リアップやチャップアップ等の育毛剤に含まれる有効成分の効果を最大限に活かす使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤には様々な種類がありますが、自分自身で使用する場合は何よりも育毛剤に配合されている成分を見ることをおすすめします。

ここでは育毛剤に含まれている成分の解説をまとめています。

育毛剤は原因を判断した上で成分を確かめてから購入しましょう

育毛剤には様々な有効成分が含まれています。男性ホルモンの抑制、毛細血管の拡張、毛母細胞の働きに必要な栄養素の補給、皮脂分泌の抑制、保湿、消炎、抗菌、抗酸化など多くの働きを期待することができますので、まずは含まれている成分をチェックしてみることが大切です。

育毛剤を選ぶ際には最初に頭皮の状態をよく調べましょう。頭皮の状態が分かると薄毛の原因が見えてきますので、あとは何が必要なのかを判断するだけです。

皮膚に負担をかけない程度であれば育毛剤を複数使用してOK

年代によっても薄毛になる要因は異なりますので、年齢で考えることも必要です。色々な効能を求めている時には、異なる成分の含まれる育毛剤を複数重ねづけしても問題ありません。

皮膚に負担をかけなければ複数を一度に使用しても大丈夫ですが、負担がかかってしまう場合があるので、基本的には1つか2つに絞り込んだ方が安心です。

最近では様々な商品が売られていますので、選び方を知らないと長時間悩むことになります。基本的には自分の薄毛の症状に合ったものを探しだすことがもっとも大切ですので、あらかじめ薄毛の要因を特定しておくことが重要です。

含まれている成分が同じであっても、商品によって含有量は異なります。含有量が多い商品は、その分効果も高くなると言えるでしょう。

育毛剤に含まれるおすすめの成分

育毛剤に含まれている育毛成分の効能は十種類ほどに分類できると言われています。その中でもおすすめの男性ホルモン抑制剤、血管拡張剤、保湿成分、抗酸化剤のそれぞれの働きについて説明します。

まず、男性ホルモン抑制剤です。一般に、男性ホルモンは酵素によって変換され、脱毛ホルモンが生成されることになります。

この男性ホルモン抑制剤によって、脱毛ホルモンを生成する酵素の働きを抑えることができるため、育毛にたいへん効果があると言えるのです。

また育毛剤には血管拡張剤も含まれています。これは頭皮の血行を良くしたり血流を促したりする働きをしています。その結果、頭皮や髪に十分な栄養を供給することができるようになります。

保湿成分と抗酸化剤が育毛に必要な理由

さらに、育毛剤に配合されている非常に重要な成分の一つは保湿をする成分です。頭皮にとって最も大きなダメージとなるのは乾燥です。

頭皮が乾燥すると、代謝は悪くなり、結果として脱毛を引き起こすことがあるからです。そこで育毛剤を選ぶ際におすすめなのは、高い保湿効果を謳っているものです。

加えて、抗酸化剤も育毛には必要なものです。毛穴が酸化すると頭皮の老化は速まります。この点、抗酸化剤は毛穴の酸化を抑えたり活性酸素を抑制したりする働きをしてくれます。

このように成分によって働きが違うので、自分の症状に合った成分が豊富に含まれている育毛剤を選びましょう。

育毛剤の有効成分をより活かす使い方

そもそも育毛剤とは、今ある毛髪に対して働きかけ、それが抜け落ちるのを予防するものです。また髪の成長を促進させることを目的としています。

ですから使用し続けることで、抜け毛の進行、それによる薄毛を防止することが期待できます。育毛剤に含まれている有効成分は商品によって異なります。

一般的には、血行促進剤や毛母細胞活性剤、抗炎症剤や頭皮に潤いを与える成分などが含まれています。また男性特有のAGAと呼ばれる薄毛には男性ホルモンの分泌が深く関係しています。

そのため、AGA専用の育毛剤には抗男性ホルモン剤が配合されていることが多いです。しかしこうした有効成分が含まれているからと言って、育毛剤は何気なく使用していたのでは、その効果も半減です。

目に見える効果を得るためには、期間をかけて根気強く、正しい使い方で使用することが求められます。

育毛剤を使用するタイミングや塗布の仕方

使用するタイミングとしては、夜の洗髪後が最も最適です。せっかく有効成分に血行促進剤が含まれているので、それを助けるような頭皮マッサージをシャンプー時や育毛剤を塗布する際などに行うと、より効果的です。

抜け毛や薄毛が気になる部分にだけつけるのではなく、それらは頭皮全体が不健康なために起きていると考えられますから、最初は気になる部分につけ、そこから頭皮全体に広げるように塗布していくのが良い使い方です。

また指定されている量以上を使うのは、かえって頭皮の毛穴を塞いでしまうことも考えられるため、良くない使い方です。

ミノキシジル以外にも有効成分が入っているリアップ

発毛効果が非常に高いことで有名なのは、多くの発毛剤などに使われているミノキシジルと呼ばれる成分です。ミノキシジルにはたいへん強い発毛力があることで知られています。

ミノキシジルは休止状態にある毛包を初期の成長期にある毛包へと回復させることができ、さらに後期の成長期へ移行するよう促したり、その状態を維持したりすることができます。

これと同じ成分を配合しているのがリアップです。リアップが選ばれる一つの理由は、リアップにはミノキシジルに加えて三つの成分がプラスされていることにあります。そのため、これらの成分による相互作用が期待できるようになっています。

ミノキシジルと相互作用が期待できる成分とは

その成分の一つはトコフェロール酢酸エステルと呼ばれるものです。これは抗酸化作用を持っており、頭皮のかゆみや炎症を抑える働きをするものです。

また、頭皮のかゆみを沈めてすっきりとした清涼感を与えるメントール、さらには毛細胞に必要な栄養を補給し活性化を促すパントテニールエチルエーテルと呼ばれるものです。

これらの成分が相互に働いて、より良い頭皮環境を作り上げることができるようになり、結果としてより一層高い発毛効果が生み出されているのです。

チャップアップに含まれる有効成分の効果の違い

育毛剤を購入する時、やはり気になるのが含まれている成分です。どのような成分が含まれていて、またその成分がどのような働きをするかチェックする事により、育毛剤を購入する参考になるでしょう。

人気の育毛剤チャップアップには44種類もの有効成分が含まれています。この44種類の成分は、それぞれ発毛をサポートする効果に違いがあるのが特徴です。

チャップアップにバランス良く配合されている成分について

ジオウエキスやニンジンエキスは、頭皮の血中を改善する作用のある成分です。頭皮の血行が良くなる事で、毛根に発毛を促す栄養をスムーズに届る事ができます。

この他にも皮脂分泌を抑えるダイズエキスに、抗糖化を抑制するウメ果実エキス、AGAの原因となる5αリアクターゼの生成を抑える、オウゴンエキスやチョウジエキスなども含まれています。

チャップアップには、頭皮の環境を整える成分の他に、男性に多いAGAの予防にも有効な成分が含まれている為、発毛を実感する方が多いのです。

また、チャップアップに含まれるセンブリエキスは細胞の分裂を活性化する成分として知られています。毛包にセンブリエキスを浸透させる事で、髪を作る細胞をスムーズに作り出す事が可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加