飲み薬タイプの発毛剤はどんな作用があるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛の薄さで悩んでいる人の場合、育毛剤などを色々試してもなかなか効果が表れないことがあります。

ここでは医薬品として認められている発毛剤の飲み薬についてまとめています。

病院で処方される飲み薬の発毛剤について

AGAは男性型脱毛症の事です。その原因は男性ホルモン(テストステロン)が5α還元酵素によって、ジヒドロテストステロン(DHT)になり、このDHTが毛乳頭細胞にある受容体と結びつくことにより髪の成長を抑制してしまうからです。

この5αリダクターゼの活性を抑えDHTをつくいらせなくする発毛剤フェナステリドの発売により、AGAの治療が病院で可能となりました。

フェナステリドは飲み薬のタイプの発毛剤で、医師の指導のもとに正しい処方でのむことをおすすめします。

AGA治療専門な病院では、外用のミノキシジルと併用しながら、ヘアサイクルの乱れを元に戻す生活習慣の指導も行ってくれます。

もちろん、保険も使用でませんから治療費は高くなります。一般皮膚科ではフェナステリドとミノキシジルの処方は行ってくれますが、生活習慣に対する指導はありません。

さらに安価に治療をしようと思えば、個人輸入でフェナステリドを手に入れることができますが。これはもし副作用が起きても自己責任で、処理することが必要です。

フェナステリドは、飲む発毛剤として、これまでに高い実績を残していますが、飲めば100%効果があるわけではありません。全員の薄毛の原因がDHTとはかぎりませんし、食生活やほかの生活習慣も関係しています。

しかしながらフェナステリドはAGAに効果のある薬ですので、AGAの悩む人は、治療を受ける価値があります。

発毛作用を促す飲み薬タイプの発毛剤

薄毛や抜け毛の対策として発毛剤を利用することがあります。発毛剤には頭部に直接外部から塗布するタイプのものと、経口医薬品として飲み薬となっているタイプのものがあります。

日本国内で認可されている発毛剤は医師に処方してもらう処方箋医薬品と、薬剤師などがいる薬局で購入する一般医薬品があります。薄毛や抜け毛の対策には育毛剤や養毛剤もあります。

育毛剤は髪の毛の成長を促す成分を主体とし、今ある髪の毛の成長を促して脱毛を予防する効果を目的にしていますし、養毛剤は脱毛を抑えて髪の毛を保護することを目的とし、栄養分や保湿成分、皮脂やふけを抑える成分が主体となっています。

そのように育毛剤や養毛剤は今、生えている髪の毛の状態を維持するものであるのに対して発毛剤は毛母細胞に作用して脱毛後に新しく発毛させることを目的にしているものです。

積極的に発毛作用を促すため、毛母細胞の活性化や細胞分裂が期待できる成分を主体に作られています。発毛剤を選ぶ際に効果を重視するのであれば、飲み薬タイプのものが良いでしょう。

塗布するタイプのものは塗る量や部位、頭皮の状態などによって頭皮への浸透率にばらつきが出てしまいますが、飲み薬タイプのものは体内でしっかりと吸収されるので効率的に浸透しやすいので効き目も早く改善しやすいです。

飲み薬の発毛剤の種類について

外用薬と比較すると、効果が高く早い段階で発毛が実感できるのが飲み薬の発毛剤です。外用薬の発毛剤が多くのメーカーから多数の商品が販売されているように、飲み薬の発毛剤も複数の種類が存在します。

まず、人気が高く初めて使用する飲み薬の発毛剤として選ぶ方が多いのがミノタブです。ミノタブは、成分にミノキシジルが含まれている点が魅力的です。

ミノタブが初めて飲み薬の発毛剤を使用する方に選ばれる傾向があるのは、アメリカや日本の厚生労働省に正式に認められており、安心と安全が保証されているという点です。

内服薬として育毛剤として、アメリカや日本にある厚生労働省に認められているのはミノキシジルともう一つの2つのみです。

内服薬として育毛剤が、外用薬の育毛剤に比べて効果が現れやすく短期間で結果が出るのには内服薬ならではの特徴があります。

内服薬を飲用することにより、頭皮に張り巡らされている血管が拡張され、血液の流れが活発になることにより、血行が良くなるのです。

血行が良くなることにより、毛根を生成する毛母細胞が活発に働き新しい毛根を作りやすくなるのです。直接体内に取り込む内服薬は外用薬に比べ不安を感じやすいですが、機関にて認証されているので安心です。

飲み薬タイプの発毛剤を飲むのはいつ?

発毛剤には、直接頭皮に塗る外用薬タイプのものと口から服用する飲み薬タイプのものがあります。自分の体質や頭皮の状態、また髪の毛の状態などに合わせて、どちらのタイプを選ぶかを決めることができます。

いずれのタイプを選ぶとしても大事なポイントは、それをいつ使うかという点でしょう。基本は毎日です。それも最善なのは、毎日の決まった時間に使用するということです。

特に飲み薬の場合、口から身体に入り直接吸収されるものであるため、正しい服用が求められます。身体に負担をかけることなく、なおかつより十分に吸収できるよう飲む時を考慮することができます。

たとえば、飲み薬タイプの発毛剤にも実にいろいろな種類があります。たとえば、発毛効果が高いことで知られる薬効成分ミノキシジルを主要成分として作られたタブレットタイプの発毛剤などがあります。

これらの発毛剤が最大の効果を発揮できるようにするためには、服用する側として注意しなければならない点が幾つかあります。服用する前に、それら飲み薬の説明書を注意深く読むことです。

そこにはいつ服用すべきかを含め、服用に関する幾つもの指示が記されているものです。必ずこれらの指示に従って服用するようにしましょう。

飲み薬の発毛剤の個人輸入は大丈夫?

日本において、発毛剤の飲み薬で最も有名なものはプロペシアという医薬品です。これは毛根周囲における男性ホルモンの作用を抑えることにより薄毛を予防・改善する発毛剤です。

プロペシアと類似の作用機序を持つものでアボルブという薬があります。プロペシアとアボルブは共に病院での診察を行った上で医師による処方が必要な医薬品です。

このように手間がかかり、1ヶ月あたり約1万円とコストもかかることから、同一有効成分の海外の医薬品を個人輸入する方が沢山いらっしゃいます。輸入品は、病院で薬をもらうより安価に手に入り、かつインターネットにより注文ができるなどのメリットがあります。

この個人輸入は、輸入した本人が使用する場合に限っては合法となります。しかし、輸入したものを他人に譲渡したり、転売することは薬機法違反となります。

ただこの輸入品に関しては、品質面での不安が出てきます。日本で製造された医薬品に関してはGMPなどの基準を満たしたものなので安心ですが、輸入品に関しては、その国の基準に基づいた製品になります。

実際、輸入品には有効成分が入っておらず、偽薬であったという事例もあるので、それが心配なら病院で薬を処方してもらうべきかと思います。プロペシアに関しては、2015年4月よりジェネリック品が発売となっているので、以前よりは安価に手に入るようになっています。

発毛剤の飲み薬の使用方法についての注意点とは

三十代も半ばを過ぎると、男性の中には徐々に頭髪が薄くなるといった薄毛の症状に苦しむ人が増えて来ます。というのも男性は年齢と共に、男性型脱毛症を発症する人が多くなるため、薄毛の人が多くなって行くのです。

しかも男性型脱毛症というのは、自然治癒される事は期待出来ない上に、放置していると薄毛が進行する場合が多かったりします。だからこそ、出来るだけ早く対抗策を取る必要があるのです。そして薄毛対策と言えば、少し以前までは、市販の発毛剤を購入して試すといった方法が主流でした。

ですが市販の発毛剤は、基本的に頭皮に塗るタイプが多く、肌質や頭皮環境によってはほとんど効果が出ない等の、個人差が大きかったりします。なので最近では、発毛剤の飲み薬を処方して貰うために、病院に行く人が増えているのです。

飲み薬ならば、頭皮環境や肌質にも左右されず、より高い確率で発毛効果を生み出してくれます。何より専門医が効果を認める薬であるので、安心です。

ただしそういった発毛剤の飲み薬は、動悸や息切れ、精力の減衰等の副作用を伴う事があります。そのため、使用方法に注意し、医者に言われた用法用量を守って正しく使わないと、そういった副作用が酷くなる危険性があるのです。

飲み薬の発毛剤で体毛が濃くなる

飲み薬タイプの発毛剤を継続して利用していると、副作用で体毛が濃くなったと感じる人が大勢います。これは発毛剤に含まれる成分によって生じる作用ですが、頭髪や体毛には毛母細胞と呼ばれる毛を作り出す細胞が存在し、飲み薬に含まれる成分によってこれが刺激されることで毛が濃くなるというのです。

もちろん症状には個人差があるため、産毛のように色が薄くひょろっとした毛が生える場合もあれば、黒々とした剛毛が胸やウデ、足などに生える場合もあります。

あまりに気になるようならばシェーバーや脱毛フォームなどでお手入れをしてあげると良いでしょう。体毛が濃くなるのが嫌で肝心の発毛剤の利用をストップしてしまうと、頭髪の成長を阻害してしまう恐れがあるため要注意です。

飲み薬はきちんと飲み続けて、自分が理想とする髪の毛を手に入れるまでは多少の副作用は気にしない心の強さが必要です。接客業など他人と接する機会が多い人ならば、こまめにお手入れをすることで発毛剤を飲み続けていくことが可能です。

めまいや頭痛など、気になる症状が表れた場合には飲み薬の利用は一時ストップして医師の診察を受けるようにしましょう。持病がある人も発毛剤によって悪影響がないか確認をしておくと良いでしょう。

飲み薬の発毛剤で現れる初期脱毛とは

発毛剤には頭皮に塗布する外用薬だけでなく飲み薬もあります。気になる部分に直接成分を浸透させる外用薬とは違って即効性が期待できないと思いきや、体の中から変えて行くので、上手くいくと非常に高い効果が期待できるのです。

飲み薬の発毛剤を飲み始めてすぐに初期脱毛という症状が現れることがあります。これはその名のごとく飲む前よりも抜け毛が一時的に増える症状です。

これを薬が体質に合っていないと勘違いして服用をやめてしまう人がいますが、これは大間違いなのです。髪にはヘアサイクルといって生え変わりのサイクルがあります。

抜け毛や薄毛が進行するのはこのサイクルが乱れたことが原因です。そこで正常な周期に戻すにはヘアサイクルが乱れた髪は一旦抜け落ちるといった過程を経ないといけないわけなのです。つまり、初期脱毛の症状が現れたということは、その発毛剤が効いていることの証明なのです。

ただ、ここで間違ってはいけないのが、痒みや炎症などを伴う脱毛です。これは初期脱毛ではなく薬が体質に合わないことが原因でヘアサイクルの正常化の過程ではありません。この場合は速やかに服用を停止し、必要であれば専門医を受診して治療を受けることです。

発毛剤リアップの使用と他の飲み薬の飲み合わせについて

リアップは市販薬としてドラッグストア等でも購入することができる発毛剤です。外用薬のため他の飲み薬の飲み合わせは問題ないだろうと考えがちですが、他の飲み薬の治療効果に影響を与える可能性はあります。その対象疾患は、高血圧、心疾患、腎臓疾患です。

リアップは毛根周辺の血管を拡張することで血流量を多くして育毛効果を発揮する発毛剤ですが、この有効成分ミノキシジルの一部は血液中に取り込まれ、全身に循環していきます。

すると、毛根周辺だけでなく全身で血管が拡張する可能性が出てきます。そこで最も問題となるのは、血圧の管理です。高血圧の方は、血圧降下剤を服用することで血圧を下げます。

この血圧降下剤の多くは、ミノキシジル同様、血管を拡張させることにより血圧を下げる働きをします。つまり、リアップを併用することにより、血圧が下がり過ぎてしまう可能性があるということです。

またこの血圧が下がり過ぎてしまうことにより、心疾患をお持ちの方で、むくみが起こりやすくなる、という問題もあります。むくみの原因の1つは、心臓のポンプ機能が落ちることで血圧が下がり、末梢から血液が戻って来ず、水分が貯まってしまうことです。

つまり、リアップの有効成分ミノキシジルは血圧を下げることで、心疾患をお持ちの方のむくみに拍車をかけてしまう可能性があります。また腎臓疾患を持った方にもむくみを悪化させてしまう可能性があります。

腎臓は血液から水分、老廃物等をろ過し、尿を作り出す臓器ですが、このろ過の動力こそ血圧なのです。血圧が下がってしまうとろ過機能が低下し、体内に水分が貯まりやすくなりむくみの原因となります。

飲み薬の発毛剤の口コミについて

髪の毛が薄くなってくるのは主に抜け毛と髪の毛が細くなってしまうためです。

これは年齢とともに抜け毛が多くなったり髪の毛が細くなってしまうのはある程度仕方がないことなのです。それはホルモンが影響していることがあるのですが、そのホルモンの影響によって、男性では若い年齢でも薄毛になる場合があります。

髪の毛は毛根の数は変わらないのですが、抜け替わるスピードが変わってくるのです。髪にはヘアサイクルがあります、4年から6年という期間をかけて成長を続けるのです。その期間が長ければ長いほど髪は太く強くなります。

しかしそれは髪の毛が血液から酸素や栄養分を受けているためで、この血液が血行不良を起こしてしまうとヘアサイクルが乱れてしまうのです。

ヘアサイクルが乱れると十分に成長するまえに抜けてしまったり、細く弱い髪の毛になってしまい薄毛になるのです。これを防ぐには血行を元に戻すことが必要です。発毛剤の中にはそのような成分の飲み薬もあります。

発毛剤の口コミなどでその効果を調べてみるのもいいですが、効果があらわれるには個人差があります。発毛剤の飲み薬など、ヘアサイクルを考えると半年以上は続けないと十分な効果があらわれないともいえます。発毛剤を続けることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加