妊娠中に育毛剤を使用する際の注意点について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤を使用している赤みやかゆみなど、副作用が出てくる場合があり、それを不安に思う人も多いでしょう。

ここでは妊娠中に育毛剤を使用する際の注意点についてまとめています。

妊娠したときの育毛剤の使用

妊娠中や産後まもなくのころにかけて、髪の毛が大量に抜けてしまうといった悩みをもつ女性は意外と多いものです。

女性が妊娠すると、体内では黄体ホルモンの分泌が増加しますが、これはお腹の中の胎児が成長しやすいようにするため、必要な栄養を体内に蓄え、子宮内部の状態を整えるはたらきをもつものです。

このホルモンは妊娠初期に特に多量に分泌され、出産が終わると急速に減少するという性質をもっていますが、こうしたホルモンの変化によって、抜け毛といった症状が生まれやすくなるのです。

こうした症状に対応するため、育毛剤を使用して髪をもとのとおり伸ばしたいという欲求は当然生じるものですが、その際には育毛剤の成分に十分な注意を払うことが必要です。

医薬品として流通している育毛剤のなかには、妊娠中の女性が使用することによって、その有効成分が胎児にも吸収されてしまうおそれのあるものが含まれています。

特に、男性ホルモンが関与している男性型脱毛症に対応した育毛剤などをあやまって使用してしまうと、女性には効果がないばかりか、胎児に生殖器関連の奇形をもたらすという危険性もあります。

特に、海外で流通している有効成分の量が多いものについては、取り扱いにより注意することが肝心です。

発毛剤とその効果、妊娠中について

女性の薄毛は主に女性ホルモンの減る40〜50代の女性が多かったのですが、妊娠する可能性のある30〜20代の若い女性にも増えてきています。

これは、食生活の偏りや過度なダイエット、カラーリングやパーマなどでの髪へのダメージ、間違ったヘアケアなどによるものです。このように女性の薄毛に対して効果のある発毛剤も販売されています。

女性の薄毛は主に女性ホルモンによって左右されます。そのため妊娠中は女性ホルモンの影響によって抜け毛が減りますが、産後に引き止められていた休止期が来て脱毛してしまう産後脱毛などが起こってしまうのです。

女性用の発毛剤の多くは、栄養面を改善するものが多く、頭皮環境を良くするための保湿成分や女性ホルモンと似た働きのする大豆イソフラボンなどの成分が低刺激でマイルドに配合されているのが主流となっています。

このように女性の薄毛を改善するためには、女性ホルモンが重要となります。そのため、体の内側から女性ホルモンを出しやすくする食材や似た働きのする大豆イソフラボンを摂取することも効果的となります。

また、頭皮環境を良くするために正しいシャンプーや髪の毛の乾かし方をしり、マッサージなどで血流を良くすることなども効果的です。

発毛剤の副作用と妊娠への影響

発毛剤の副作用は特に内服薬で問題になりやすいです。日本において、内服用の発毛剤として有名なものとしては、プロペシア(フィナステリド)やアボルブが挙げられます。

プロペシアやアボルブは、男性ホルモンのテストステロンが体内の末梢組織でジヒドロテストステロンに変換される時に必要な酵素である、5αリダクターゼを阻害します。

男性ホルモンは主にジヒドロテストステロンとして効果を発揮するので、結果として男性ホルモンの働きを抑え、これが男性型脱毛症(AGA)に対して効果があるのです。

男性ホルモンの働きを抑えるということは、ホルモンバランスの乱れを引き起こすので、副作用も発現します。その1つとして、精子数の減少と精液の減少が挙げられます。

精子数が減少するということは、やはり妊娠の確率も減少してしまうので、不妊症の原因ともなり得るのです。妊娠を希望される夫婦の旦那様には、プロペシア、アボルブの服用は控えて頂いた方がいいでしょう。

妊娠を希望される場合でしたら、リアップなどの頭皮局所的に作用する、外用薬の使用をお勧め致します。

発毛剤として使用される外用薬のほとんどは血行をよくする薬ですが、例え吸収され、全身的な影響が出たとしても、血行促進効果は精子の生成にも好影響を及ぼすので、悪影響はありません。

妊娠が原因で薄毛になる?

妊娠が原因で薄毛になる事はあります。妊婦さんははホルモンのバランスが乱れたり、つわりで栄養が不足したりして薄毛になる事がよくあるのです。これは女性特有の症状です。

ただこの状態がずっと続くわけではありません。後期になると、ホルモンバランスが落ち着くので髪の毛がもとに戻ってくることが考えられます。

また、出産後も一時期ホルモンバランスが乱れて薄毛になる事はありますが、すこし時間がたてば元に戻るので心配はいりません。だいだい一年もすればほとんど元通りになります。

あまり薄毛について悩み過ぎるとかえってストレスになるので深く考えない方が良いです。妊娠中はストレスは厳禁ですので、気分転換を心掛け楽しく過ごすようにすることが大切です。

食事は、たんぱく質を十分に取ったり、緑黄色野菜も十分に取りましょう。全体的に、栄養のバランスの良い物を食べて気楽にすごすようにしましょう。産後一年たってもなかなか髪の毛が元に戻らないようであれば、医師に相談するようにしましょう。

また高齢出産の人はホルモンバランスが悪く、妊娠中に薄毛になった場合に元に戻るのが若干遅い傾向はあります。栄養と休息を十分に取るようにこころがけたいものです。

妊娠初期に起こる抜け毛の原因は

妊娠すると赤ちゃんを体内で育てるために、体のさまざまな部分が変化します。生理予定日から1週間後をすぎたころから、妊娠4か月目ぐらいまでの間、妊娠初期という時期に入ります。

この頃起こる症状でよく知られているのがつわりです。つわりの原因ははっきりと解明されていませんが、ホルモンバランスの乱れによるものといわれています。他にも頭痛や腰痛、肌荒れなども妊娠初期症状といわれるものです。

この時期に抜け毛を経験する妊婦がいます。妊娠中は黄体ホルモンであるプロゲステロンが分泌され続けますが、この黄体ホルモンには、髪の毛の成長を手助けする、生え変わりのサイクルに関わるホルモンです。

本来、髪の毛の成長を促す働きをするものなのですが、妊娠中ホルモンバランスが崩れることで生え変わりのサイクルも乱れてしまうことが起こります。

このサイクルの乱れによって、生え変わり時期が少し早くなり、抜け毛の症状が出てしまうということなのです。逆に、このサイクルの乱れで生え変わり時期が遅くなる人もいます。

どちらかというと生え変わりが遅くなる人が多い、といわれているため、妊娠初期に抜け毛症状が出ることに驚く人が多いのです。

赤ちゃんには影響がありませんし、出産後1年以上続くことはないといわれています。ストレスも抜け毛の原因になるので、妊娠中は深く考え込まずに割り切ることがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加