育毛剤や発毛剤には副作用がどれくらいあるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤や発毛剤は現時点でかなりの種類のものが販売されていますが、安価なものですとかゆみや赤みが出るなどの副作用が出る事が多々あります。

ここでは育毛剤や発毛剤にはどれくらいの副作用があるのかどうかについてまとめています。

意外と知らない育毛剤の副作用

育毛剤には副作用はあるのでしょうか。ドラッグストアで3千円以下で手に入る程度のものであれば、まず副作用はないので安心です。ただし注意したいのが育毛剤の中でも医薬品です。

特に第一類医薬品やジェネリックを個人輸入する場合などは要注意です。育毛剤の中でも男性ホルモンに作用する種類の場合、いわゆる男性機能の低下の可能性があげられます。

ただ、これに関しては精神的な要因が大きく成分との直接的因果関係は明確にはされていないので、あまり気にしない方がいいかもしれません。

また、もう1つ血圧を下げて血流を改善して発毛を促進する系の医薬品は、元々高血圧の患者の治療薬であったので、日頃から低血圧の人が使用するとさらに血圧が下がる可能性があるので注意が必要です。

頭皮に塗るタイプでも頭皮の毛細血管から成分が吸収されるので、低血圧の方は使用の際には注意した方がいいでしょう。

また、内服の医薬品の場合、代謝するのは肝臓なので肝臓に疾患がある場合は、自己判断での利用は避け主治医に相談することです。

育毛剤には命に係わるような重大な副作用の心配はないと言われていますが、このように正しく使用しないと健康を害する可能性があることは肝に銘じておくことです。

育毛剤の副作用を比較して安全なものを選ぶ

基本的に、市販で発売されている育毛剤の中には強い副作用が生じるものは一つもありません。

もちろん、個々人によって合うものと合わないものが存在するため、それらを利用することによって効果にバラツキが生じることはありません。しかし、それは育毛剤の副作用とは異なるものであることを知っておかなくてはいけません。

そもそも、市販で発売されている薬は薬剤という名称を使っているだけで医薬品ではないものも含まれています。医薬品として利用できるものに関しては確かにある程度の身体の影響を考えなくてはいけませんが、それ以外に関してはサプリメントとしての効果と大差ないため身体に悪い影響を及ぼすことはありません。

これは、専門のクリニックから処方される薬と比較するとよくわかります。薄毛対策や育毛のために専門のクリニックで薬を貰う人も大勢いますが、こうした専門的なクリニックで貰うことが可能な育毛剤であっても、副作用として症状が現れる人はわずか1%程度だということがわかっています。

そのため、市販で発売されている育毛剤に関して身体に悪い影響を与えるものは基本的にはないと考えて全く問題ないのです。育毛剤を利用するときにはその点をきちんと知っておきましょう。

発毛剤によって副作用に違いがあるので注意が必要

誰もが薄毛に見舞われるとショックを受けるものの、すぐに発毛剤などを使っての処置を講じる人は少なく、そうしている内にせっかくのチャンスを逃してどんどんタイミングが遅れていってしまいます。

こうして薄毛は少しずつ治りにくくなっていくもの。そうならないためにもできるだけ早期に段階で適切なケアを始めなければなりません。その際に効果的なのが発毛剤なのですが、世の中には様々な発毛剤があるため、まずは原因をしっかりと特定するところから始めなければなりません。

これに加えて、発毛剤の中には副作用を含んでいるものもあるので、そのリスクに関しては念頭に置いておかねばなりません。また副作用は薬によって大きな違いがあるので、それぞれの特徴を把握して臨むことが大切です。

たとえばAGA由来の薄毛であれば男性ホルモンの過剰な働きを抑えるためのプロペシアなどの飲み薬が効果的ですが、これはAGAを抑える一方で男性ホルモンをコントロールすることによる性欲減退や勃起不全などが出る場合もあります。

またもうひとつの発毛剤であるミノキシジルを含んだ塗り薬は毛細血管を拡張させる効果を持っています。こうして頭髪に対して栄養分を多く運搬することができるようになりますが、その一方で低血圧の人がこの薬を使うと血圧が下がり過ぎて血管や心臓に負担が掛かる場合があります。

こうして種類によって副作用の内容も大きく変わってきますので充分に注意し、もしも何か違和感があった際にはすぐにかかりつけの医師に相談することが大切です。

発毛剤のメリットと副作用について。

男性、女性問わず使える発毛剤が数多くあります。発毛剤のメリットとして、育毛剤よりも直接的な効果が期待されています。医療機関で処方してもらうことも多く、薄毛などに対しても高い効果を発揮してくれます。

発毛剤は、服用するタイプが多く、基本的に体内から薄毛対策や発毛を促進させることが目的となっています。体内や血流を改善し、体内環境を変化させ、頭髪に栄養を与える働きがあります。血流が改善することで活性化され、十分な栄養を行き渡らせることができるのです。

発毛剤に頼るだけではなく、普段の食事や睡眠、運動なども改善していくことで、より効果が期待できます。効果が期待できる分、副作用には意が必要となります。血流の改善によって、不整脈や血圧の低下など血液に関する副作用が出る場合があります。

また、頭痛や腹痛、下痢、排尿障害、皮膚のかゆみ、発疹なども出る場合があります。症状は、その人の体調や個人差がある為、1人1人で違ってきます。

副作用のような症状があらわれた場合は、使用をやめ、自己判断はせずにすぐに担当医などに相談すると良いでしょう。

近年では、副作用が少ない天然素材やオーガニック成分で作られた発毛剤も販売されています。身体にかける負担が少ないので、安心です。

発毛剤のモニター体験で副作用の可能性を確認する

発毛剤を使おうと考えた時、いきなり商品を購入するのは勇気がいることです。なぜなら、どれほど安全性が認められている薬でも個人の体質によっては副作用が出てしまう可能性が否定できないからです。

もしも、購入した発毛剤を使うことによってなんらかの皮膚トラブルや体調不良などの症状が現れてしまった場合、その使用を止める必要があります。

副作用を無視して使い続けても発毛剤が持つ本来の効果を発揮することはできませんし、逆効果を招いたり、生命の危機に関わってくるような被害をもたらす可能性があるからです。

しかし、折角、購入した発毛剤の使用をすぐにやめてしまうのは勿体ないと感じる方もいるはずです。また一度ならまだしもこうしたことが何度も続くと、新しく商品を購入する気持ちすらなくしてしまうかもしれません。

こうした失敗を極力防ぐために活用したいのが、メーカー側が募集しているモニターになることです。モニターとして発毛剤を使えば、基本的には無料で商品を体験することが出来ます。

実際に効果を実感できるほど長期間のモニター募集は行われていない場合もありますが、使用することによって副作用が出るのかでないのかを確認することは出来るはずです。

使用をして特に問題がなければ、安心して購入に踏み切ることもできるため、出来るだけこうした機会を逃さずに参加するとよいでしょう。

発毛剤の副作用を体験した時にすべきこと

発毛剤は頭皮に直接使うタイプから内服するタイプまで様々な種類のものがありますが、どれを使うにしても完全に防ぐことが出来ないのが副作用です。

特にリスクの高い副作用を持つのは医薬品として登録されているものですが、市販されている発毛剤でも体質によってはなんらかのトラブルが生じる可能性があります。

ですので、使用の前にはきちんと成分を確認することや肌が弱いことを自覚しているのであれば植物由来成分で無添加の商品を選ぶようにするなど自分でリスク管理をしておかなければいけません。

それだけ注意を払っていても発毛剤を使用していて、かゆみやかぶれ、皮膚の炎症などなんらかの副作用を体験することがあります。

このような時には、まず発毛剤の使用を止めることです。症状が軽度だからといって無理に使い続けると悪化を招きますので気を付けましょう。

また使用を中止した後は、皮膚科など専門の診療科に使った商品を持っていくか、その商品に配合されている成分をメモして、出来るだけ早めに診察を受けることが重要です。

使用を止めることで副作用の症状が治まる可能性は高いのですが、一方で症状が悪化する可能性もありますのできちんと診察を受けるようにしましょう。

副作用が心配な方は発毛剤のお試しを!

男性用か女性用かにかかわりなく、発毛剤の使用に関して気になるのはやはり副作用の有無でしょう。こうした方々のために、最近では植物成分や生薬を配合したものが多く作られるようになってきました。

しかし、人によってはこれら天然成分でも肌荒れや頭皮湿疹を引き起こす場合があります。それで発毛剤の副作用が心配な方は、お試しセットなどの商品を使ってみることがすすめられています。

一般に、これらお試しセット商品は少量で購入することができます。その分価格も安く、使い心地や適正、さらには何らかの副作用が出るかどうかを自分自身で試してみることができます。

もしも自分の頭皮環境に合うと感じたら、本製品を再度購入することができるでしょう。発毛剤を扱っているメーカーの多くが全額返金保証制度を導入しています。

この制度は、実際に商品を使ってみて、異常などが現れたり使い心地が悪かったりした場合に、その商品の代金が全額返金されるというものです。

または、メーカーが定めている一定の期間内であれば、初回の購入の場合に限り、全額が返金されるというものもあります。

それで発毛剤の副作用が心配な方はこの制度を導入しているメーカーを選び、そこで扱われている商品の中から自分に合った発毛剤を選ぶことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加