女性用の育毛剤はどうやって選べばいいか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性用の育毛剤は前々からかなりの数が販売されていますが、ここ最近では女性用の育毛剤も多く販売されています。ここでは女性用の育毛剤をどうやって選べばいいかについてまとめています。

女性用育毛剤を選ぶポイント

薄毛や抜け毛に悩む女性もたいへん多くなっています。それに伴なって、店頭には非常に多くの女性用育毛剤が並べられています。

非常にたくさんの商品の中から、より効果の高いもの選ぶために幾つかのポイントを押さえておきましょう。一つのポイントは、自分の頭髪の状態に基づいて選ぶということです。

たとえば急に抜け毛が増えた場合、男性ホルモンの過剰な分泌が理由として考えられます。その際にはホルモンバランスを調整する効果を持つ成分が配合されているものがよいでしょう。

また頭皮が乾燥している場合には、保湿成分を配合した女性用育毛剤を選ぶことができます。保湿に有効な成分には、ヘチマエキスやヒアルロン酸などがあります。

さらに髪の悩みを抱える方の中には、大きめのフケが出て困るという方もおられることでしょう。これは皮脂が多すぎることによって起きる症状です。頭皮の皮脂が過剰になると毛穴は詰まり、十分な栄養が髪全体に行き渡らなくなってしまいます。

その結果として薄毛などの症状が起こるというわけです。その場合には、抗酸化作用や抗菌作用のある成分を含んだ育毛剤がおすすめです。

女性用育毛剤は、医薬品、医薬部外品、また化粧品といったものに分類されています。それぞれの違いをよく理解したうえで自分にあったものを選ぶようにしましょう。

育毛剤にも女性ホルモンが含まれたものがある

薄毛対策にと育毛剤を使っている人も多いのではないでしょうか。髪は女性ホルモンで作られているため、ホルモンバランスが乱れ男性ホルモンが増加することで、薄毛や抜け毛に悩まされやすくなってしまいます。

薄毛や抜け毛の予防・改善に効果的なのが女性ホルモンを増やせる大豆イソフラボンの摂取で、豆乳、納豆、豆腐、枝豆、味噌汁などを普段の食事に摂りいれると良いと言われています。

気軽に毎日摂取しやすい食材ですし、大豆類が苦手であれば大豆イソフラボンが含まれているサプリメントを摂取していくのも良いでしょう。

食品の他に、育毛剤にも女性ホルモンが含まれているものがあり薄毛や抜け毛に効果的です。加齢や生活のリズムが崩れることでも減少してしまうホルモンを育毛剤により与えることで、その成分が毛母細胞に到着することで活性化され、血行が良くなります。

そして、頭皮と髪に栄養を与えやすくなります。また保湿力が高くなるので、頭皮の乾燥や髪のパサつきを防いでくれる働きもあるので、髪を綺麗に保つことも可能になるでしょう。

女性ホルモンが配合された育毛剤を使いながら、食品で大豆イソフラボンを摂取していき、男性ホルモンを抑制していき薄毛や抜け毛の対策をしていきましょう。

薄毛の女性のおすすめしたい対策について

女性の薄毛の場合、その原因として多いのは、女性ホルモンの分泌のバランスが崩れることを原因とした薄毛です。このホルモンにはエストロゲンと呼ばれるものがあるのですが、これは毛髪の発育を促進させる作用があります。

ですからこのホルモンの分泌量が、たとえば出産などによって、たとえば加齢になどによって減少することで、薄毛が進行すると言う具合です。なお出産をしていない、あるいはまだそれほど年齢を重ねていないと言う方でも、生活習慣などによってこのホルモンの分泌バランスが崩れることはありますから、注意が必要です。

この場合は、このホルモンを補うことが予防策あるいは対策としては有効です。大豆食品に含まれているイソフラボンと呼ばれる成分は、エストロゲンと似た働きを持っていると言われています。

そのため、大豆食品を摂取することはおすすめです。また毎日の髪形にアクセントをつけるのも、対策としてはおすすめです。

毎日、同じ分け目、あるいはきつく髪を引っ張るような髪形をしていると、どうしてもその分け目部分、引っ張っている部分の薄毛が進行しやすくなります。

女性は男性に比べると、多彩なヘアアレンジを楽しんでいる人も多いですから、たとえば分け目を日によって変えるとか、休日は髪を下したままにすると言った方法で、髪や頭皮を休ませる対策は、とてもおすすめです。

女性の薄毛の上手な隠し方

薄毛の上手な隠し方として、まずは髪形を変えると言う方法を挙げることができます。たとえば、髪の分け目を変えてみるのが効果的です。

そもそも髪をくくったり、様々なアレンジを行うことが多い女性は、毎日、同じ方向に髪を分けていることが薄毛の原因であると言うことも非常に多いです。

ですから、いつもとは違った方向に髪を分けることは、今の薄毛の状態をそれ以上、進行させないことにもつながります。頭頂部辺りの薄毛が気になると言う方は、前髪でそれを隠すのも有効です。前髪を多めにとって、後頭部に向かってくしでときます。あとは適当なところでクリップで留めるだけです。

気になる部分を隠していると言うニュアンスでヘアアレンジをするよりも、邪魔な前髪をあげていると言うニュアンスで、あくまでもヘアスタイルのひとつを楽しむつもりでスタイリングをすると、自然な雰囲気を出すことかできます。またヘアターバンやヘアバンド、カチューシャなどのアイテムを使用するのも方法のひとつです。

これでしたら、髪の量を問わず薄さを隠すことができますし、隠したい範囲が広ければ幅の広いヘアターバンを、逆にそれほど範囲が広くなければ細身のカチューシャを使用すると言った具合に、適切な道具を選ぶことができます。

薄毛を隠すためのスプレーなどを使用するのも、簡単で効果の高い方法です。ただし、頭髪に直接、吹きかけるものですから、なるべく刺激の少ない、頭髪に優しい成分で作られているものを使用することが求められます。

女性の薄毛対策について

女性の薄毛は様々な原因が考えられます。まず、カラーリングとパーマは、頭皮に付いてキューティクルを破壊し髪の毛を細くします。

美容院によっては、液を直接頭皮に付けないように対策をしていますが、薄毛が気になり始めたらしばらくは控えます。どうしてもカラーリングやパーマの必要がある場合は、美容院で頭皮へのダメージが少ないものを使います。

また毎日のお風呂での対策も大切です。シャンプーのしすぎは、必要な油分まで落としてしまいます。1日2回以上シャンプーをするのは好ましくありません。シャンプーは泡が残らないように、しっかりとすすぎます。

髪の毛を乾かすドライヤーは、髪にダメージを与える可能性があります。髪の毛は熱に弱いので、長時間同じ場所にドライヤーを当て続けると、キューティクルが剥がされます。

髪の毛は毛先に向かって栄養が足りなくなるので、根元から風を当てて毛先が温風にさらされる時間を短くします。さらに女性ホルモンが不足すると、薄毛を促進する男性ホルモンの働きが優位になります。

食事を通して女性ホルモンを増やします。その中でもエストロゲンは美しい髪を維持するのに欠かせません。大豆イソフラボンが、エストロゲンに近い働きをするので、豆腐や豆乳などの大豆製品を食べます。

体毛が濃くなる女性の男性ホルモンによる薄毛

薄毛の原因で、体内で分泌される男性ホルモンが引き起こしているケースがあります。男性ホルモンは女性の体の中でも副腎や卵巣で男性がつくる量よりもかなり少ない量ですが作られます。

分泌が正常な場合には、女性ホルモンが男性ホルモンの働きを抑制することで男性ホルモンの影響を受けませんが、何らかの原因によりホルモンの分泌が減ったり、出なくなったりすることで、男性ホルモンの影響が大きくなり、男性のように体毛が濃くなったり、髭が生えたり、体の丸みが失われたりといった症状が現れます。

ホルモンの異常の原因として、環境ホルモンの影響や、ストレス、過剰なダイエットや栄養不足、加齢などがあげられます。

ホルモンの異常により、女性でも男性型脱毛症で薄毛になってしまうことがあります。男性型脱毛症は、男性ホルモンが酵素と結びつくことでジヒドロテストステロンに変化して、毛母細胞を攻撃することにより、抜け毛が増えます。

ホルモンバランスを正常に保つことで、このような男性ホルモンの影響による薄毛を予防することができます。

ホルモンバランスが崩れる原因となるストレスを解消し、過剰なダイエットなど栄養不足に陥る原因となるので、栄養バランスの取れた食事を摂る事、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを摂取することなどが挙げられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加