育毛剤の朝と夜どのタイミングが正しい使い方なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いざ育毛剤を購入したものの、どのタイミングで使ったらいいのか悩む人は多いです。

朝と夜、シャンプーの後や寝る前など、つけるべきタイミングが多いのですが、タイミングと使い方は非常に重要となります。

ここでは育毛剤を使うタイミングについて詳しくまとめています。

育毛剤の使い方と朝昼晩いつ使えばいいのか

抜け毛が多くなってきたときや薄毛が目立つようになってきたときには早めの対策が必要です。手軽に行える対策としては育毛剤を使用することがあります。

育毛剤の使用方法は簡単であるため、つい自己流の使い方をしてしまう人もいるのですが、より効果を実感するためにはいくつかのことをきちんと守って使用することが望ましいと言えます。

まずは夜にシャンプーをした後に使うことが大切です。シャンプーをした後にという説明だけの製品もあるので、朝風呂に入る人は朝使うようにしているかもしれません。

しかし、朝使用するとせっかく塗布したものが汗で落ちてしまったり、汚れがつまったりするのでおすすめできません。きちんと夜使うようにするとより高い効果が期待できます。

シャンプーをした後に塗布したら、軽く頭皮マッサージを行います。このとき力が強すぎると血流を阻害してしまって逆効果になる可能性もあるので、指の腹を使って軽く刺激を与えたり、指でトントンと叩く程度で良いでしょう。

正しい使い方とともに生活習慣も正していくことでより効果アップも期待できるので、バランスの良い食事や規則正し生活を実践しましょう。これらに気を付けて効果的に育毛剤を使いましょう。

育毛剤の使い方と、夜の理由

育毛剤を使う時は、しっかりと使い方を守るという事も重要になってきます。そのひとつが、使うタイミングです。

1日に何回もつけていく方が、より高い効果が期待出来るのではないかと考える人も少なくありませんが、多くの育毛剤は、夜につける事で、より高い効果を期待する事が出来ます。それは、髪の毛の成長に、睡眠中に分泌される成長ホルモンが欠かせない為です。

発毛に必要な成分、そして髪の毛が育つ為に必要な成分を頭皮につけても、成長ホルモンによって髪の毛自体が成長をしていかなければ、新しい髪の毛が生えてくる事がない上、現在の髪の毛が太く丈夫に成長する事もありません。

ですから、良い髪の毛を取り戻したいと考えるのであれば、成長ホルモンを意識する事が重要になってきます。成長ホルモンは、睡眠中に分泌されるホルモンです。ですから、睡眠時間の前に、育毛剤を使い、髪が成長しやすい状態を作っていく事が効果的になります。

ただ、育毛剤によっては、1日2回等、使い方が決まっている物も少なくありません。その場合は、書かれている使い方をしっかりと守って使っていく事が大切です。ただ、多くの育毛剤は、夜に使う事によって、高い効果を期待する事が出来ます。

育毛剤の抜け毛予防効果を高める使い方とは

育毛剤とは、現存する毛髪に対して影響を与えることで、抜け毛を予防したり、その成長を促進させることを目的としたものです。使い続けることで抜け毛の減少や薄毛予防などの効果を期待することができます。

ですが、ただ使用していれば良いと言うものでもありません。まずは商品の説明などに用法を守ることを原則とし、その上でより効果を高める使い方をすることが求められます。

まず育毛剤を使用する時間ですが、これは夜が適切です。その理由は、洗髪後、きれいになった頭皮に育毛剤を使用することで、より頭皮や頭髪に必要な栄養が毛根に届きやすいためだからです。

またその後、睡眠をすることで、睡眠中の一定時間に分泌が盛んになる成長ホルモンの影響を受けることで、より育毛剤の成分が良い働きをするためだからです。

ただし商品によっては、夜だけはなく朝の使用も推奨しているものもありますから、その場合はそれを守ることが大切です。使用する量は、商品に記載されている量を守るのが一番であり、抜け毛を予防したいから、早く髪を生やしたいからと言って、たくさんの量を使うのは、むしろ良くないとされています。

これは、大量の液剤が毛穴を塞いでしまうためです。そして育毛剤を塗布した後は、指の腹を使って、それを優しく頭皮に揉みこむようなつもりでマッサージをすると、頭皮の血行も促進されて、より高い効果が期待できます。

育毛剤の併用は間違った使い方なの?

巷にはたくさんの育毛剤があるため、あれもこれも試してみたいという衝動に駆られますが、そもそもの疑問として、育毛剤の併用する使い方は育毛ケアに正しいのか心配したことはありませんか?

特に、医薬品に分類さる商品はとくかく、一般の商品であれば、むしろ育毛ケアにとっては有効な使い方と言われています。

というのも、育毛促進する方法として、頭皮の血行を促進させて髪の毛に栄養を与えるケアと、育毛にかかせない有効成分を補給するケアと、育毛剤といってもアプローチの仕方が大きく分けて2つに分類することができます。

そのため、血行促進と栄養補給と、それぞれ育毛剤を併用することによって育毛の効果を上げていくことができるようになります。

そのため、複数の育毛剤を使っている人は、どんな効果があるのかを一度チェックしておくこともおすすめです。同じタイプの商品であれば、効果が重なってしまっているので、違う商品に変えることがポイントです。

一日の適量というのもが決まっていますから、つけ過ぎになる恐れがあるため、育毛ケアが逆効果になってしまうこともあります。そのため、併用する場合は、選ぶ商品はきちんとチェックしておくことは忘れないようにしましょう。

育毛剤の使い方 いつ使用すべきか?

育毛剤は大きく2つの作用機序を持つものに分類されます。1つは、男性型脱毛症の原因となる男性ホルモン、テストステロンの働きを抑えるものです。

これはよくTVコマーシャルでも宣伝されているAGAの治療薬で病院の診察を受けなければ手に入りません。プロペシア、アボルブという商品があります。

もう1つは、毛根周辺の血管を広げ、血流量を増やし、栄養等を沢山供給し、毛の発育を促進する育毛剤です。大半の育毛剤は後者に分類されます。この後者の育毛剤の使い方には、ポイントがあり、それはいつのタイミングで使用するかという点です。

それはいつのタイミングかというと、お風呂上りのタイミングです。お風呂上りには体が温まって、熱を拡散させるために血管が拡張しやすくなるため、頭皮の血流が良好になっています。

作用機序が血管を広げ血流を改善するような薬なので、お風呂上りの血流改善による効果との相乗効果が期待できるのです。

また、体が温まっている時には毛根が開いた状態になるため、育毛剤が浸透しやすいという理由もあります。さらに、お風呂上りということは頭皮をシャンプーした後なので、頭皮の皮脂等の汚れも洗い流され、これも薬が浸透しやすい要因の1つとなります。

育毛剤の正しい使い方と望ましいタイミングとは

三十代から四十代になると、男性型脱毛症を発症して、薄毛に悩む男性というのは段々と増えて行ってしまいます。

しかも男性型脱毛症は自然に治癒されない上に、放置しているとどんどん薄毛が進行して行くケースも少なくないです。そのため、頭髪が薄くなり始めたら、出来るだけ早い段階で、対策を施す必要があります。

そして男性型脱毛症対策として一般的な方法は、市販の育毛剤を購入して、薄毛の進行を食い止めつつ、弱った髪に再び活力を与えるといった方法です。

ですが薄毛を改善したい余り、使用する育毛剤を次々に変えてしまう人が少なくありません。しかも一ヶ月程試して改善効果が出ないと直ぐに、見切りを付けてしまう人が多いです。

ですが育毛剤というのは、継続して使い続けて徐々に効果を生み出すモノです。なので正しい使い方としては、少なくとも半年以上は継続して同じ商品を使用し、そこで効果のある無しを判断すべきだと言えます。
更に育毛剤の使い方としては、使用するタイミングも大事です。というのも髪の毛の成長は、午後十時から午前二時までの間が、ピークだと言われています。

なので育毛剤を使用するタイミングとしては、午後九時前までに風呂に入って頭皮を清潔な状態にした上で、使用するといったタイミングが望ましいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加