アロエにある育毛効果と食べ物について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛や抜け毛の改善には食生活を見直すのが良いと言われていますが、育毛効果のある食べ物は結構いろいろとあります。本当に、食べ物が薄毛を改善してくれるのでしょうか?

ここでは育毛効果があるとされる食べ物についてまとめ、効果的な育毛対策を提案しています。

薄毛の原因のひとつは食生活

男性、女性を問わず、いつまでもふさふさな髪の毛でいたいものです。けれども、男性ホルモンの分泌量の影響でたいていの男性は加齢とともに若い頃より髪の毛が少なくなっていきます。女性でも人によっては目に見えて少なくなるというケースもあり、中には頭頂部が透けて見えるような薄毛になる人もいるほどです。

薄毛になるのはいくつか原因がありますが、一つには食生活が影響しているともいわれます。ですので、薄毛を改善するには毛髪の成長を阻害するような食事を見直すとともに、食事を通じて髪の毛の成長を促すような栄養素をしっかりと摂取する必要があるのです。

育毛効果を高める栄養素と食べ物

顔と同じように頭皮にも栄養が必要です。それでは実際に、髪によいとされる栄養素と育毛効果が期待できるような食べ物についてみていきましょう。

タンパク質

髪にいい栄養成分として意外と知られていないのがタンパク質です。実のところ、髪はタンパク質で作られており健康な髪を保つ上で欠かせない栄養素なのです。タンパク質が不足してくると、抜け毛薄毛の症状が現れやすくなります。

これは髪の量が減ったというよりも、タンパク質が不足することで髪の毛1本1本が細くなってくるためです。とはいえ、肉類ばかりの食事というのも考えものです。脂質が増えて頭皮の皮脂が詰まってしまうなど毛髪環境に悪栄養を与える可能性もあります。栄養バランスを考えて良質なタンパク質を取るように心がけましょう。

タンパク質を取り入れた食事
大豆製品に抵抗がないのであれば、納豆や豆腐料理がおすすめです。肉類であれば、牛モモ肉を使ったしゃぶしゃぶや鶏ささ身肉を使った親子丼など高タンパク低カロリーのものを食べるようにしましょう。
また、血中コレステロールが気になる人は、サバやアジなどの焼き魚も最適です。

ビタミン

ビタミンには、頭皮環境を整えたり、血行を促進したりするなど髪の成長をサポートする働きがあります。中でもビタミンの宝庫といわれるほど栄養価が高い食材がかぼちゃです。ビタミンCやビタミンE、ビタミンB群に加え、食物繊維や鉄、カリウム、カルシウムなどバランスよく栄養が摂取できます。

緑黄色野菜にはビタミンが多く含まれているといわれますが、意外なことに肉類でレバーにもビタミンB1が豊富に含まれています。肉類が好きな人は上手に取り入れたいものです。

ビタミンを取り入れた食事
かぼちゃの煮物などもよいですが、かぼちゃの天ぷらなどもおすすめです。油と一緒に摂取することでビタミン類の吸収率が高まるともいわれます。
野菜よりも肉でという人は、栄養価も考慮してレバニラ炒めなどがよいでしょう。

ミネラル

髪を黒くする食材の代表として、ワカメやコンブなどの海藻類が昔からもてはやされてきました。これら海藻類に多く含まれる成分がミネラルです。確かに最近では、コンブ由来の成分が含有された育毛剤が登場するなど、海藻類は育毛によいとされることも科学的に実証されています。

ミネラルには頭皮環境を整えたり、細胞の代謝を促したりする働きがあります。

ミネラルを取り入れた食事
ミネラルの宝庫といえば、牡蠣には亜鉛を始めとする種々さまざまなミネラルが含まれています。カキフライやカキ鍋といった牡蠣料理でミネラルをたっぷりと吸収しましょう。
海藻類も見逃せません。おでんに入っている昆布やワカメスープなど積極的に摂取しましょう。

育毛効果があると噂される意外な食品

一方で、最近ネット上などで「え!?こんな食品が?」と驚くようなものに育毛効果があると噂されているようです。その一つがプロテインです。体脂肪を減らすためにプロテインを毎日飲んでいたら、髪にコシがでてふわっとしてきて、パーマをかける回数が減った―こんな口コミがまことしやかにネット上を賑わせています。

あるいは、アロエが薄毛に効くという情報もはびこっているようです。アロエといえば、アロエヨーグルトに代表されるように美容と健康にいいイメージがあります。これらの食品も本当に育毛効果が期待できるものなのでしょうか?

食べ物は薄毛改善の土台づくり

プロテインはタンパク質の集合体ともいえる食品なので髪をつくると考えられがちです。また、アロエにはタンニン酸といわれる成分がたくさん含まれ、毛母細胞を活性化させる働きがあるともいわれています。抜け毛の原因のひとつは頭皮が毛髪を作らなくなることですから、確かに髪にはよさそうです。

しかし、食べ物は科学的な根拠が示された薬ではありません。食べ物そのものが育毛や増毛に直結すると考えるのはあまりにも早計すぎるでしょう。

髪も体の一部ですから、体を健康に保つ努力をしていくことで髪の健康状態も良好になっていきます。暴飲暴食や偏った食事など食生活が乱れることで、体の調子が崩れ、ひいては髪にも悪影響を及ぼします。

だからこそ、食べ物というものが大切なのです。食べ物はいわば薄毛を改善するための土台、つまり基礎をつくるものだと考えてください。

本気で薄毛改善するなら育毛剤を使用しよう

薄毛や抜け毛に悩む人は、ひっそりと自分自身で育毛剤を使ってみようと検討している人も少なくありません。というのも、多くの男性が30歳を超えた辺りから抜け毛が増えるとともに、前髪が後退したり頭頂部が薄くなるといった薄毛に悩むようになるからです。

症状がさらに悪化すると、AGA(男性型脱毛症)という薄毛の症状を発症する人もでてきます。かつらや黒い粉などでごまかす方法もありますが、30歳~40歳ごろより、口コミで評判のいい育毛剤を使用して、少しでも薄毛を予防するべきです。何もしないよりは効果はあります。

とくに男性型脱毛症は自然に治癒される事はないので、薄毛に気付いたら、出来るだけ早く進行を食い止め、改善策を施す必要があります。

育毛剤選びにあたって注意すべきこと

薄毛対策として多くの男性が行うのが、市販の育毛剤を購入するといった方法です。ただし現在、育毛剤というのは数多くのメーカーが、数多くの商品を販売しています。効果の高い商品もあれば、ほとんど効果の出ないような怪しい商品も含まれていたりするのです。

そんな商品が乱立する中で、どのような育毛剤を選べばよいのでしょうか?購入にあたって以下の項目を確認しながら、自分に合った育毛剤を選ぶようにしましょう。

情報収集をしよう

効果の出る本物の育毛剤を購入したいのであれば、インターネットを使い、まずは情報収集することをおすすめします。というのもネット上には育毛剤に含まれる成分や期待出来る効果といった基本情報に加え、口コミ情報が多く記されているからです。口コミ情報は実際にその商品を使った人の感想や評価であり、実際の使用者の生の意見を知ることができます。

ですので、口コミ情報をチェックしながら、できるだけ評価の高い商品を選ぶようにしましょう。そうすれば、効果の出る本物の育毛剤を見つけ出すことができます。

体質に合わない成分が含まれていないか

また育毛剤を選ぶ際には成分をよく確かめましょう。体質によってはアレルギー反応が出ることがあります。いくら効果があるからといっても、体を壊してしまっては本末転倒になります。天然素材のものであっても、体質に合わないならすぐに使用をやめるべきです。

最初はサンプル品を使って、試してみましょう。中には英語で説明が書かれているものもありますので、よく確認してから使用することは大切です。

保湿成分が配合されているか

頭皮に対して効果のある成分が配合されているものを選んでみようと思って探していく中で、保湿成分が配合されているかどうかはチェックポイントです。

頭皮が乾燥しているという状態は、毛髪を育てていくのに決して良い環境にあるとは言えません。乾燥しているというのはそれだけ頭皮に必要な皮脂が不足している状態なので、様々な刺激にさらされやすく、ダメージを受けやすいのです。

ちょっとしたことでも炎症を起こしてしまいますので、そうなると抜け毛が増えてしまいます。育毛剤を選ぶ時には、保湿成分が配合されているかどうかを確認してみて下さい。

*豆知識*コラーゲンヒアルロン酸アロエエキスなど、いろんな有効成分があります。しっかりと必要な油分がある状態の頭皮になると、触っていても柔らかく気持ちのよいものです。購入する前には事前に調べておくといいでしょう。

 

最近の育毛剤は価格も手頃なものが増えてきていますし、パッケージなども手に取っても恥ずかしいものではありませんので購入しやすくなりました。自分の頭皮状態を確認して、合うものを探してじっくりと保湿しながら育毛をしていきましょう。

育毛剤の効果を高める方法

育毛剤は正しい使い方を守って初めて効果を発揮します。基本的には、毎日継続して使う必要があります。と言っても、これは言葉でいうほど簡単ではありません。

実際、多くの人が育毛剤を使い始めたものの途中で断念してしまっていると報告されています。すぐに目立った効果が現れないというのが理由でしょう。しかし、つけたりつけなかったり、といった使い方では育毛の効果を期待することは決してできません。

簡単ではありますが、育毛剤の効果を高める方法についてレクチャーしていきます。

頭皮マッサージ

シャンプーのあとに、適量を手に取り頭皮をマッサージします。決して爪を立てないようにしましょう。育毛剤を頭皮に染み込ませるようなイメージです。

美容師さんのおすすめ!
美容師さんから聞いた情報をお伝えします。頭皮をマッサージしてヘッドスパのシャンプーを使い、育毛剤で保護すれば、頭皮の毛穴の汚れがとれ、血流がよくなり、髪にコシがでるだけでなく顔のたるみも改善されるそうです。

使用するタイミング

育毛剤を毎日きちんと使うためにできる一つのことは、使うタイミングを決めておくことです。たとえば、夜お風呂から上がったらすぐ髪を乾かし育毛剤をつける、また朝起きて鏡の前に立ったらすぐにつける、といった具合です。

もちろん、一人ひとりの生活パターンは異なります。そこで自分の生活スタイルに合わせて、最も継続して行ないやすい時間帯やタイミングを見つけるよう努めることができます。いったん習慣になってしまえば、その後は比較的楽に継続できるでしょう。

ストレスフリー

育毛剤の効果はすぐに現れるものではないため、あまりに効果ばかりを気にしすぎると、かえってストレスを増やすことになりがちです。そうなると、継続する気をそいでしまうことにもつながりかねません。

もちろん、ストレスを溜め込むことは髪の成長にもよくないことは明白です。趣味を通じてストレスを発散したり、軽いウォーキングをしたりして気分転換を図りましょう。

 

大事なのは何よりも続けることです。毎日続けることにより、効果があらわれます。どんな育毛剤でも、使ってすぐに髪が生えてくることはありませんので継続的な対処が必要なのです。また食生活や生活習慣も関係しています。

あらゆる面からのアプローチがあってこそ、結果を出すことができます。まずは上記3つのポイントを意識しながら習慣化することを心がけてみましょう。

昔から使われていた育毛剤

今も昔も、薄毛や抜け毛など髪の悩みを抱える人は後を絶ちません。それに伴って育毛剤の需要は、いつの時代にもたいへん大きなものとなってきました。実は、育毛剤の歴史は非常に古く、紀元前という太古の時代にまでさかのぼると言われています。

ただ昔の育毛剤には医学的に確かな根拠はなく、自分たちの経験に基づいて考案されたものでした。それから時を経て科学技術の発展などに伴い、医学的な知識に基づく方法や商品が考案されるようになってきました。とはいえ、それでもまだ今の育毛剤とは格段の差があったのです。

昔は、アルコールなどを大量に使用するなどして、使い心地の良さを重視したものが多かったと言われています。また逆に、においがきつく、つけると髪がべとつくなど使い心地の良くないものもあったようです。

こうした昔の経験を活かして、現在ではより効果が高く、より使いやすい育毛剤が次々に開発されるようになってきました。特に最近では、身体や頭皮に与える影響などを考慮して、安心して使える無添加の育毛剤が数多く登場しています。

薄毛対策のバリエーションが広がった背景には、育毛剤の進化という視点も見逃せません。

メモ
日本では江戸時代に、「毛生え薬」が誕生しました。もちろん、当時は現在のような形のものではありませんでした。薄毛や抜け毛に効くとして蛇の油が用いられたり、ミカンの精油やレモン水あるいは緑茶を頭皮にすりこんだりといった方法が用いられていたようです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加