10代で育毛剤を使用するのは問題ないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛や抜け毛で悩むというと30代から40代をイメージする人もいますが、病気などで10代で気にし始める人も中にはいます。

ここでは10代で育毛剤を使用するのは問題がないのかどうかについてまとめています。

10代で育毛剤は使用してもよい?

薄毛は早ければ20代から発症しますが、10代で育毛剤を使用するのは早すぎます。育毛アイテム全般は成人向けに作られているため、子供が使用すると強すぎるのです。

10代で薄毛が発症する場合、過度のストレスや何らかの疾患が原因だと考えられます。薄毛治療を得意とする医療機関で、頭皮の診断を受けるべきでしょう。

遺伝体質によっては20代から薄毛が始まりますし、30代以降になると生活習慣の乱れによる薄毛が増えてきます。しかし、10代から髪の毛が減っていく状態はめずらしいため、医師の診断を受けてみるのが好ましいです。

若いころから発生する薄毛は、放置しておくと急激に進行するケースが多いのです。全頭がツルツル状態になり、しばらく生えてこなくなる場合もあります。子供はストレスに対して敏感なので、学校や家庭で過度のストレスを感じている場合は、髪が薄くなることがあります。

中年以降の薄毛との違いは、髪全体のボリュームが急激に低下していくことです。抜け毛の量も著しく増加するため、育毛剤を使用する前に医療機関で診断を受けましょう。

育毛剤は毛根に栄養を与えて血行を促進してくれますが、ストレス性の薄毛にはあまり効きません。ストレス由来の薄毛に対しては、薬物治療でストレスを解消させていく治療法がメインとなります。

薄毛が気になる年齢について

薄毛が気になる年齢といえば、30代後半や、40代以降というイメージを持つ人も少なくないでしょう。ですが、現在では若い人でも髪の毛が薄い状態に悩まされるという事が珍しくありません。

早い人であれば、大学生等、10代から髪の毛が薄い状態に悩まされるという事も少なくありません。ただ、若い人の場合、育毛剤を使う等、積極的な薄毛対策に抵抗を感じてしまう人も少なくないでしょう。

ですが、抜け毛が増えてきた、髪の毛が薄くなってきたと感じているのであれば、その症状がこれ以上、進行しないように、しっかりとした対策をしていく事がお勧めです。

対策をしなければ、症状が進行し、生え際の後退や、頭頂部の状態が目立ちやすい状態になってしまうだけでなく、毛根自体がなくなり、対策や治療を行っても効果がない状態となってしまう可能性があります。

ですから、まだ若いからと考えず、髪の毛の状態が少しでも気になるのであれば、出来る対策をしておく事がお勧めです。

スカルプシャンプーを使う、頭皮マッサージをして頭皮の血行を促進する等、手軽に出来る対策をしておくだけでも、症状の進行を抑える事に繋がっていきます。ただ、症状の進行が止まらない場合、専門の医療機関で検査を受ける事がお勧めです。

育毛剤を何歳から利用できるかと正しい使い方

育毛剤は何歳からでも使用することが出来ます。ほとんどのものには特別な年齢制限は設けられていません。そのため、多量の抜け毛や薄毛が気になるようなら未成年でも使用することが可能なのです。

薄毛や抜け毛が始まる年齢は人それぞれです。30代や40代以降に症状が始まると思っている人は多いのですが、早ければ10代のうちから始まる人もいるのです。

ただし、育毛剤の選び方や使い方を間違えれば早いうちから対策をしていても逆効果になる可能性もあるのです。まず、育毛剤には医薬品指定のものと医薬部外品のものがあります。

医薬品のほうが効果が迅速であるというメリットはあるのですが、若いうちは医薬品の育毛剤の使用は控えましょう。なぜなら医薬品には副作用を呈する可能性が高い物質が含まれています。

効果の現れがゆっくりでも副作用のない医薬部外品を選ぶほうが良いのです。使い方はパッケージなどに記載されてる通りで構いません。ほとんどの製品はシャンプー後などの清潔な皮膚に塗布して軽く指でトントンと叩くという方法で良いです。

ただし、若いうちは特にですが、3食バランスの良い食事をとる、睡眠不足など生活習慣の乱れを正すことも大切です。そうすることによって、より育毛剤の効果が出ます。

10代から始めたいナノアクションD

白髪や薄毛と言えば、年齢を重ねてからの悩みだと考える人が多いですが、ストレスフルな現代社会では、若い人の間でも大きな悩みのひとつとなりつつあります。

髪の毛の不安は、主に30代から40代にかけて深刻になってきますが、早い人では20代後半からその兆候が見られる場合もあります。髪の毛に不安を感じ始めたら、進行を食い止めたり予防を含めて、何か対策を講じたいところ。

その代表格といえば、スカルプシャンプーやサプリメント、そして育毛剤です。ナノアクションDは、有効成分をナノ化することによって、より頭皮の奥深くまでの浸透を促す育毛剤です。

植物由来の有効成分が豊富に含まれており、発毛促進や血行促進に効果があるとされています。ナノアクションDの他にもさまざまな育毛剤が出回っています。

男性ホルモンによるものや、血行不良によるもの、ストレスによるものなど、その原因タイプに合わせた成分が配合された製品があるので、よく吟味することがポイントです。

髪の健康に対する対策は、早すぎることはありません。10代のうちから気を付けることで、将来長きにわたってふさふさとした髪の毛をキープできる可能性が高くなります。自分に合った対策を行って、いつまでも若々しい髪を保ちましょう。

薬用プランテルは前髪が増えます

若い男性の中には前髪の部分が薄くなってきたという人はかなりいらっしゃいます。年齢も若い方、20代の方や、中にはまだ10代だと言われる方もいるのです。まだまだ壮年期になってもいない時なので、本人にとってはとても気になることのです。

他の人にとっては何でもない事ぐらいに思えても本人にしてみれば、大きな悩みになります。ぜひそのような方達に使っていただきたい育毛剤の薬用プランテルがあります。

薬用プランテルは特にM字型に薄くなってきた方に使っていただくように作られたものなのです。薬用プランテルをある程度の期間、使っていただくと前髪が多くなってくるのがわかります。

育毛剤の中では敏感肌の方には合わないものもありますが、薬用プランテルは使っている成分は全てが自然由来のものなのです。それなのでアレルギーの方にも使用してもらえるのです。前髪が多くなってくると、今までできないと思っていたヘアスタイルも思いのままにできるようになります。

そして、髪の毛が濡れるのが嫌で海やプールなどのお誘いも断っていたような人も、大好きなアウトドア生活がおもいきり楽しめます。二度とない大切な時間を楽しく過ごしていただきたいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加