薬局で購入可能な発毛剤について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発毛剤の購入を検討した場合、安全性を求めるのなら病院やクリニック。安価で購入したい場合は薬局や通販などの選択肢が思い浮かぶのではないでしょうか。

ここでは薬局で購入可能な発毛剤についてまとめています。

薬局で購入することができる発毛剤

抜け毛や薄毛に悩み始めたとき、薬局などに並んでいる発毛剤や育毛剤が気になってしまうことがあります。様々な種類のものがあり、どのように選んだら良いか迷うこともあります。

発毛剤は脱毛した部分に新しい毛を生やすためのもので、毛穴の中で眠っている毛根に体して刺激を与えて呼び覚まし、発毛させるようにする仕組みのものです。

育毛剤は今ある髪の毛のために頭皮環境を整え脱毛予防や細くなった髪を太くすると言ったものです。自分黄菅や抜け毛の状態に合わせて選ぶようにすることが大切です。

発毛剤には大きく分けると服用タイプと塗布タイプがあります。服用タイプは抜け毛や薄毛の大きな原因と言われる男性ホルモンのジヒドロステロンが作られるのを防ぐ成分が含まれているものが多く、利用するためには医師の処方が必要になります。

また個人差はありますが副作用が起こる可能性もあります。発毛効果のためには長期間服用することが大切で、効果が出ても服用を止めてしまうと元に戻ってしまうことがあります。

塗布タイプのものは薬局などでも手軽に購入することができ、毎日使いやすく、副作用などの心配も少ないとされています。そのため服用タイプよりも効果が薄く、長期的な仕様が求められます。

病院で処方される発毛剤

抜け毛の原因は、ストレスや睡眠不足、脂質や糖質の摂り過ぎに食生活のバランスの崩れ、頭皮環境の悪化などが上げられます。

人は通常1日に50〜100本程度の髪が抜けますが、いつもよりも抜け毛が増えたと感じたらそれは薄毛になってしまう前兆かもしれないのです。また、生活が変わっていないのに増えたなら男性型脱毛症の疑いがあります。

原因がなんであれ、進行してしまう薄毛には早めに対処することによって予防することができるようになります。特に男性型脱毛症は専門の病院に行き発毛剤を処方してもらうことをおすすめします。

病院で処方される発毛剤は主に、抜け毛の原因となる男性ホルモンの毛包への作用を阻害するフィナステリドなどの内服薬などが処方されます。薄毛は遺伝的なものもありますが、多くの場合男性ホルモンが原因となります。

薬で抑制することによって髪の毛を生えるように働きかけることはできますが、太く長く育てるためには髪の毛を育てるための頭皮環境や栄養を届けるための血流の改善、脂質や糖質を控えてバランスの良い食事をとる、ストレスや喫煙などの髪の毛に悪い習慣は避けて、しっかりと質の良い睡眠をとるなどの育毛するための体の状態も重要です。

発毛剤クーリッシュの効果と漢方成分

発毛剤クーリッシュは、ビタミンEのトコフェロール、センブリエキスなどの有効成分を含有するヘアトニックです。

まずビタミンEに関してですが、ビタミンEには血行を良くする効果があります。それは、血管内のつまりを防止したり、血管壁を強くすることに由来します。

毛根周辺に多数存在する毛細血管を広げてくれるので、毛根に多くの血液、すなわち栄養を補給し、育毛を促します。また、ビタミンEには活性酸素を抑制する効果があります。

活性酸素は毛穴や頭皮にたまった脂質を酸化し、過酸化脂質を作り出し、毛の成長に悪影響を及ぼします。つまり、ビタミンEは、血行促進と活性酸素抑制の2つの効果で毛の発育を促します。

2つ目の有効成分センブリは漢方成分として有名な成分です。センブリにはビタミンEと同様に血管を広げ、血行を良くする効果があります。また、細胞分裂を促進する効果があると言われており、この細胞分裂により毛の発育が促されます。

また、発毛剤クーリッシュには他にもトウガラシチンキ、メントールなどの血行促進効果を持つ成分が含有されています。トウガラシチンキ、メントールは爽快な使用感を実現するのにも寄与していますので、使用の継続にも寄与しています。

敏感肌や効果ある発毛剤は皮膚科の評価を気にする

寝起きの枕やブラッシングやシャンプーの時などに、抜け毛が気になるだけであったならば、育毛剤などでも良いかもしれません。

でも、気が付いた時には、かなり薄毛が進行してしまうこともあり得るでしょう。そうなってしまってからは、育毛剤では効果が薄いこともあるのです。育毛剤では効果を感じられなくなった場合は、発毛剤を利用してみた方が良いかもしれません。

探してみると発毛剤にも色々な種類があることが分かるでしょう。それぞれに含まれている成分も色々あるでしょう。より効果を期待したい人や、敏感肌などで自分にも使用できるか心配な人にとっては、皮膚科の評価に注目した方が良いでしょう。

皮膚科には薄毛の治療に訪れる人もいる為、多くの人が効果のあると感じている発毛剤がどれかも分かるでしょう。もちろん、含まれている成分などから、肌に優しいものなのかも知ることが可能です。

しかし、効果や皮膚に合うかどうかは個人差があるものです。実際に使用してみて、肌に違和感があった場合は、皮膚科に行って治療をおこなった方が良いでしょう。もちろん、使用した人が効果を感じている発毛剤は1つではありません。自分の皮膚に合い、しかも効果を感じられる、次なる発毛剤を使用してみたら良いでしょう。

効果のある発毛剤の選び方とは

薄毛に悩む女性は意外と多く、最近では男性用以外にも女性用発毛剤も販売されています。種類も豊富なので、選び方のポイントは成分表示などを見て自分に合ったものを選ぶことです。

まず刺激が強いアルコール成分が配合されているものは、避けた方が良いでしょう。化粧品より、医薬品や医薬部外品の方が成分の効果が期待出来るので、確認して購入することをおすすめします。

そして発毛剤の多くは、継続して使用することで効果が出てくるものなので、最低でも6カ月間ほどは根気よく使い続けてみましょう。もし肌に異常を感じたら、使用をやめてください。

有効成分の特徴も様々で、抹消血管拡張剤は被害を血行を促進して栄養状態を改善するもの、毛母細胞活性化剤は毛髪のもとになる毛母細胞を活性化させて、髪の成長を促す働きがあります。

毛髪代謝活性化剤は髪の成長を促すとともに、細胞を活性化させて新陳代謝を促進させるもの、女性ホルモン調整剤や栄養補給剤などの成分が含まれているものもあります。

これらの成分表示を理解して発毛剤を選ぶと良いでしょう。産後の薄毛には栄養補給や女性ホルモン成分が含まれるものを選んだり、頭皮の乾燥やフケが気になる場合は保湿剤や抗菌剤入りがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加