ブブカの副作用や危険性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤を選ぶ基準は人それぞれですが、育毛効果がどれくらいあるのかどうかも重要ですが、何よりも重要なのが副作用の危険性があるかどうかではないでしょうか。

ここではブブカの副作用や危険性について詳しくまとめています。

ブブカは副作用の心配が少ない育毛剤

ブブカはコンブ、ワカメ、モズクなど褐藻類の粘質物に多く含まれるM-034という成分を抽出し濃密配合した育毛剤です。M-034には頭皮に働きかけて育毛を促進し、同時に退行を抑える働きがあります。

また頭皮に必要な栄養を行き渡らせ、外毛根鞘という毛母細胞のもとになる毛髪を成長させる細胞を増殖する働きもあります。さらにヒアルロン酸に匹敵する保湿力で頭皮状態を健康な状態に保ちます。

M-034以外にも頭皮ケアや育毛をサポートする成分が配合され、脱毛を抑制し毛髪の成長期を長引かせます。

医薬品の発毛剤の成分として使われているミノキシジルとブブカの育毛成分を比較した実験では髪の毛の再生率においてほぼ同等の効果も得られています。

ミノキシジルは発毛効果が認められているものの頭皮にかゆみが出たり、低血圧による動悸や頭痛に見舞われるなど副作用のリスクがあります。ブブカは厚生労働省によって医薬部外品に認可された副作用の心配が少ない育毛剤です。

ただし副作用がないと言っても頭皮という皮膚に直接塗布するため、人によっては肌に合わない場合があるかもしれません。そのような時は一旦使用を中止して発売元に相談したほうが良いでしょう。

頭皮が赤いときに使いたいブブカシャンプー

頭皮が赤くなっているのは、なんらかの理由によって炎症を起こしている状態です。

たとえば薄毛の原因となりやすい過剰な皮脂を洗い流すため、必要以上にシャンプーをしていると、皮膚のバリア機能が崩れて少しの刺激にも敏感に反応してしまう場合があります。

また、紫外線を浴び続けることで乾燥しやすくなっていたり、シャンプーを含めた整髪料をしっかり落とし切れず、それがダメージとなっている可能性もあるのです。

ひどくなると、ヒリヒリして痒みを引き起こすことにもなりかねませんし、さらに悪化すると脂漏性皮膚炎になる恐れもありますので注意したいです。

このようにデリケートになっている状態のときは、刺激の強いシャンプーは避け、ブブカシャンプーのように頭皮にやさしいものを使うと安心です。

ブブカのシャンプーは汚れを落とす洗浄力はもちろんですが、必要な皮脂は残しながら洗えるよう、バランスよく考えられているものです。

これを毎日使い続けていけば、次第に頭皮のバリア機能が整っていくことになり、目立っていた頭皮の赤みも和らいできます。

赤いのが目立つというのは、トラブルが起きている証拠でもあり、それによる抜け毛も心配ですので、見つけたら早めに対処していくことが大切です。

育毛剤ブブカに危険性はあるか

 

育毛剤は薄毛の悩みを解決してくれるものですが、中には頭皮が過剰反応して副作用が起きる場合があります。

赤くただれたり、ニキビやふきでものが発生したりするほか、痒みを伴ったりするなど、様々な症状が現れます。

これは皮膚が弱い人だからというのもありますが、たいていは化学添加物がたくさん配合されているせいで、それが強い刺激となったというケースが多いです。

たとえば頭痛や動悸、手足のしびれ、めまいなどといった副作用が起こる確率が高くなってしまいます。こういった副作用を避けるためには、危険性が少ないブブカのような育毛剤を選ぶようにすると安心です。

ブブカは使用する人への危険性を考慮し、極力刺激となる成分は排除してあるからです。配合されているのは、濃密海藻エキスやビワ葉エキス、牡丹エキスなど自然由来のものが中心となっており、化学添加物による副作用の心配をしなくて済みます。

とはいえ、やはり体質的なものや皮膚の弱さなどが関係することで合う合わないはあるでしょうから、できるだけ副作用を避けるために、使用前にはパッチテストを行うなど対策をとることが重要です。そして、それにより何も変化が起こらないことを確認したあとに使用を続けていくようにしたいです。

脂漏性皮膚炎には刺激の少ないブブカシャンプーを

男性ホルモンが関係して抜け毛が増えている場合、頭皮は皮脂が過剰に分泌されている状態です。この皮脂が原因となって起こり得るのが、脂漏性皮膚炎です。

皮膚炎になると赤みやかゆみを伴うほか、皮膚がかさついてはがれやすくなってしまいます。

このような脂漏性皮膚炎が発生するのは、皮脂の分泌量が多いせいで菌が増殖しているからであり、改善を目指すには頭皮の清潔感を保つことが大切になってきます。

症状がひどいケースでは薬で治療していきますが、初期の症状ならば自己ケアにて改善は可能です。

とはいえ、洗浄力の強いシャンプーは炎症部分を刺激し、さらに悪化したりしみたりしますので避けたいです。

こういうときは、ブブカのような刺激の少ないシャンプーを使いながら、頭皮に負担をかけずに清潔感を保つ努力をする必要があるのです。

そんなブブカのシャンプーがいくら低刺激だとはいっても、シャワーで泡をしっかり洗い流さないと、残った泡が菌の繁殖の原因となってしまう可能性もありますので、すすぎは十分に行うようにします。

また、男性ホルモンの分泌を少しでも抑えるため、ストレス解消や食生活の見直しなども心がけていきたいですし、近年は男性だけでなく女性でもストレスによって起こり得る症状ですので注意したいです。

体重増加の心配がない育毛剤のブブカ

抜け毛が増えて、髪の毛の量が減っていくと、そのうち頭頂部がつるつるになってしまうのではないかと不安になるものですが、加齢により、頭皮の血行は少しずつ悪くなっていくものなので、育毛剤を使って対策するようにしてください。

確実な発毛効果を望むなら、AGA専門病院へ行って、ミノキシジルなどの薬を処方してもらわなければなりませんが、薬は効果が高い代わりに副作用があるので、それが怖いと思う方にはおすすめすることは出来ません。

ミノキシジルの場合、もっとも多い副作用はかゆみになりますが、これは、ミノキシジルに含まれるプロピレングリコールという溶剤に対するアレルギー反応が原因だといわれています。

また体重増加や頭痛、動悸、手足のしびれ、むくみ、眠気、倦怠感などの症状があらわれたりもするので、人によっては続けられなくなってしまいます。

副作用の心配をすることなく利用できるのは市販の育毛剤なので、どれにしようかと迷ったときはブブカを選ぶとよいでしょう。

ただでさえ太りすぎと感じている方が、育毛剤の使用で体重増加が起きるのは耐えられないでしょうが、天然成分で作られ、副作用が起きないブブカならそんな心配はいりません。

M-034などの育毛成分のおかげで、少しずつ髪の毛の量を増やせるのでおすすめです。

血圧を気にせず安心して使えるブブカ

髪の毛が薄くなると、周囲の視線が気になるようになりますが、このようなコンプレックスを抱えていると、ストレスになるため、余計に薄毛が進行するかも知れません。

薄毛は早めに対策することで、また昔のようなふさふさの髪の毛を取り戻すことができますし、ミノキシジルのような高い発毛効果を持った薬もあるので、血圧に問題がない方は病院で処方してもらうとよいでしょう。

ミノキシジルには、血管を拡張して血圧を下げる効果があり、もともとは高血圧患者の治療薬として使用されていたことから、人によっては血圧が下がり過ぎ、重篤な症状になる恐れがあります。

また狭心症や心臓病の方も、医師や薬剤師に相談した方がよいので、副作用を恐れる方はミノキシジルには頼らないようにしてください。

副作用を気にせず、気軽に使える育毛剤をお探しの方にはブブカがおすすめなので、インターネット通販を利用し、手に入れるようにしましょう。

ブブカは天然成分で作られているので、副作用の心配はありませんし、無添加・無香料なので、肌が敏感な人でも使えて安心です。

褐藻類から抽出したM-034という成分と、32種類もの天然成分配合により、高い発毛効果が期待出来るので、薄毛のコンプレックスをなくしたい方は試してみるとよいでしょう。

糖尿病でもブブカを使っていいのか

M-034という成分が発毛を促進することから、非常に注目を集めている育毛剤がブブカです。この発毛効果をミノキシジルに匹敵する、むしろ超えるとも言われるほどその効果のほどは知られていますし、それにワカメやコンブなどの海藻から抽出されるので副作用の心配もないという魅力もあるのです。

ブブカを使って発毛できた症例をよく耳にしますが、これほどまで発毛効果が高いとなると気になるのが飲み合わせです。糖尿病の人でも薬を飲みながら使っていいのでしょうか。

糖尿病による様々な合併症で入院しているなど大変な状態であれば話は別ですが、自宅で服薬治療程度の症状であれば使用して全く問題ありません。そもそもブブカは頭皮に塗って浸透させるタイプの育毛剤であって内服タイプではありません。

もちろん頭皮の毛細血管から成分は体にめぐりますが、問題ない程度の微量ですし、そもそも体に回ったとしても悪影響があるような成分は含まれていないのです。

ただ、万が一ブブカ使用後に頭皮トラブルや頭痛など体の不調が現れたなら一旦使用は中止するべきです。ブブカの成分が悪いのか、それとも精神的な問題なのかわかりませんが、体調を崩しては意味がありません。必要であれば専門医を受診することです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加