育毛剤は発毛効果があるのかどうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛の薄さや抜け毛で悩んでいる場合に使用するのは育毛剤と発毛剤があります。

ここでは育毛と発毛の違いと、育毛剤にも発毛効果があるのかどうかについてまとめています。

育毛剤を使えば発毛してくる?

発毛させるために使用するのは発毛剤であり、こちらは育毛剤よりも作用が強くなっています。作用が強いほど効果的ですが、頭皮に合わない可能性も出てきます。

効果が高いほど副作用も大きくなるので、効果だけ追い求めればいいわけではありません。軽い薄毛の場合ですと、発毛剤だと強すぎることが多いのです。

育毛剤は発毛効果はあまり期待できませんが、髪を強くする働きはあります。薄毛に悩んでいる方は、毛根が弱くなっているものです。

毛根が細くなっている、炎症により頭皮が傷ついている、毛母細胞に十分な栄養が届いていない、などの特徴が見られます。これらを改善しなければ、髪の毛が強くなることはありません。

育毛シャンプーは育毛を促すものではなく、頭皮を清潔にするものです。頭皮に刺激を与えずに清潔にし、育毛剤の浸透力を高める役割があります。

育毛シャンプー自体には育毛成分はほとんど含まれておらず、使用しても髪が増えることはありません。育毛剤と併用することで、抜け毛を防いでヘアサイクルと頭皮状態を改善していくのです。

おすすめの育毛剤は、育毛サロンで販売している商品です。頭皮診断を行ってから、頭皮に一番合ったタイプを紹介してくれます。頭皮に合わない商品を使用した場合、逆に抜け毛が増えることがあるので注意が必要です。

ストレスと関係する薄毛は育毛剤で治そう

「最近髪の毛が薄くなったような気がする。」といった悩みを抱えている人はいませんか。薄毛になったような気がするのではなく、本当に薄毛が進行しているのかもしれません。

女性の場合は、加齢により髪の毛にハリやコシがなくなるのは仕方がないことなのですが、最近は30代や40代の人でも薄毛に悩む人が増えてきているのです。

これは、ストレスや生活習慣の乱れと関係していることも考えられています。それによって、頭皮が硬くなり、髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなっていることが原因の一つなのです。

そこでおすすめが育毛剤を使った治療方法です。自宅にいながら簡単に育毛治療ができるのでとても簡単で便利です。

入浴後の柔らかくなった頭皮に育毛剤を良く浸透させ、マッサージしながらすり込んでいきましょう。そうすることにより髪の毛一本一本に栄養が行き渡り、健康な髪の毛へと生まれ変わっていくのです。

薄毛になると見た目もよくありませんし、年齢より老けて見られることもあります。外に出て人に会うことすら嫌になってしまい、引きこもりがちになってしまいます。育毛剤は必ず効果が期待できますから、しっかり治療して健康な髪の毛へと導きましょう。

育毛剤を効果的に使用するには

育毛剤を効果的に使用するためには、症状に合わせて選ぶことや使い方を工夫することが大切です。

薄毛対策では、育毛剤選びがとても重要です。男性ホルモンの影響を受けやすいタイプなのか、過剰な皮脂分泌が原因なのか、頭皮の血行が悪いことが原因なのか、栄養状態が良くないのかなどによって選ぶべき商品も違ってきます。

自分にぴったりの商品が見つかったら、使い方を工夫します。まず、塗布する時間帯を決め、毎日欠かさず利用するようにします。

薄毛対策では日々の継続したケアが必要になりますので、できるだけ長く続けることが大切です。ケアには予防の意味もあり、新たな薄毛を引き起こさないようにすることも可能です。

つける時には、頭皮マッサージを行って血流を改善しておきます。そうすることで有効成分が血液に乗って隅々まで運ばれますので、効果を高めることができます。複数を使用する時には有効成分が重ならないようにし、様々な効能を得るようにすることが大切です。

ケアを始めると結果を求めてしまいがちですが、焦らず気長に待つことも大切です。少なくとも3カ月程度は様子をじっくりと見て、小さな変化でも見逃さないように観察していくことが大切です。

育毛剤が逆効果になる使い方

薄毛や多量の抜け毛が気になってきた人が取る対策として、手軽なものに育毛剤の使用が挙げられます。育毛剤を使用することで薄いなどの髪質の改善や抜け毛を抑えたりすることに役立ちます。

しかし、使い方を間違えてしまうと逆効果になってしまう場合があるのです。また気を付けておくべきこともいくつかあります。使い方としては、シャンプーをしたあとの綺麗な肌に塗布し、指で軽くトントンたたくなどの頭皮マッサージを行えば良いです。

このとき頭皮マッサージを強い力でやりすぎると、血流を阻害して逆光化になる可能性があるので気を付けましょう。気を付けることとしては、育毛剤を使用する前には頭皮の状態をチェックしておくと言うことです。

大きな傷などがあれば使用は控えたほうが良いですし、ひどい肌荒れなどがあれば使用しても余計に血流が悪くなったりして薄毛や抜け毛がひどくなる可能性もあります。

また、生活習慣を見直すと言うことが挙げられます。乱れた生活は抜け毛や薄毛の原因です。育毛剤を使用していても、生活習慣が悪いままであれば効果は出ないので3食の食事をきちんととったり、十分な睡眠時間を確保したり、過度なストレスを溜めこまないようにすることが大切です。

育毛剤を使うベストタイミングとは

発毛や育毛のために使用する育毛剤。お風呂上りに付けるのがいいと聞きますが、頭皮が濡れた状態がいいのか、ドライヤーで乾かしてからがいいのか、どちらなのでしょうか。

結論から言うと、頭皮にある程度潤いが残った状態がベストタイミングです。頭皮はシャンプーをして汚れや余計な皮脂を洗い流したまっさらな状態ですし、それに加えて入浴で体が温まり、毛穴が開いた状態になりより有効成分が浸透しやすい状態になっているのです。

つまり短髪の人であればタオルドライをして髪は乾いて頭皮がまだしっとりした状態が、長髪の人であればタオルドライだけでは髪が乾かずにせっかくの成分が流れ落ちる可能性があるので、ドライヤーで髪のみをある程度乾かしてから潤いの残った頭皮に付けるのがいいでしょう。

お風呂あがりに育毛剤というのは、頭皮が清潔なのはもちろん、入浴による血流促進効果で次にくる成分を吸収しやすくなっているからです。

もちろん朝お出かけの前のスタイリングの際に塗布してマッサージしてもいいですが、面倒であるならお風呂あがりだけでもだいぶ効果があるはずです。有効成分をより浸透させるためにも、このようにベストなタイミングで育毛剤を使用したいものです。

髪のコシが欲しい場合の育毛剤

加齢とともに気になってくるのが髪の毛のハリやコシです。髪の毛のハリやコシがなくなってくることによって、髪全体のボリュームがなくなってきてしまいます。

そのままにしてしまうと、ますますボリュームがなくなって見た目にも老けて見られてしまったりすることがあります。そのような状況を改善するためには頭皮の環境を整えることが大切です。

そのためには毎日のヘアケアをきちんと行うようにしたり、食生活や生活習慣を見直してみると言うのも大切なことですが育毛剤を使用してみるのも良い方法です。

薄毛は気にならないから、育毛剤は違うのではないかと思われる人もいますが、育毛剤にも様々な種類があり毛根や頭皮に栄養を与えてくれる成分が配合されているものや、頭皮の皮脂を抑制する成分が配合されているものなどもあります。

自分の頭皮の状態を見てそれにあったものを選ぶようにするのがおすすめです。髪の毛にコシが欲しいと言う場合は頭皮が硬くなって真皮層の下にある脂肪層や毛細血管を圧迫して血行が悪くなっていることがあります。

頭皮の血行が鈍っていると髪に必要な栄養分も行き届きにくくなってしまいます。頭皮の血行促進に効果のある育毛剤を使っいながら頭皮をマッサージするのが効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加