最新の育毛剤の方が効果は高いのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤は毎年のように新しい製品が販売されていますが、それは研究の結果新しい育毛成分が発見された結果によることもあります。

ここでは最新の育毛剤の方が既存のものよりも効果は高いのかどうかについてまとめています。

育毛剤で最新の発毛成分とは

今まで育毛剤の主成分としてメジャーだったのはミノキシジルと呼ばれるものでした。ミノキシジルはもともと別の病気の治療に使用される成分だったのですが、副作用で葉羽毛効果がある事がわかり、その後臨床実験を経て育毛剤に使用されることになった薬です。

ただし育毛効果は高いのですが、強い薬のため副作用も強く、頭痛や肌がかゆくなるなどの症状が報告されています。そうした中最新の発毛成分としてミノキシジルに変わるのではないかといわれているものにM-034と呼ばれる成分があります。

このM-034はミノキシジルに比べ副作用が少ないというメリットがあり、発毛の効果も抜け毛を抑制する効果も優秀ということで話題を呼んでいます。

この最新の育毛剤の主成分であるM-034は頭皮であるとか毛穴周辺であるとかの血管が活性化され血行を良くする事で栄養分を十分に広めるようにする血管内皮増殖因子を配合しています。

そして髪の毛の成長のメインとなる毛乳頭を直接働きかけ発毛を促す効果もあります。血行を良くしたうえで発毛を促すので、相乗的な効果で高い発毛力を持つのです。

そしてその生えてきた髪の毛に必要な栄養素まで含まれているため、発毛した後は健康な髪の毛になっているのです

発毛剤を選ぶなら最新の情報収集を

抜け毛や薄毛で悩んでいる方は老若男女を問わず意外に多いもの。抜け毛や薄毛が気になると発毛剤で何とかしたいと考える方が多いのですが、これもまたいろいろあるため自分の頭皮に効果のあるものを選ぶことが難しいのです。

最近では、調べようと思えばネットで情報を得ることが簡単になりましたが、発毛剤の研究や技術は日々進化しているため、常に最新の情報を得ることが重要です。

人気や評判の高い発毛剤でも個人差があり、効果についても長期戦と考えなければなりません。効果が現れてくるのは最低でも半年はかかると言われています。

また、発毛剤だけに頼るのではなく、食生活の見直しや睡眠時間、適度な運動やストレスを溜めない工夫なども必要です。運動や食べ物によって血行を良くすることもできるので、頭皮の環境を整えながら発毛剤を使うと更に効果がアップするのです。

とりあえずすぐに使いたいと考えているなら、口コミやランキングなどから自分の頭皮や体質が似ている方の体験や効果を参考にしてみると良いでしょう。

いまは服用するタイプのものもあり、自分で選ぶことが難しい場合は専門の医療機関で頭皮の状態をチェックしてもらい、自分にはどのような成分が効くのか確認することで安心して使うことが出来ます。

保湿成分を豊富に含む人気の育毛剤

顔や体と同様、頭皮にも乾燥は禁物です。頭皮が乾燥すると、頭皮の代謝が低下し、結果として抜け毛や脱毛といった症状を引き起こすことがあります。そこで頭皮のうるおいを保つことが必要になります。また薄毛になる原因として、皮脂が過剰に分泌するというものがあります。

実は、この皮脂の分泌を抑えるためにも保湿が重要なのです。さらに、頭皮の乾燥によってフケが増えたり、新陳代謝が低下するため頭皮の血行が悪くなって、結果として薄毛を促進させてしまうことがあるのです。

そこで非常に人気の育毛剤と言えば、保湿成分がたっぷり入ったものでしょう。この成分によって、頭皮を柔らかい状態にしておくなら、育毛剤に配合されている大事な成分や栄養分がしっかり毛穴から浸透していくことができます。

このように保湿を促す成分が豊富に含まれている育毛剤を選ぶなら、より効果的に髪の毛にまつわる問題を改善することができるでしょう。

最近人気の高い育毛剤の多くには、ヒアルロン酸やミカンエキス、またローヤルゼリーエキスやアロエ抽出液といった天然成分が配合されるようになってきました。そのため、副作用の心配がそれほどなく、比較的安心して使用することができます。

評価も参考にしたい育毛剤

ドラッグストアや薬局に行けば育毛剤もコーナーが出来ているぐらいで、どれを購入すればいいのか分からなくなってしまうぐらいです。

インターネットのショップで探せばそれこそ同じような商品がずらりと検索する事ができますから、自分でベストなものを選ぶ方法が知りたくなってくるぐらいでしょう。

けれどもまずは自分の予算もありますからそれに合う範囲内で育毛剤を探してみましょう。人気があるものであれば評価も高いですから、使った人たちの使用感や効果なども参考にしてみて下さい。

どれぐらいの期間を利用してみたのかも記載があれば、自分がその商品を使っていく期間の目安にもなります。一般的には毛の周期がありますので、どんな商品でも最低三ヶ月程度は続けていかないと効果を感じられないと言われています。

育毛成分も近年いろんな有効成分が出てきていますので、とにかく新しいものが出来たらそれを使いたくなってしまいます。けれどもまずは続けてみようと思ったものをじっくりと長く継続していく事も育毛には必須です。

様々な評価を自分自身で比較しながら、肌に合うものかどうかや続けやすい値段かを考えて選んで、焦らずに日々の育毛ケアに励んでいって下さい。

育毛剤を利用する時には特許情報にも注目

髪の毛を増やしたいという願いを叶えてくれるのが育毛剤ですが、その育毛剤をこれから選ぶ時にはそこで使われている特許技術や成分などにも注目をしていくと良い製品が選べる場合も増えてきます。

まずそれを取得することが出来るということは、それだけ新規性や進歩性がある技術や成分でなければなりませんので、高い効果を期待することが出来るのです。

特に育毛の業界では新しい育毛成分が発見されてそれが特許になることも多く、商品によってはそれをPRしている会社もあります。なので、これから育毛剤を選ぶ時には、特許を取得している製品があったらそれに注目していくと良いでしょう。

良い育毛剤を利用すれば、髪の毛を太くしたり発毛をすることが出来るようになってきます。なので、よく商品選びを行い、自分に合った最適な商品を探すことが大切です。

ちなみに、通信販売などでは、日本国内で特許を取得したもの以外に、海外のいくつかの国でも取得した商品なども販売されています。

特に育毛の先進国であるアメリカなどで開発された商品は、高い効果が期待でき医療機関でも良く利用されている効果の強い商品もあります。現在は利用する時には医師の処方が必要だったり、個人輸入という方法でそれらの商品を手に入れることが可能です。

育毛剤を検討する時は自分のタイプを知る

初めて育毛剤の購入を検討する時、誰もが悩むのが選択肢の多さです。どの商品を選べば良いのか戸惑ってしまう方も少なくないでしょう。育毛剤には大きく分けて次の5つのタイプがあります。ご自分がどれに当てはまるかを調べましょう。

まず「血行促進タイプ」。油っこい食事が好きだったり、運動不足、ストレスを感じることが多いなど、血流が滞りがちな方はこれに当てはまります。頭皮がしっかりと伸びない方や頭皮が硬いと感じる方も、血流が悪くなっていると考えられるので、このタイプに入ります。

次に「細胞活性化タイプ」。髪の毛の成長が遅かったり、抜けた毛穴から新しい髪の毛が生えにくいと感じる方は、細胞を活性化して必要な栄養分を与えてくれる、このタイプが適しています。

「ホルモンバランス調整タイプ」は、男性ホルモンが原因だと思われる方に当てはまります。M字型・O字型の薄毛の場合は、ホルモンバランスを整える必要があります。

「皮脂分泌抑制タイプ」は皮脂が過剰に分泌されている方に適します。皮脂が出すぎると毛穴がふさがれて、毛が順調に成長しづらくなり、抜け毛の主な原因となります。

ご自分の毛をチェックして、全体的に細くなっていないか、特に毛根が先細っていないかを確認して下さい。仮にそうなっていたら皮膚の分泌が過剰になっている証拠です。

最後に「保湿タイプ」です。皮脂の過剰分泌もいけませんが、逆に乾燥も大敵です。顔や手などの皮膚と同様、頭皮も乾燥は禁物で、抜け毛が増えてしまいます。

パラパラとしたフケが多い人はこのタイプが適しています。自分のタイプを正しく知った上で育毛剤の購入を検討することこそが、症状改善への大きな第一歩です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加