髪の毛が伸びる為の育毛剤の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛や抜け毛を改善するために育毛剤を使い始めた人も多いと思いますが、なかなか髪の毛が伸びずに悩んでいる人も多いでしょう。

ここでは髪の毛が伸びる為の育毛剤の使い方についてまとめています。

髪が伸びる育毛剤の使い方

育毛剤を使用すれば無条件に髪が伸びると思っている人は意外と多いです。実際のところ、育毛剤を使用する際には使い方や注意点に気を付けておかなければ高い効果を実感することは出来ないのです。

まず、お風呂に入った後に使用することが大切です。シャンプーをすることによって汚れや脂を落とすことが出来ます。汚れや脂が付着したままであれば毛穴がふさがってしまい、液を浸透させることが出来ないので注意が必要です。

次に全体的に塗布した後、軽く頭皮マッサージを行います。特に前頭部は強い力でマッサージすると組織を破壊したり血流を妨げやすいので、優しい力でマッサージするか、指でトントンと叩く程度にしておきましょう。

そして、育毛剤を使用した後は早めに寝ましょう。22時から0時までの間に寝ることが望ましく、髪を伸ばすためにはしっかりと睡眠をとりましょう。睡眠だけでなく、バランスのとれた食事などの生活習慣の見直しも必要です。

生活習慣は薄毛や脱毛の原因である血流と大きく関係しているので、過度なストレスを溜めこまないようにこまめにストレス発散することや、過度の喫煙や飲酒を控えること、長時間のパソコンや携帯電話の操作を避けることに注意しましょう。このような注意を守って使えば髪が伸びやすくなります。

リアップは本当に伸びるのか

リアップは現在、薄毛や抜け毛に悩む多くの男性の救世主ともなっている養毛剤です。リアップには、ミノキシジルが5%配合されており、短期間で薄くなってしまった髪を伸ばしボリュームアップさせる効果があります。

男性のためのケア商品としてリアップX5やリアップジェットがありますが、本当に髪が伸びるのかと疑問や不安を持つ方も少なくありません。

きちんと発毛や育毛の効果を実感するためには、1日2回使用を続けることが大切です。すぐに、発毛や育毛の効果を実感することができなくても諦めずに気長に1日2回使用を続けてみましょう。

ミノキシジルの有効濃度が常に毛包周辺で保たれていることが大切な条件となっており、1日2回使用することでこの条件を満たすことができます。

1日1回の使用では、有効成分のミノキシジルを有効濃度以上に保つことができません。また、1日に必要な量をまとめて使用することで、副作用のトラブルに見舞われてしまうこともあるので注意が必要です。

さらに継続使用することで、ヘアサイクルのバランスを整えることもできます。細くなってしまった髪の毛を太く成長させ、新しい髪の毛の発毛を促進する効果も期待することも夢ではありません。

抜け毛予防や髪の毛を早く伸ばすには

抜け毛や薄毛が気になりだしたりしてヘアスタイルを変えたいと思うときなどに髪の毛を早く伸ばす方法がないかと考えることがあります。

髪の毛が伸びる一般的なペースは1日に0.4mmほど、1ヶ月で約1cmほどと言われています。髪の毛を通常よりも早く伸ばすにはいくつかの方法がありますがその中に、育毛シャンプーを使う方法があります。

育毛シャンプーそのものに髪の毛を成長させる効果はありませんが普通のシャンプーとの違いは洗浄力や頭皮への刺激です。洗浄成分に地肌に負担がかかりにくくて優しいものを配合し、そのうえ抗炎症作用や血流を促進する成分が配合されています。

またオイリーやドライといった地肌の種類に分けて作られていると言うことです。育毛シャンプーの目的は抜け毛予防なので頭皮改善の成分が配合されているのです。

育毛シャンプーを毎日の洗髪に使い、地肌を傷つけないように爪を立てずに指の腹を使って優しく頭皮をマッサージするようにしながら洗うようにすることで徐々に頭皮の環境を整えることができ、髪の毛が成長しやすい状態にしていくことができるのです。

またそれと併用して、抜け睡眠不足や食生活の乱れを改善することも抜け毛予防や髪の毛を早く伸ばすためには大切なことです。

育毛のための育毛剤は症状で選ぶ

育毛剤を選ぶときには、自分の症状に合わせて選ぶようにします。薄毛の原因をとなる根本の部分を改善させることで、育毛を行うことが出来ます。

血行を促進するタイプのものは、運動不足や冷え性などが原因で血流が滞っている人が選びます。油っぽい食事が中心で、栄養が偏っている人もこのタイプを選びます。

血行を促す成分が入っていたり、頭皮が温かくなるようなものを選びます。自分の頭皮を触ってみて凝り固まっていると感じたり、頭皮が動かない人も血流が悪いので、このタイプを選ぶようにすると血行が改善されます。

抜け毛が酷い人や、O字型やM字型に脱毛をしている人はホルモンバランスを整えるものを選びます。男性ホルモンが多く分泌されていると抜け毛が起きやすく、薄毛になりがちです。

それを防ぐためにも、ホルモンバランスを整えることが出来るものを選びます。有効成分が余分な男性ホルモンを抑制してくれて、薄毛に効果的です。

一つの毛穴からなかなか髪の毛が生えてこない人や、髪の毛の成長が遅い人は細胞を活性化して、栄養補給をしてくれるものを選ぶようにします。

毛穴から髪の毛が生えてこないときや毛が伸びるのが遅いときには、細胞分裂が休んでいる状態でもあるので、活性化するように育毛剤を使って働きかけます。同時に栄養も与えて、髪の毛が伸びるスピードを上げるようにします。

育毛剤とロン毛について

抜け毛や薄毛の悩みがある時、育毛剤を使うと同時に、ロン毛にして髪の毛の状態を誤魔化しておきたいと考える人は少なくありません。

髪の毛を伸ばす事のメリットは、伸ばした髪の毛により、薄い部分を隠しやすくなる、長い事でお洒落な髪型を楽しみやすくなり薄毛の悩みを忘れる事が出来る等のメリットがあります。ただ、髪の毛を伸ばす事によるデメリットというのも存在します。

髪の毛を結ぶと、髪の毛に負担がかかる事になり、更に髪の毛が長いと、シャンプーをする時に頭皮までしっかりと洗いにくい上、しっかりと洗う事が出来たとしても、すすぎが甘くなる可能性もあります。

ですから、髪の毛や頭皮を健康な状態に保ちたいと考えた場合、髪の毛は長くない方が良い事もあります。特に育毛剤による高い効果を期待する場合、髪の毛を伸ばさない方が、より高い効果が期待出来る事も少なくありません。

ただ、抜け毛や薄毛の原因が日常のストレスという人の場合、髪の毛を短くし、髪の毛の薄い状態が気になり続ける状態というのは、大きなストレスになり、更なる抜け毛の原因となってしまう可能性もあります。その為、ストレスのない生活をしたいと考えるのであれば、髪の毛を伸ばすというのもひとつの手段です。

育毛剤は部分的よりも全体につけた方が効果的

育毛剤の正しい使い方は、洗髪、頭皮のマッサージの後、乾いた髪につけるのが正しい方法です。シャンプーをすることで、頭皮に付着している古い角質や埃、雑菌などを洗い流し、毛穴に詰まっている余分なものを除去することで、浸透力が高まります。

脱毛症の方の中には、薄毛部分や禿げている箇所など、部分的につける人がいますが、頭皮全体が不健康な場合が多く、局部的に発毛が滞っているということはありません。

もし入浴後に育毛剤を使用できなかった場合には、血行をよくするために軽いストレッチなどをしてから使用すると良いでしょう。毛髪は寝ている間に伸びるので、睡眠を十分とることも大切です。

寝不足やストレスなどは、頭皮によくないので、できるだけストレスをためないようにすることも大切なことです。育毛剤を使用していると、突然抜け毛の量が増えることがあります。これは「初期脱毛」と呼ばれるもので、特に気にすることはありません。

発毛のサイクルには、休止期に古いけが抜け落ちて、土台となる頭皮がしっかりし始めている証拠でもあるので、育毛剤の使用をやめることはせず、続けることが大事です。育毛剤も安くはありませんから、効率よく使用したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加