海外製の育毛剤を購入する場合の注意点について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤は国内で作られているものよりも海外の方が規制も緩やかな為、効果が高いと言われています。

ここでは海外製の育毛剤を購入する場合の注意点についてまとめています。

薄毛におすすめの海外製育毛剤

薄毛の人におすすめなのは海外製の育毛剤です。わざわざ海外に足を運ばなくても、インターネットを利用すれば誰でも気軽に購入することが可能で、日本人の企業や個人が輸入代行をしているホームページを利用すれば英語など外国語が堪能でなくても問題はありません。

海外製の育毛剤のよいところは、日本製のものと比べると薄毛に効果的だといわれている成分が多く含まれていることです。そのため日本のドラッグストアなどで購入できるような育毛剤と比較すると高い発毛効果や抜け毛予防効果を実感する事が可能なのです。

その分、かゆみや刺激といった副作用を感じる恐れも高くなるため、使用前には用法用量などの説明書きにきちんと目を通し、正しい利用法を徹底することが大切となります。

また、体調の悪い時には利用しない、異変があらわれたら速やかに使用をストップして皮膚科医などを受診するなど、対策を講じることが大切です。

そうすれば育毛剤のおかげで薄毛のコンプレックスを解消することも可能であり、わざわざクリニックを受診する手間もお金も省けるためおすすめです。自宅でこっそりと薄毛対策を行いたいという人は、一度日本製以外の育毛剤を利用してみると良いでしょう。

気になる海外の育毛剤は並行輸入できる

ドラッグストアや店舗などで、育毛剤を探しているときに、日本のメーカーのものは探しやすいのですが、海外のメーカーの育毛剤がなかなか見つからないと言うことはよくあるかもしれません。

インターネットなどで海外のメーカーの商品の使用感や効果を口コミでみて、使用してみたいと考えたこともある人もいるかもしれません。

海外のメーカーの商品がなかなか日本では見かけない原因の一つとして、日本では店舗で販売できない成分が配合されていることがあるからです。日本では認可されていなかったとしても、海外では先に販売可能になっていて多くの人が効果や使用感に満足している育毛剤もあるのです。

認可されるまで待っていては、購入できるようになるまでに何年掛かるか分からないこともあるのです。

海外のメーカーの育毛剤をどうしても使用したいと考えているのらば、並行輸入で手に入れても良いかもしれません。並行輸入ならば、最新の成分が配合されている育毛剤を、すぐに購入することも可能なのです。

また、日本で購入したら高価なものでも、並行輸入ならば安く購入することができることもあります。効果を実感できるまでは長い時間が掛かることも多くあります。

効果をしっかりと感じるためにも、じっくりと使用できるように、安く購入する手段があるなら利用しても良いのではないでしょうか。

育毛剤を飛行機に持ち込むときの注意点

育毛剤を毎日使用している人にとって、飛行機の持ち込みは、深刻な問題ですよね。

液体状の育毛剤は、国際線の機内持ち込みには問題ありませんが、液体物を機内に持ち込むときには、透明のチャックが付いたプラスチックバックの中に入れ、手荷物として扱うのがよいでしょう。

液体を入れた容器は100ml以下、液体の持ち物の合計が1リットル未満であれば、手荷物として認められています。

ただ注意が必要なのは、100ml以上の容器を機内に持ち込むことはできないので、別の入れ物に移し替える必要があります。

国によっては医薬品を持ち込む時、処方箋を持参する必要があり、申告用紙に記入しなければならないので、海外に行く場合は、入国する国のルールを事前に確認しておく必要がありますね。

また移動中には使用しないのであれば、手荷物ではなくスーツケースに入れておくのが良いかもしれません。

国内線については、液体物の持ち込み制限はそれほど厳しくありません。化粧品や医薬品類は、持ち込み可能で、普通の用量のものなら特に問題なく持ち込むことができます。

出張や旅行などでもきちんと育毛対策をしたいものですよね。育毛対策を小休止していた方も毎日続けることができますよ。

人気の育毛剤リアップの歴史

日本で最も人気のある育毛剤の1つリアップの有効成分であるミノキシジルは1960年代に現在はファイザーに統合されたアップジョン社によって創生されました。

当初はミノキシジルの有する血管拡張作用から高血圧治療での応用が期待されていました。しかしながら後に、血行を促進するため育毛効果があることが見いだされ、海外においては日本より早くから育毛剤として応用されていました。

また海外においては外用薬としてだけではなく内服薬としても使用されるケースが古くからあり今でもあります。日本においては1999年、ミノキシジルを1%含有した外用剤リアップが発売され、ミノキシジル製剤の歴史が始まりました。

2005年には女性用製剤であるリアップリジェンヌも発売された。また2009年にはミノキシジルを従来の5倍量の5%含有するリアップX5が発売されました。

ただ、濃度が濃かろうが薄かろうが効果に違いが出ない、という意見もあり、この製剤に関しては賛否両論があります。

また他にも、メントールを配合し、噴射型の製剤にすることで使用時の爽快感を追求した、リアップジェットも販売されるようになり、消費者のニーズに応える製剤形態が次々と発売されています。

育毛剤の原価と性能について

育毛剤は薄毛の進行を抑制したり、発毛を促進する目的で使用するものですが、そもそも生育中の髪が多く抜けたり、髪自体が細くなる症状には性別や年代、遺伝などで原因が異なります。

用途や目的にあわせて育毛剤の有効成分の配合量や比率、原料が変わるうえ、医薬品や海外並行輸入品などレベルも様々なものが出回っているので製品の原価比率は一概にはいえません。

頭皮の状態を改善するために、原料を組みあわせたうえで流通費や加工費、研究開発などが原価に上乗せされてパッケージングのうえ最終的に市販されます。

安全性や頭皮への浸透率、使い心地なども継続にあたっては大切な点であり、原価比だけで育毛剤の良しあしは判断できません。

血行を促進するほか、皮脂詰まりの緩和、表皮のターンオーバーの正常化などが育毛剤から得られる主な効果になりますが、原料については植物抽出エキスや、ビタミンなどの栄養素、また化学合成の有効成分などを単独、あるいは複数配合します。

自分の症状にあったものを選択することも大切ですが、育毛剤による薄毛改善は対症療法になるため、高額のものを単発で使うよりも続けられる金額のものを長く継続して使った方が確実に効果を出す事ができます。

育毛剤を使用する際の問題点

育毛剤が効果を発揮するには比較的長い時間が必要です。人にもよりますが、三か月から一年ほどの時間が必要となる場合もあります。

ところが育毛剤を使い始めて間もなく、その効果が実感できないために使用をやめてしまう人がいると報告されています。あるいは費用の面での負担が大きいという理由もあるかもしれません。

どんな理由があるにせよ、効果が実感できる前にやめてしまうのは問題です。育毛剤は一定の期間、毎日使い続けなければ効果が出ないものだからです。

育毛剤の使用に関するもう一つの問題点は、偽物や粗悪品を使用してしまう危険があるということです。日本で販売されているものであれ、海外から取り寄せるものであれ、十分に注意していないと品質の良くないものを購入してしまう恐れがあります。

そのため、安いからといって安易に商品を買ってしまうことがないよう、成分表をよく見て間違いのない買い物をしたいものです。

育毛剤を使用することに関連した別の問題は使い方にあります。それぞれの商品によっても違いがあるため、説明書をよく読み、正しい使い方をしましょう。使い方を間違えると、効果が薄れるどころか逆に症状を悪化させることにもなりかねないからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加