育毛剤をやめた場合リバウンドするって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤は髪の毛(頭皮)に塗布することで頭髪環境を整え、発毛を促進する助けをしてくれるものですが、育毛剤の使用を途中でやめてしまった場合、使用前よりも抜け毛や薄毛が激しくなるリバウンドになってしまう可能性があります。

ここでは育毛剤使用後のリバウンドについて詳しくまとめています。

育毛剤を途中でやめるとリバウンドするのか

ダイエットのように育毛剤にもリバウンドがあると言われています。つまり、使用途中でやめてしまうとその時点での状態を維持できずに、薄毛や抜け毛の症状がさらに進んでしまうということです。

もちろんすべてのケースでリバウンドするわけではないですが、より発毛・育毛効果の高い育毛剤の場合はリバウンド率が高まると言われています。

というのにはそれなりの理由があるのです。男性の脱毛症に多いAGAの根本原因は抜け毛ホルモンと呼ばれるDHTの過剰発生です。いくら血行を促進したとしても、このDHTを抑えないことには症状の進行は食い止められません。

そこでこのDHTを抑える医薬品があるのですが、難点があります。それが一旦服用を開始し、その効果を維持したいなら、服用はやめてはいけないという点です。

毛が生えたと思ってやめてしまうと、また抜け毛が進行して元の状態に戻ってしまうというてん末なのです。もしかすると例外があるかもしれませんが、途中で挫折したほとんどの人が元の状態、もしくはそれ以上になってしまうと言います。

育毛剤はその種類によってリバウンドする確率が高まるので、使用開始の前にその育毛剤の特徴を熟知して、正しい使い方をするべきです。

育毛剤をやめたら抜け毛が復活する?

育毛剤は頭皮環境を整えるための育毛アイテムなので、理想はずっと使い続けたほうがよいです。頭皮環境は年々衰えていくので、育毛剤を使用して抜け毛・薄毛対策をしたいものです。

しかし、シャンプーやサプリなどの育毛アイテムと比較して、最も価格が高いのが難点です。1本あたり1万円程度するので、月に1本使用すると年間12万円もかかります。

それ以外にもシャンプーが必要なので、頭皮ケアの費用だけで年間15万円を超えることもあるでしょう。育毛サプリも使用する方だと、20万円以上になることが多いです。

そこで、一時的な抜け毛対策として使用するのもいいでしょう。育毛剤で頭皮環境を整えて、抜け毛がかなり減少したと感じたら、やめてみるのもいいでしょう。

やめたら一時的に抜け毛が増えることがありますが、1~2週間くらい様子を見てみましょう。それ以上抜け毛が増えないようであれば現状維持できています。

育毛剤をやめたら頭皮が硬くなることも多いですが、これは1日3~5分の頭皮マッサージでカバーできます。頭皮が硬くなる原因は、薄毛にあるわけではありません。人体の中で最も動かさない部位が頭皮だと言われているのです。

皮膚なら化粧水や美容液を使用したあとにマッサージする方が多いですが、頭皮のマッサージを行う方は多くはありません。頭皮を柔軟にするためにも、頭皮マッサージを取り入れたいものです。

やめたら無駄になる育毛剤の正しい使い方とは

ある日、鏡の中の自分の頭髪が薄くなって来ている事に気付き、ショックを受けるという男性は少なくありません。実際、男性には男性型脱毛症と呼ばれる症状がある事でも分かる様に、三十代を過ぎた辺りから、薄毛になる男性が徐々に多くなって行きます。

そしてそんな風に男性型脱毛症の発症に気付いた男性の多くは、近所の薬局等に行き、育毛剤を購入するケースが多いです。そしてその育毛剤を利用して、何とか髪の活力を取り戻し、薄毛を改善しようと試みます。

もっともそんな風に市販されている育毛剤の多くは、頭皮に塗るタイプです。なので使い方としては、きちんと育毛効果が浸透する様に、頭皮の余計な脂や汚れを取った後に、頭皮に塗り込むというのが基本だったりします。

逆に頭皮が汚れている状態で塗り込んでも、十分に効果が発揮出来ないので注意が必要です。更に育毛剤の正しい使い方として注意したいのが、一つの商品を選んだら、覚悟を決めてある程度の期間使い続ける事です。

というのも、どうしても薄毛を改善したいと焦る余り、即効性を求めてしまい、一ヶ月、二ヶ月使用したら直ぐに効果が無いと判断して、違う商品に手を出す人がいます。

ですが、育毛剤の多くは基本的に半年以上継続して使用を続けてこそ、徐々に効果を発揮する物です。なのでその前にやめたら、効果として表れる前にリセットされる事になるので、一度商品を選んだら、少なくとも半年は使い続ける必要があります。

オーガニックの育毛剤を使ってみる

オーガニックの育毛剤を使うことで、植物の力により育毛能力を高めることが出来ます。化学成分を使っている育毛剤の場合、細胞に働きかける力は薄くなっていますが、オーガニック成分を含んでいるものを使うことにより、細胞の働き自体を活発に改善できるようになってくるのです。

植物の天然成分を含んでいる育毛剤については、頭皮の状態を無理なく変えていくことが出来ます。天然成分の場合には、頭皮に負担がかからないようにゆっくりと乾燥状態や炎症状態を改善できるようになるのです。

急激に変えていくのではなく、ゆっくりと変えていくことが出来るため、リバウンドも起こりません。頭皮の状態も不安定になることなく状態を変えていくことが出来るのです。

オーガニックの育毛剤の場合には、状況をゆっくりと変えることが出来る魅力が存在しているのですが、成分によってアレルギーをおこす可能性も出てきますので、成分をじっくりと見極めるようにしましょう。

体質によって、合わない成分をお肌に使うことにより、痒みを引き起こしてしまうことになります。頭皮を過剰に刺激することにより、抜け毛の原因となりますので、合っている成分のものを選んでみるとよいでしょう。

M-1ミストは数か月経過してから効果を実感

M-1ミストは世界毛髪研究会議という毛髪に関連する研究発表の場所で、最優秀賞を受賞した育毛剤です。原因から対処するのではなくて、髪の毛にFGF-10という毛髪シグナルを送ることで、毛根の先端である毛乳頭の絨毛を伸ばして、髪の成長に繋げていきます。

絨毛の伸び率を3倍に延ばす役割をもつのが、独自成分でもある加水分解酵母エキスです。また、育毛剤ではセンブリエキス、グリチルリチン酸がよく使用されていますが、このM-1ミストには入っていません。他にトウガラシエキスも入っています。

世界的な会議で理論が認められていて原因対処型ではない、新しいタイプの育毛剤です。また、他の育毛剤と比べると値段は比較的安めの設定になっています。

効果を実感できるまでの経過は、個人差があります。付けてから直ぐに実感される方もいれば、数か月経過してから毛が育ってきたと言われる方もいます。また、逆に、残念ながらもその効果が出ないこともあります。

効果を出すためには、規則正しい生活が重用となります。また、添加物シャンプーやたばこ、睡眠時間が不規則、食事のバランスが悪いと出にくくなります。育毛剤はあくまでサポートするものですから、それを発揮させるためにも規則正しい生活を送ることも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加