育毛剤を使用することで不妊になることがあるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤の使用者の多くは男性の為、副作用もかゆみや赤みなどの外部的なものが多いですが、女性が使用した場合不妊の原因になることはあるのでしょうか?詳しく調べてみました。

育毛剤が不妊の原因になる事がある

子供を授かることが出来ずに不妊で悩んでいる夫婦は、何か原因があるのかを知るようにした方がいいでしょう。

その原因としては、女性側だけの原因ではなく、夫婦のどちらかに何らかの原因がある場合が多いですので、男性も妻だけを疑うのではなく自分に原因がないかを考えるようにしなくてはならないのです。

男性に原因がある場合には、育毛剤が影響していることがあります。なぜ育毛剤が影響してくるのかというと、含まれている成分のフィナステリドが関係していると言われています。

このフィナステリドは精子数の減少が起きるとされていますので、男性ホルモンに影響してくるようになっています。精子の数が減少するとなると、妊娠できる可能性は低くなりますので、不妊の原因になっていると言えるのです。

育毛剤を使用し続ける限りは、妊娠を望んでいても難しくなってしまうことになりますので、使用は避けるようにしておいた方がいいでしょう。育毛をさせることも大事ではありますが、まずは子供を授かることが先決です。

妻が妊娠することが出来たのであれば、そこからはまた育毛剤を使用するようにすればいいですので、子供を授かるまでは一時的に使用を避けるようにした方がいいでしょう。

育毛剤が母乳に与える影響

出産後の抜け毛や脱毛などに悩む女性は非常に増えています。特に現在授乳をしている多くの女性にとって、授乳の期間中に育毛剤を使ってもよいかどうかという問題はたいへん関心のある事柄でしょう。

一言でいえば、それら育毛剤に含まれている成分によるということです。そのため、使用する前に必ずかかりつけの医師に相談することがすすめられています。その際には、どんな成分が含まれているかを医師にはっきり伝えることが必要です。

たとえば、ある種の育毛剤に含まれている成分には、その使用によって副作用が出てしまうものがあると報告されています。これらの成分は口から体に入ったり、皮膚を通して吸収されたりしてしまう恐れがあります。

結果として、妊娠中であればお腹の胎児にも悪い影響が及ぶことになってしまいます。さらに、ある成分は母親が赤ちゃんに与える母乳にまで移行することができると言われています。

そのため、授乳中の方でどうしても育毛剤を使いたいという場合には、母乳に溶け出す危険のない育毛剤のみを使うようにしましょう。

そのように安心して使用できるものの中には、天然由来成分配合であり無添加であるため、副作用の心配が全くないものがあります。

産後の抜け毛ケアの育毛剤

産後の体は想像以上にホルモンバランスの変化が激しいです。一般的によく知られているのは産後うつやマタニティーブルーという精神面でのトラブルですが、身体的なトラブルも多く出現する時期でもあります。

意外と知られていませんが、抜け毛に悩む方も多いです。この抜け毛は妊娠中に活発に分泌されるホルモンの減少により起こり、個人差はありますがひどい場合だと円形脱毛症のように多量に抜けてしまい何もしないと元の状態に戻るのに1年近くかかる場合もあります。

ホルモンバランスの崩れからくるのでいずれは回復する場合が多いのですが、育毛剤を使うなど対策をとることにより早めの回復が期待できます。育毛剤を使って早めの回復をすることで抜け毛に対するストレスの緩和にもつながります。

しかし、産後ということで当然赤ちゃんへの授乳機会があるため使用に当たっては注意が必要となります。頭皮からの成分の吸収により母乳を通して赤ちゃんに移行することが考えられます。

男性用の育毛剤ではなく女性用のもので薬効成分があるものではなく自然由来で頭皮の環境を整え発毛を促してくれるようなものがよいでしょう。産後は肌も敏感になっている時期なのでしっかり腕などでパッチテストを行ってから使用したほうがよいでしょう。

生理不順で薄毛になる?

現在、女性の多くが生理不順で悩まされています。生理不順とは、生理周期が長いことだけではなく短い人も生理不順に含まれます。また、経血量が多い、少ない、生理痛があるという症状も含まれます。また、生理が3ヶ月以上ない場合、無月経になります。

生理周期が39日以上になると、卵巣や下垂体の機能不全が疑われます。46日以上3ヶ月未満になると、肥満、多嚢胞、性卵巣、甲状腺機能異常などが疑われます。3ヶ月以上になると、続発性無月経と言われ、今後月経を起こすことが難しくなるケースがあります。

また、生理周期が短い場合、頻発月経と呼ばれ、無排卵だったり、排卵はあるが卵胞期が短いなど、様々な原因が隠されており、中には将来的に妊娠できない体になってしまうこともあります。生理周期が短い人の多くは、ホルモンの分泌が不安定な思春期の女子や、更年期の女性に多く見られます。

また、女性ホルモンの関係から薄毛になってしまうケースもあります。薄毛の原因はホルモンバランスの変化にあります。エストロゲンの分泌が正常ではなくなってしまい、薄毛を引き起こします。生理不順の原因には、ストレスやダイエットの他にも、薬の副作用や病気が原因の場合もあります。

では、予防をするにはどうしたら良いのか。心や体に負担をかけることによって起こるケースが多いため、まずは健康的な生活を送ることが重要になります。

食生活の改善や、過度なストレスを与えない、禁煙する、睡眠時間をしっかりとること。これだけでも改善します。また、自分の生理周期を理解するためにも、基礎体温をつけると良いでしょう。

産後の抜け毛予防は妊娠中から

女性は産後、抜け毛がひどくなってしまうという人がとても多くいます。この産後の抜け毛はホルモンバランスによって引き起こされるものなので、誰しもが経験することなのです。しかし、今まで見たことのないような毛量がごっそりと抜けてしまうので、不安になってしまったりする人がとても多いのです。

産後の抜け毛は気にしすぎてしまうことによってストレスになってしまい、ノイローゼや円形脱毛症になってしまうということもありますので、気にしすぎないということも大切なのです。

この産後の抜け毛を予防するには、妊娠中からの栄養バランスの整った食事をとったり、睡眠をしっかりととるということがとても重要なのです。この習慣を産後も続けることによって、抜け毛を予防することができますし、気持ち的にもかなり楽になることができるのです。

しかし産後はまとめて眠りたくても授乳などで眠ることが難しくなってしまうので、赤ちゃんと同じタイミングで眠り、しっかりと体を休めるということが必要なのです。

妊娠中も産後もストレスが溜まりやすくなってしまいますので、上手にストレスを発散するということも髪の毛が抜けてしまうのを防ぐにはとても重要なことなのです。

自然に治る産後抜け毛

産後の抜け毛は産後脱毛症とか分娩後脱毛症といわれ多くの経産婦が経験しています。抜け毛の原因は女性ホルモンの変化が主たる原因となりおこりますが、生活習慣やストレスなどでも起こります。

妊娠中は黄体ホルモンと卵胞ホルモンが増加するので髪の毛が抜けにくくなりますが、産後すぐに女性ホルモンが急激に減少するので髪の毛が急に抜けます。初めて経験する子育てや睡眠不足などストレスがたまりやすくなる事も原因となります。

ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期を繰り返します。産後髪が抜けると休止期に入るのでこの期間2~3か月間が過ぎるとまた成長期に戻り髪が生え始め髪の量も多くなります。

女性ホルモンの分泌量にもより個人差がありますが半年から1年でもとに戻る事になります。抜け毛の原因から考えると多くの方が経験する事であり自然に戻るので心配はありませんが抜け毛対策をする事で早く元に戻る事はできます。

日常生活でストレスをためないようにすること、睡眠不足にならないようにする、効果的な食事をとるなどが有効です。カルシウム、たんぱく質、ミネラル、ビタミンB群などの入った食事をバランスよくとる事が効果的です。子育て中はストレスがたまりやすいですがバランス良い食事をとりながら自然に改善されるのを待つことがよいです。

ホルモンバランスによる抜け毛の悩み

抜け毛の原因はいろいろありますが、その一つがホルモンバランスの影響です。例えば、甲状腺機能異常になると、甲状腺ホルモンの影響で抜け毛が発生します。

甲状腺の病気は、自分で治療することができませんので早めに病院で治療しましょう。他にも、生理や妊娠といったこともホルモンバランスが影響します。

とくに、妊娠すると女性ホルモンのみならず、身体のいろんな部分に支障をきたして、体調不良が起きます。妊娠中の抜け毛は、出産すると落ち着くのであまり心配しなくても大丈夫ですが、しかしあまりにもひどい時にはかかりつけの産婦人科で、ホルモンを整える薬を処方してもうと良いでしょう。

産婦人科で処方されるものですので、胎児に影響が出る強いものではありませんので、安心して服用することが出来ます。ホルモンバランスを整えるためには、薬に頼るだけではなく、自分でも改善するように気をつけましょう。

例えば食生活の乱れを直して、栄養のある食事をとるように心がけましょう。また、規則正しい生活をすることも大切です。夜は早めに就寝して、朝は早く起きましょう。こういった日々の積み重ねによって、ホルモンバランスをきちんと整えることが出来るでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加