育毛剤の効果を高める為に出来る事とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛や抜け毛で悩んでいる場合は育毛剤の使用を検討する人が非常に多いと思いますが、育毛剤の効果には個人差がありますし、なかなか効果を実感できない事も多いでしょう。

ここでは育毛剤の効果を高める為に出来ることについてまとめています。

薄毛や抜け毛に育毛剤を塗るのが効果的でおすすめ

抜け毛や薄毛が気になりはじめると、育毛剤などが気になりますよね。髪が本当に生えるのかと不安に思っておられる方も多いかと思います。育毛というだけあり、使うとすぐに生えてくるというものではなく、長い目で使用することをおすすめします。

また、男性だけではなく、女性も薄毛で悩んでいる方もおられます。不規則な生活習慣やストレスなどによって頭皮に負担がかかり、抜けてしまったり、生えにくくなってしまいます。

その頭皮から、毛が抜けていくことを防ぎ、髪の毛が生えるように、また生えている髪を成長させる効果があります。毛穴の汚れのつまりも原因の一つとされているので育毛剤の効果を見ながら、選びましょう。

また、男性用、女性用と種類も様々ですが、かぶれなどの影響がない限りは続けることが大切です。すぐに効果があらわれなくても、焦らずに根気よく使い続けてみましょう。また、なるべく、頭皮に刺激を与えないようにすることも大切です。

髪の毛を染めている人はヘナを使った植物性のものにする、帽子をかぶることで頭が蒸れてかゆみがでてしまうので、帽子を被らないなどの工夫も大切です。

同時に不規則な生活習慣を改める、ストレスを発散させるなど、自分で出来る範囲のことも行いながら、育毛剤を使うことによって、より頭皮や髪の毛の改善へと繋がります。

育毛剤の使いすぎは逆効果である

適度に行うのが1番良いとわかっていながら、より高い効果・より良い成果を得たいがために育毛剤を使いすぎてしまう方は多いのでは。しかし1日にたくさん使うとかえって逆効果です。

頭皮のかゆみやかぶれを引き起こします。このようなトラブルが起こるのには、育毛剤に含まれている成分が関係しています。

ほとんどの育毛剤にはアルコールが配合されてます。殺菌・抗菌作用、揮発性のためなのですが、アルコールにも色々な種類があり、中には刺激が強いものもあるので注意が必要です。典型的なのが「プロピレングリコール」です。

略して「PG」と表記されることもありますが、その刺激があまりにも強ことで問題視されています。海外製のものだと、ほとんどの商品でこのプロピレングリコールが使われています。

「刺激が強ければ育毛効果も高い」と考えている方もいらっしゃるでしょうが、刺激の強さと育毛には大した関係はありません。プロピレングリコール入りのものを使用しても高い育毛効果が得られるとは限りません。海外商品の中にも「刺激は強くても肝心の育毛効果が得られない」ものが実際に販売されています。

また、育毛剤には「ミノキシジル」という成分が含まれています。毛母細胞と言って、髪の根元にある細胞の分裂を活性化させ、髪を成長させる効果があります。用法・用量を守って使えば問題ないのですが、使いすぎると副作用として、かゆみを伴います。

育毛剤は用法・用量を守り、刺激があまり強くないもの利用するのがお勧めです。また、ちょっと使っただけで頭皮が赤くなっていたら、炎症の可能性が高いです。頭皮に合っていないという証でもあるので、使用するのをやめた方が良いです。

人気の育毛剤と逆効果な使い方

塗るタイプの育毛剤の場合、使い方によっては逆効果になることがあります。とても効果が高いと人気のものであっても、地肌に付ける際に、適量を守らなければ、つけ過ぎた薬が毛穴の中に詰まり、発毛や育毛を妨げてしまう原因となってしまいます。

より多くの薬を毛穴の中に浸透させていく方が、より高い効果が得られると考えてしまう人は少なくありませんが、毛根に対して悪影響を与えてしまう程、多くの量をつけていくというのは、健康な髪の毛の成長を阻害してしまう事になります。

ですから、書かれている適量を守る事も重要になってきます。そして、その適量を、継続してつけ続けていくという事も重要です。髪の毛というのは、1ヶ月で1cm程度しか伸びていきません。ですから、しっかりとした効果を実感するには数ヶ月から半年は必要となってきます。

更に、髪の毛のボリュームを取り戻し、様々な髪型を自由に楽しめるようになりたいと考える場合、育毛剤を1年以上使い続ける事がお勧めです。

その為には、一度に多くの量をつけるよりも、書かれている量を守り、長く使い続ける事を考える事が有効です。育毛剤はつけ過ぎると、逆効果になってしまう事も少なくありません。

リアップは1ヶ月で効果があるのか

テレビCMでもお馴染みのリアップはその高い育毛効果から多くの薄毛に悩む人から支持されている育毛剤です。そんなリアップですが、1ヶ月の使用で効果があるのでしょうか。

薄毛や抜け毛の悩みは一筋縄ではいきません。そのため2週間で発毛したという人もいれば、2ヵ月くらいでやっと改善の兆しが見えてきたという人もいますし、残念ながらほとんど効果がない人もいるのです。

特にリアップに含まれる有効成分は頭皮の毛細血管の血流をよくすることで発毛を促す仕組みです。つまりAGAなど男性ホルモンの異常発生などが原因の薄毛の場合、いくら血行を促進しても効き目がないことがあるのです。

そのため通常AGAの治療では男性ホルモンの異常発生を抑制する薬も併用することがほとんどなのです。このようにホルモンの異常を調整する薬と併用しつつ、ミノキシジルで頭皮の血行を促進すれば通常1ヶ月ほどで何らかの改善がみられるようです。

ただ、乱れたヘアサイクルが正常化するには一旦毛が抜け落ちる必要があるので、使用後2週間ほどは一時的に抜け毛が増える初期脱毛になることがあります。

通常2週間ほどでこの初期脱毛は終わりますが、それからさらに2、3週間たっても抜け毛が減らないようなら他の問題が考えられるので使用は注意し、専門医を受診すべきです。

発毛剤の効果には個人差がある

薄毛や抜け毛を改善するために発毛剤を購入する方は少なくないでしょう。しかし、評判の良い発毛剤を選んだつもりでも思っていたような効果が得られないという結果に終わってしまうことがあります。

どのような薬でも体質によって効き方に違いがあるものですが、発毛剤も例外ではなくそうした個人差があるため、どれだけ評判がいいものでも効き目が得られないということは起こりえるのです。では、使うだけ無駄なのかというとそういうわけではありません。

まず大切なことは、自分に合った発毛剤を選ぶようにすることです。そのためには、まず自分の薄毛や脱毛がなにが原因で起こっているのかを知ることが重要になってきます。

例えば、男性型脱毛症であるAGAが原因であれば、男性ホルモンを抑制する作用があるものがおすすめでしょうし、頭皮の血行不全が原因であれば血行を促進するタイプ、単純な栄養不足であれば頭皮への栄養補給と食生活の改善が必要となります。

このように同じ薄毛や抜け毛の症状でも原因が違えば、発毛剤に求められる作用も違ってくるのです。

効果に個人差はありますが、このように自分の薄毛や抜け毛の原因を探って、それに合うものを選ぶようにすれば、まったく効果が得られないという結果を避けることが出来るはずです。

薄毛治療の錠剤タイプの発毛剤が持つ効果とは

男性に薄毛症状をもたらす原因のひとつに、男性型脱毛症と呼ばれる病気の可能性が挙げられます。

これは男性ホルモンと頭皮にある特殊な酵素が反応しあいDHTという物質を作り出し、これが頭髪の成長を著しく阻害することで薄毛を加速させていくというものです。こういった薄毛のメカニズムに対処するにあたり、クリニックなどで処方してもらえる発毛剤はとても効果的です。

発毛剤として最も有名なものとしてはフィナステリドという成分を含んだプロペシアがあります。錠剤タイプのこの内服薬は一日一錠飲み続けることで頭皮にある特殊な酵素の働きを抑えて、頭髪の成長を妨げる物質が出るのを抑えることが可能となります。

数ヶ月から半年、あるいは一年間ほど飲み続けることで発毛や育毛の効果が得られるでしょう。

また、これらのプロペシアとほぼ同じ成分ながら製法の異なるジェネリック薬品や、他社から販売された錠剤などもある、これらを通販などで手軽な値段にて買い求める人も数多く存在しています。さらに血管を拡張させる効果を持つミノキシジルの錠剤タイプも人気を博しています。

通常は塗り薬として使用するものが内服薬として直接身体の内部に摂取されることによって余すところなく効果が得られ、血流量を高めると同時に毛髪へ過不足なく栄養分を届ける体内環境を作り上げてくれることでしょう。

効果を促進して発毛剤を活かす方法

発毛剤を使用するなら、効果を促進する事は大切ですから、トータルで集中的にケアする取り組みが役立ちます。シャンプーや食事の質を高めたり、常識にとらわれず取り組む事が、発毛剤を良く活かす方法といえます。

良質な生活は欠かせませんが、促進だけに重点を置くのではなく、妨げを排除するのも効果を高める考え方の一つです。

物事は見方で印象が変わりますから、一方の側面から発毛剤の効果を引き出し、毛の成長を促進させるのではなく、良くない部分にも目を向ける事で、マイナスを減らすのも取り組み方の技術になります。

飲酒は適度なら血行を良くし、翌日に残らず深い睡眠が得られます。しかし、飲み過ぎは内臓を弱らせ、髪に必要な栄養素が減少しますから、何事にも適度が大切な事が分かります。

発毛剤については、使用するタイミングと量が重要なので、過剰に適用しない点や、清潔にしてから使うケアが大切です。食事と睡眠は、人の体を作る基本ですから、発毛剤と同様に必要な事ですし、効果を活かす為には並行して行う事が前提となります。

当たり前の事が積み重なってこそ、体の内外環境が大きく変えられますから、何か一つに頼るのではなく、複合的に作用を強くする方法が必要です。

発毛剤の抜け毛予防効果について

発毛剤や育毛剤、養毛剤など、抜け毛や薄毛対策のための商品は多く、個人の悩みに応じて選ぶことが大切です。とくに、新しい毛の発毛を促進したいというときには、抜け毛の原因を考える必要があります。

なぜなら、抜け毛や薄毛の原因は、ホルモンバランスの崩れや、ストレス、生活習慣などがあり、ときには複数の要素が影響を及ぼしている場合もあるからです。

そのため、医師や専門家に相談をして、こうした要素を改善しながら、毛母細胞を活性化する発毛剤を使用することが重要です。適切な対処方法を実践することで、より抜け毛や薄毛の予防効果が期待できます。

なかでも、ミノキシジルとフィナステリドという、学会で薄毛治療に有効であるとされた成分が含まれている発毛剤は、各国で認可され、専門家や個人によって使用されています。

新しく生えてくる毛の発毛を促進するだけでなく、、抜け毛の予防効果を持った発毛剤は、血流やホルモンなどをの状態を改善し、新しい毛を丈夫で抜けにくいものにするため、髪全体のボリュームの改善にも役立ちます。

現在、日本でも経口タイプと頭皮に塗布するタイプが市販されていて、薄毛や抜け毛の悩みを相談できる専門機関も増加しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加