びでも頼りにする事が出来ます。

毛染めも薄毛の大きな原因に

お洒落目的で毛染めをする人も多いようですが、髪の毛を染める際に使用する薬剤によって頭皮が刺激を受けてしまい、薄毛を引き起こすことがあります。

薄毛というと男性が発症するイメージが強いのですが、毛染めが原因の薄毛は女性にも多く見られます。白髪染めのようにどうしても行わなければならない場合は別ですが、なるべくなら頭皮に負担をかけないようにする必要があります。

白髪染めの場合でも、自然由来の成分で染め上げる方法を取り入れている美容室を探したりして、自分なりの対処法を見つけることが大切です。

染めることを止めても、一度ダメージを受けた頭皮が元の状態に戻るまでには少し時間がかかります。回復するまでの間は極力刺激を与えないようにすることが重要ですので、シャンプーも育毛用に切り替えます。

パーマなども行わず、頭皮のコンディション作りに必要なビタミンAやビタミンCなどの栄養素を積極的に摂取します。ケアを続けていって肌本来の力を取り戻すことができれば、髪の毛の成長も力強くなり、新しい髪の毛もどんどん生えてきます。

本来なら太く丈夫に成長していくはずの成長期にあたる髪の毛が抜け落ちてしまうような状況もなくなりますので、改善、予防ともに効果があります。

薄毛や白髪に悩む女性は頭皮の環境改善を!

薄毛や抜け毛に悩む女性が急増しています。また昔は中高年の悩みであったはずの白髪の悩みも、20代30代といった若い年代層に広がってきています。

女性の髪の悩みの原因として共通するのは、正しく頭皮をケアできていないことです。髪の毛のケアはしっかり行うものの、頭皮はあまり気に留めない人が意外と多いのです。

理容店などでスコープによる頭皮チェックをしてもらうと、乾燥していたり、洗い残しで汚れが付着していたり、何かしらのトラブルが見つかります。頭皮の老化は髪の老化に直結します。

頭皮の環境を改善することが何よりも大切です。男性の薄毛とは違い、女性の薄毛は加齢に関係なく、多くの場合は自宅でのケアで改善が可能です。まずは毎日の生活の見直しです。

食事や生活習慣、ストレス、シャンプーのやり方などに問題がないかチェックしましょう。頭皮の環境が悪くなると、髪にコシやツヤがなくなったり、髪が生えにくくなったりします。

食事の栄養バランスを整え、ストレスをためない生活を送るとともに、薄毛対策用のシャンプーを使用したり、育毛剤や頭皮用エッセンスで保湿と同時に栄養を与えることにより改善が見込めます。

加齢による白髪を完全に防ぐことは不可能ですが、普段から予防を心がけることで、発生をある程度遅らせることは可能です。

こちらも食生活など生活環境に注意することと、オイルを使って頭皮のマッサージをすることで、通常のシャンプーでは落としきれない毛穴の汚れなどがきれいになり、白髪の予防につながります。

最近は女性向けの頭皮ケアアイテムが次々に発売されるようになりました。上手に選んで美しい髪を育てましょう。

毛染めは抜け毛の原因となるか

薄毛や抜け毛で悩む人の中には、毛染めによって悪化させてしまうことを心配することがあります。そのため、白髪が増えてきても絶対染めないと決めています。では毛染めは抜け毛の原因になるのでしょうか。

結論から言うと、毛染めが抜け毛の直接的な原因になることはないようです。髪の毛が減ることの原因は頭皮の中で健康的な髪の毛が作りだされないことによります。

何らかの理由で髪の毛がだんだん細くなり、産毛のような細くてコシのない毛が生えるようになります。髪の毛は頭皮内部で作られています。髪の毛を製造する過程に問題が生じ、脱毛や薄毛が生じます。

カラー剤は頭皮だけでなく、毛髪に作用するので髪の毛を生成する過程に影響を及ぼすことはないとされています。 カラー剤が身体にまったく無害かどうかとなると、別の問題であり、まだはっきりしたことはわかっていません。

どうしても気になるなら、染める前にシャンプーをしないことです。髪のスタイリング剤が残っているなら、頭皮ではなく髪の毛そのものだけを洗うようにしましょう。

頭皮から一センチ先から洗うイメージです。こうすることで頭皮に体内からの脂分をあえて残すことができるので、頭皮を保護します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加