飲むタイプの育毛剤のメリットについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤というと頭に直接塗りたくってマッサージなどをして浸透させるイメージが強いと思いますが、いわゆる飲むタイプの育毛剤も実は販売されているんです。

ここでは服用タイプの育毛剤についてまとめています。

飲む育毛剤の優れた効果

育毛剤といえば頭皮にふりかけて使うものだというイメージが強いですが、最近では飲む育毛剤といわれる内服薬やサプリメントが注目を集めています。飲む育毛剤のメリットは、身体の内側から育毛に必要な栄養素をダイレクトに摂取できるという点でしょう。

飲む育毛剤に使用されている成分には、主に身体の血管を拡張させて血行促進効果を得るタイプのものと、薄毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制するタイプのものとがあります。

男性も女性も飲めるタイプもあれば、女性の服用は禁止されているタイプもあるため、身体の健康のことを考えれば薄毛専門のクリニックで医師に相談しながら飲む育毛剤を利用するのがおすすめです。

市販されているサプリメントなどの利用を検討している場合は、持病の有無によってかかりつけ医に服用の相談をしたほうが安心でしょう。

含まれている成分によっては、身体のむくみや動悸、めまいなどの副作用が起こる可能性もあるため、普段の体調と様子が少し違うかなと感じたときは服用をストップしてかかりつけ医や最寄の診療所など受診しましょう。

飲んですぐに効果が表れるわけではなく、半年や数年単位飲み続けることで発毛効果を実感してる人も多いため、途中で諦めない気持ちも大切です。

服用タイプの育毛剤とは

育毛剤というと頭皮に直接塗るなどして使用するものを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、服用して使用する育毛剤もあります。ただどのような薬であれ「飲む」となると副作用が起こるのではと不安になる方もいらっしゃるでしょう。

服用タイプの育毛剤は大まかに3種類に分けることができ、いずれも外用薬と比べて高い効果が得られる反面、副作用が起こる可能性も多少ですが高くなります。

まずミノキシジル系の場合に多い副作用は頭皮のかゆみですね。場合によってはアレルギー反応による炎症でかぶれや発疹、ふけなどが起こることもあります。

まためまいや全身のほてり、多毛症、体重増加、性欲減退、頭痛、眠気、むくみ、動悸、胸の痛みなどといった副作用も確認されています。さらに元々は高血圧の治療の為に使われていたのがミノキシジルですので、低血圧になることも考えられます。

そうしたミノキシジル系に対し、フィナステリド系はそれほど強い副作用は起こらないと言われていますが、頭痛や胃痛、性欲減退などが確認されています。また医薬品ではないサプリメント系の場合は副作用が起こる心配は不要です。

服用するタイプの育毛剤は手軽に利用する事ができますが、効果が実感できるまでに時間を要しますし、上記のような副作用も考えられますので、その点も理解したうえで服用するようにしましょう。

育毛剤の仕様について

育毛剤は、大きく分けると、飲むタイプと塗るタイプの2つの仕様となります。このうち、効果が高い事で人気なのが、飲むタイプです。

飲むタイプには血管を拡張する事で血流の良い状態を作り、毛根により多くの栄養素が届きやすい状態を作るもの、そして、抜け毛やヘアサイクルの乱れの原因となる男性ホルモンを抑制するものがあります。

どちらも服用をする事で、しっかりとした効果を得られる事が多いと注目を集めていますが、医療機関に行って処方を受ける事になります。

薄毛の改善は美容目的となる為、全額自己負担になる事がデメリットとされますが、薬によってはジェネリックも存在し、ジェネリックを利用する事で、費用の軽減に繋げていく事が出来ます。

市販で多いのが、塗るタイプの育毛剤です。頭皮に直接、育毛に良い成分をつけていく為、高い効果が出ると考える人は少なくありませんが、効果には個人差があります。ただ、手軽に購入しやすいというメリットがあります。

飲むタイプでも、塗るタイプでも、共通するのが、すぐに結果が出ないという事です。育毛剤は、髪を育てていく為の薬です。ですから、効果が出るまで、半年から1年は、継続して服用、もしくは使用し続ける事が大切です。

服用するタイプの発毛剤の飲み方と効果

現在男性型進行性薄毛への効果が実証されている発毛剤には外用として塗るだけでなく、服用して体内から改善するタイプのものがあります。

脱毛が激しくなる主な原因として男性ホルモンが変化したジヒドロテストステロンが酵素の働きを受けて毛根部に作用し、毛の生育を妨げることがあげられます。

このホルモンレベルは個人差があり、頭皮部に多いほど薄毛になりやすい傾向があります。服用するタイプの発毛剤は体内においてホルモンの変化をコントロールする作用があり、AGAの初期段階で定期的に摂取すると将来的な予防も含めて高い効果が期待できます。

専門外来では更にあわせてビタミン類や亜鉛など、健康な髪を作るのに必要な栄養素を含む内服を処方することもあります。1日に1回のみ、血中の有効成分濃度を一定に保つために長期的に続けることが重要です。

最低でも1年ほどは続ける必要があります。自己流で量を増やしたり、錠剤を割って飲むのは危険ですのやめましょう。

20歳から50歳までの年齢層によく効くのが特徴で、中程度の薄毛でも現状維持することができますが、これに外用の塗り薬を併用するとさらに有効率が高くなります。女性や子供には効果がありません。

抜け毛に効果的な飲み物

抜け毛が気になり始めてきたら、まずは食生活などの生活習慣を見直してみましょう。抜け毛の原因は人それぞれありますが、遺伝だけでなく生活習慣の影響が大きいことがあります。

髪の毛はビタミンやミネラル、タンパク質などを栄養にして育つので、栄養が偏っていると抜け毛が多くなり、成長しなくなってしまいます。現代人の食生活は、脂っぽい食事や栄養バランスのとれていない食事になりがちですから、しっかりと栄養を補えるように気を使うことが大切です。

忙しくて食事に気を使っている暇がないという人は、飲み物で栄養を補うようにしましょう。抜け毛に効果的な飲み物は、100%の果汁ジュースや、ココア、豆乳などです。

100%の果汁ジュースはビタミンが豊富ですので、朝食の時に一緒に飲んだり、おやつの代わりに飲むようにするといいですね。ココアにはテオプロミンという成分が入っていて、この成分は血行不良効果があるため、頭皮の血行不良を改善してくれます。

また、ポリフェノールも入っているので、老化防止にもなりますよ。豆乳は、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが入っているので、男性ホルモンの働きが強いことで起きる抜け毛に効果的でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加