米空軍、次世代爆撃機の完成予想図を初公開

【AFP=時事】米空軍は26日、米フロリダ(Florida)州オーランド(Orlando)で行われたシンポジウムで冷戦時代に開発されたB52爆撃機の後継となる次世代爆撃機の完成予想図を初公開した。

機体全体は黒一色で、レーダーに捕捉されにくいよう機体後部は直線を組み合わせた独特な輪郭になっており、機体の高さも非常に低い。次世代機を開発する米航空宇宙大手ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman)が製造したB2爆撃機に似ている。

BBq436t.jpg
© AFPBB News 提供 米空軍が公開した、B52爆撃機の後継となる次世代爆撃機B21の完成予想図(2016年2月26日公開)

空軍の報道官によれば、新型ステルス機はまだ製造されておらず、名前が決定するまではB21と呼ばれることになるという。

米国防総省は昨年10月、次世代爆撃機を開発する企業にノースロップ・グラマンを選定したと発表していた。同開発計画の総額は1000億ドル(約11兆円)を超える見込み。



http://www.msn.com/ja-jp/news/world/
[ 2016/02/27 14:36 ] 軍事 | TB(-) | CM(-)